藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< January 2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
18連勤終了!
3週間連続の18連勤が終了した。

奄美大島での滞在が1日と聞いた上司の配慮で、月曜日まで休ませてもらえることになった。これで奄美大島滞在が2日になるので、諦めていた加計呂麻島まで行ける!

今の上司は自分もバイク乗りで、もともと異動前から社内の友人だったからかどうか分からないけど、私の使い方をよく分かっているなぁ〜。4連休ももらえるなら18連勤もドンと来い!な私の性格をよく分かっている…。

帰宅してから仮眠して、出発します!
| SHO | 携帯から | 19:35 | comments(0) | - |
奄美大島と「人口減少時代の豊かな暮らしと仕事の場」
明日の仕事明けから、金土日と奄美大島まで弾丸ツーリングに行くことにした。

3日で1500kmしか走らないけど、地図をどれだけ読んでも見当がつかない。奄美大島の距離感覚ってヤツが。

一昨年末の沖縄ツーリングでは2日で650km走ったけど、全く距離感覚には困らなかった。でも今回は全然分からないのだ。

理由は複雑に入り組んだ地形に忠実に道路が走っているために、海岸線を忠実に走ればどれだけの時間がかかるか分からないことにある。どう見てもR6には向いていない道が延々と続き、景色の良い展望台に行く道で迷子にならないか心配。

300kmも走れば一周できると勝手に見積もっているけれど、紀伊半島の山奥で1日中、目一杯走って150kmも走れなかった経験もある。奄美大島みたいに全く見当がつかない場所では、走れないかもしれないと考えてプランを立てないと危ない。

今回、奄美大島に行くにあたって、山村雅康さんの「人口減少時代の豊かな暮らしと仕事の場」(批評社)という本を読んでいる。2005年、著者が沖縄在住時代に書かれたIターン本で、全国の田舎や島嶼に移住候補地を求める立場から書かれた移住のガイドブック。「月刊リゾート物件情報」という雑誌に連載されていた記事の単行本である。

この中に奄美大島は2回に渡って書かれている。奄美大島は、Iターン希望地としても実際に移住した人の数でも全国上位の場所らしい。

私自身が奄美大島に移住することは諸々の事情から、ないと思うのだが、群馬の山の中に住んだり四国島内でも転勤したりで香川県は私にとって10都府県目の居住地になる。今も定職に就いているから香川県に住んでいるだけで、定住意識は極めて乏しい。一生旅人でいられるのなら、私は生涯旅人でいたい。

移住の候補地になり、また実際に移住する人の多い田舎というのは、間違いなく気持ちの良い場所。奄美大島を移住の候補地として見るわけでは今回ないけれど、「人口減少時代の〜」の中で、2回に渡って同じ島が取り上げられたのは奄美大島だけ。著者が気になった島なのだ。

3日間で香川からバイクで奄美大島まで往復することについては、本当は私は原付での来島を薦められている。私もそれには同意するのだが、原付では1日で香川から鹿児島までの走行が難しいので今回はR6で行く。徳之島くらいまでの大きさの島なら、数々のデメリットを承知の上で私はR6で行きたい。

移住については私も現役のIターン経験者だし、8年も地方に住んでいれば地方に住むことのメリットもデメリットももう知っている。その土地に住むための外的、内的な何らかの必然がないと地方には住めない、住み続けられないことも。

この本が出版された頃は私は群馬の山の中に住んだばかりで、さらに移住を考えていたので何度も何度も読んだ。8年経った今、移住とは突き詰めて言えば何を価値観の最上位に置いて生きて行くかという意思表示なのだという意見を持つに至った。

私の今の地元は東京だし、今は東京に戻った著者と同様に、Iターンに関するメリットもデメリットも知った上で家族のために関東に戻る可能性は否定できない。将来、絶対に関東に帰らないとは言えない自分がいる。

著者は前書きの最後の文章で「移住という行為それ自体がホリスティックな自己再生の旅なのである」と書いている。奄美大島への旅が私にとってホリスティックな自己再生の旅なのかどうかは分からないけど、怖いのと同じくらいワクワクしている。

バイク日本一周において、沖縄より小さな島に行ったことはない。奄美大島は3連休で香川からバイクで行く島ではないのかもしれないけど、私にとっては長期休暇以外で初めての離島を目的地としたツーリング。3連休でもR6で離島を走れるんだ、という意味では、距離的には短いけど立派な弾丸ツーリングなのかもしれない。
| SHO | 携帯から | 21:16 | comments(0) | - |
パートタイム旅人を考える
私は今、「パートタイム旅人」なんだよなぁ、ということを考えていた。

昨年の私のR6の走行距離は23500km。平均を取って1日500kmで換算して、私が昨年1年間に旅人に戻った日数は47日。1ヶ月平均で4日近くは旅人に復帰しているわけで、実質週休1日制+3大連休のみで記録していることを考えると、まずまずの成績だと言える。

今週末の3連休だって3週間連続で働いた末の休みだから、決して私の休みが多いわけじゃない。でも定期的に旅人に復帰することが仕事のモチベーションに直結しているのも確か。

今だってフルタイムの旅人にはなりたいけど、フルタイムで働いている以上はフルタイムの旅人じゃないし、無職にもなりたくない。だから日数制限のあるパートタイム旅人になっているのが現状。

私は子供の頃から旅人になりたかった。私の肩書きをひとつだけ選ぶなら、私は迷わず「旅人」を選ぶ。日本一周が終わったって旅はまだまだ終わらない。日本一周が終わったことで、私はますます旅に出たくなった。

何かを極めるとは、きっとそういう経験の積み重ねなんだろう。JRを全線完乗したって、自転車で日本を3/4周したって、バイクで日本を一周したって旅は終わらない。日本を25年も旅していたって、行ったことがない土地の方がはるかに多い。鉄道とバイクでそれぞれ47都道府県を全部行きましたって言っても奄美大島に行ったことはないし、対馬にも五島列島にも佐渡島にも与那国島にも波照間島にも南北大東島にも伊豆諸島にも小笠原諸島にも行ったことがない。日本の中に外国はいくらでもあるという認識はかろうじて持っているけれど、自分の言葉として語れるほどの知識も経験も私にはまだない。人生は旅をするには短すぎる。

極めるとは、きっとそういう体験の繰り返しなのだろう。まだ私は極めていない。

中途半端なパートタイム旅人にしか現状ではなれていない私だけど、パートタイムでも全く旅人をやめてしまったのと比べたら雲泥の違い。旅を諦めていたらバイク日本一周は絶対に実現できなかった。自分のベストを尽くして旅をすることは、決して無駄じゃない。
| SHO | 携帯から | 23:17 | comments(0) | - |
奄美大島弾丸ツーリング?
先週、先々週と日曜出勤が続いているので、今週末は金土日と3連休をもらうことになった。

土日の2日間なら「伊勢神宮参拝と川湯温泉千人風呂1泊2日ツアー」で決まりだし、道路凍結のない季節なら「北東北弾丸ツーリング2泊3日スペシャルバージョン」で決まりなのだが、あいにく真冬の2月の3連休で、1日1000kmも走ったら道路凍結エリアに入ってしまう。

今、考えているのは「奄美大島弾丸ツーリング2泊3日」か、「伊勢神宮参拝と対馬に行こう2泊3日」。

あるいは「対馬と壱岐に行こう2泊3日」とか「五島列島満喫ツアー2泊3日」でも良いけど。中通島と福江島の両方に行くのも楽しそうだ。

最近Coccoばっかり聞いているんだったら、おとなしく沖縄か石垣島でも行ってくればいいじゃん(それも魅力的!)、という心の声もあるのだが、あいにく高松空港から夜出て沖縄に行く飛行機はないし、バイクの走行距離は増えないし、レンタルバイクって高い。

そう考えると、やっぱりR6で奄美大島が最良かな〜とか考えてしまう。奄美大島には朝の5時から夜の9時まで滞在できるから、宿泊はできないけど相当の距離を走れる。本質的に、2泊3日をフルに走っても1500km走れるかどうかのツーリングを「弾丸ツーリング」と呼べるのかという問題はあるけどね。
| SHO | 携帯から | 12:30 | comments(0) | - |
またまた岬の釜揚げしらす丼

今日も会社の帰りに今治へ。散髪しながら野球の話をたくさんしてきた。

今日は行きも帰りも1台もバイクを見ていない。気温は確実に5度以下だけど。プラス2度か3度くらいかな?

冬休みに千葉からバイクで帰って来て風邪を引いたのに懲りて、RSタイチの発熱素材のインナーを買ってきた。せっかく夜間に今治まで行くし、効果測定には絶好のチャンスなので着込んで出かけた。

インナーの下に汗を通す長袖Tシャツを着て、インナーの上に薄手のセーターを着て、その上から会社の制服の作業服を着て、一番上にシールズの防寒ライディングジャケットを着たところ、気温が確実に5度を下回る状況でも問題なく走れる。指先はインナーグローブの上に防寒グローブをしても親指が痛かったけど。

ただ、行きはセーターと作業服の順序が逆だったので少し寒かった。発汗→発熱→保温→防風という順序で重ね着ないと十分に効果を発揮しないようだ。

これまた初投入したYUIのベストアルバム2枚はゴキゲン。やっぱりバイクにはよく合っている。聞いてて飽きない。

いつものように、今日も帰りは石鎚山サービスエリアで「岬の釜揚げしらす丼」の夕食。いつも同じメニューだけど、美味しい。行きに燧灘に沈む夕陽を追いかけながら走っている時も感じたけど、こういう何でもない瞬間が幸せ。最近すごく思う。

願わくば、家に帰り着くまでインナーの印象が変わりませんように。明日も2週連続の日曜出勤なので、また1日働こう。
| SHO | 携帯から | 22:35 | comments(0) | - |
ヘビーローテーション
先日、CD屋で試聴して衝動買いしたYUIのベストアルバム2枚をヘビーローテーションで聴いている。

YUIの曲はバイクに合いそう。なんだか懐かしくて、スーパースポーツを運転しながら聞いてもアメリカンバイクを運転しながら聞いても良さそう。

スーパースポーツでなら、例えばYZF-R1でなら神戸から青森まで1日で走破しても良いなぁ、と常々思っているのだが(R6でなら神戸→青森を1日で走ったことがある)、同じフルカウルでも隼とかZZR1400、あるいはR100STで同じ距離を走りたいかと言われたら、そんなこと全く思わないのは不思議。

長距離を走り抜くなら、長距離を走りたくなるバイクに乗るのが一番だけど、なぜスーパースポーツなのかは我ながら不思議。理屈抜きで長距離を走りたくなるバイクだから、としか言えない。

2週間連続で働いていると、次第に疲れが溜まってくる。今日は不思議と疲れて、少しイライラする。今度の日曜日もフル出勤だから3週間連続で働くことになるけれど、本気で次の休みは旅に出たい。伊勢と言わず九州でも沖縄でも良いから、バイクでどこか走りに行きたい。せめて週末はR6で出勤しよう。
| SHO | 携帯から | 22:28 | comments(0) | - |
出張終わり
さっき技術講座が終わって、サンポートのフレッシュネスバーガーで一服していたら仕事の電話がかかってきた。

緊急用件だったので、これまた今日は休みの人に電話して問い合わせてもらったのだけど、ありがたいやら申し訳ないやら。

4両編成の通勤列車は満員で座れなかった。もっとも立っている人は扉付近だけで、しかも私の最寄り駅まで来たらガラガラだから首都圏と比べたら可愛いもの。快速は4両だけど普通は2両だし、田舎だなぁ〜と感じている。

技術講座は、蒸気に関する基礎理論が分からないと理解できない内容だった。だからボイラー技士の免許を持つ人が派遣されたのね…。高専時代のボイラーの授業を早送りで流して、さらに省エネに関する理論と実践を詰め込んだ内容だった。中身がてんこ盛りなので、今日中に報告書を書かないと忘れそうだ。

ボイラーは高専の専門ではないのだが、高専時代に船の当直機関士の免許を取っていたので、前職の旅館業に就く前に就職に有利な資格として取った。船の機関士の免許があればボイラー技士は簡単に取れるのだが、まさか今の会社で、しかも専門外の部署に異動になってから役に立つとは思わなかった。

何にせよ、資格を取っておくに越したことはない。
| SHO | 携帯から | 18:24 | comments(0) | - |
電車に乗るのはいつ以来?

ご無沙汰しております。

年明けから2週連続で週末は風邪で寝込んで、先週末から今週末は2週連続で日曜出勤(3週間休みなし!?)なので、R6には全然乗れていません。

交通事故で損傷したグランドディンクの修理も終わり、打撲した右肩は骨こそ異常ないものの、痛みが引かないので力を入れられない状態。水温計のセンサー配線のリレーが老朽化で故障したR6は修理が完了して復活。通常の2台体制に戻った。

今日は高松サンポートで技術講座があるので、昼前から出張。四国内の移動のために鉄道に乗るのは、記憶をたどるとほぼ2年ぶり。高松〜丸亀に乗るのも1年ぶり。

今日は高松に出張と言った瞬間に「バイクで行くの?」って部長から守衛さんまでみんなに言われた。行って良いならバイクで行くけど、会社の規定で自家用車の出張は認められないハズなんですが…。

せっかく電車で出張しているので、昼ご飯は高松駅の連絡船うどん。昔はこれ食べたら「四国に来たなぁ」って思っていた。

いまや四国を一歩でも離れたら、うどんを食べたいとは全く思わない。香川県にいるとファーストフードに行くよりうどん屋に行く回数の方が断然多い。四国も5年目なんだなぁ、と連絡船うどんを啜りながら感じた。
| SHO | 携帯から | 11:53 | comments(0) | - |
「止マレ!」
今日、晩ご飯を買いに行ったついでにCD屋に入ったら「涼宮ハルヒの憂鬱」の2009年版エンディング「止マレ!」が売っていたので買ってきた。だいぶ盛大にハルヒ関係のCDを仕入れて売れ残ったみたい…。

「涼宮ハルヒの憂鬱」のアニメは2期に渡って制作されていて、私は前後期のオープニングとエンディングで唯一持っていなかったのが「止マレ!」だった。これも悪い曲ではないんだけど、前期のオープニング「冒険でしょでしょ」とエンディング「ハレ晴レユカイ」が神的に作中世界と合っているので、買って文句言うのもなんだけどもう一つ…。まぁ、知ってて買ったんだけどさ。

「涼宮ハルヒの憂鬱」のシリーズは原作を全巻持っているくらい好き。読んでいると学生時代を思い出して、とても懐かしく甘酸っぱい気持ちになる。アニメの世界が原作を忠実に再現しているのにも好感が持てる。

劇中の音楽も良い曲が多いんだけど、やっぱり「冒険でしょでしょ」、「ハレ晴レユカイ」や劇中歌の「God knows...」など、前期の方が良い曲が多くて、後期になると二番煎じな印象は否めないのが残念なところ。

それでも、アニメは高校1年の12月の「涼宮ハルヒの消失」で今のところ止まっているのだが、原作は既に高校2年に突入しているので、早くアニメの続編を見たいものだ。
| SHO | 携帯から | 20:06 | comments(0) | - |
うどんは開店から30 分以内に食え

昨夜までの全身の痛みが、朝になってかなり引いたので、今日は朝から近所の「こがね製麺所多度津店」へ。

職場の下請けさんの仲の良い人に、坂出育ち丸亀在住で大阪にも広島にも行ったことがないというジモティがいるのだが、彼から「絶対にオススメな讃岐うどんの食べ方」として教わったのが「うどんは開店から30分以内に食べなさい」ってこと。うどんの麺を茹でる釜のお湯が洗い立ての時に食べないと、お湯が濁って味が変わってしまうからだという。

そこまで繊細なものなのねぇ、うどんの味って…。

彼の息子さんがすっかりハマってしまって、毎週日曜日の朝6時には「父ちゃん、連れてけ」と叩き起こされるらしいから本物なんだろう。彼も今ごろ息子さんとうどんをすすっているはず。

たしかに味が澄んでいる(ような気がする)。外来種の私の舌には、「美味しい」くらいしか分からないのだが。

体が本調子ではないので「かけうどんの小」とワカメを頼んだのだけど、ご覧の通りの量。小じゃなかったら食べきれなかったな。
| SHO | 携帯から | 07:30 | comments(0) | - |
代車生活

今週の火曜日にR6が水温計と冷却ファン関係の修理のためにドック入りして、水曜日にはグランドディンクが年末の交通事故の修理と保険査定のためにドック入りしたので、一時的にバイクが2台とも代車になった。

R6の代車はヒョースンGT250Rで、グランドディンクの代車はスズキ、アドレスV125。

ヒョースンは乗ってみたかったバイクなので嬉しかったのだけど、残念ながらR6と並べた時の「スーパースポーツ風に作ってみました」という印象そのままだった。同じスーパースポーツでも、本物と偽物の違いとでも言うか…。GT250RはGT650Rと同じ車体だから、R6のライバル足りうる車体のはずなんだけどね。

まず音がガラガラとうるさくて雑な印象だし、クラッチの作動感も雑な印象。白く光るデジタル液晶のスピードメーターも、明るすぎて周囲が見えづらい印象。ただしR6で走っている時と変わらない速度まで一気に加速できるのはさすが。R6と比べると低回転型のエンジンだけど、高回転まで一気に吹け上がる。

信頼性はそれなりにあるんだろうけど、トップカテゴリーのバイクなのだから質感がもっと欲しいかな。高級車ふうなバイクと、本物の高級車の違いを感じてしまう。並べるとヘッドパイプの位置もR6の方が低くてシート高も高くて、レーサーという印象が強い。

アドレスは50ccの大型版で、以前から知っているバイクだけど街中をキビキビ走るには良いバイク。

昨日から風邪がぶり返していて食欲が全くない。全身が痛くて、昨日も今日も会社を昼で早退して部屋で寝ている。体中が痛い…。
| SHO | 携帯から | 19:53 | comments(0) | - |
伊勢と熊野
年明け最初のロングツーリングは、伊勢神宮&熊野本宮大社にお参りという「いつものコース」になることが決定している。昨年も2月に全く同じコースを走っている。

熊野本宮大社に今の時期にお参りするのは4年連続5回目の年中行事。川湯温泉の仙人風呂に入って、いつもの旅館に泊まるのが目的。

伊勢神宮にお参りするのは代参で、職場の施設が年末年始に移転したのでお札を頂くのが目的。「どこの神社のお札にしようか?」と和気藹々ながら真剣に話が弾むのは、さすがは八十八箇所巡りの島、四国。信心深い人が多い気がする。ちなみに今までは石鎚山前神寺のお札だった(なんてマニアックな…)。

あんまり距離は伸びないけど、紀伊半島は昨年はその1回しか走らなかったので、楽しみ。
| SHO | 携帯から | 19:38 | comments(0) | - |
飛鳥供

飛鳥兇高松サンポートに入港したと聞いて、会社帰りにやってきた。

大きいなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 20:55 | comments(0) | - |
距離感欠乏症という病気
最近、日記にバイクの走行距離の話を書くたびに、なんだか自慢話しているような気持ちになる…。自意識過剰なんだろうか。

昨日は仕事始めだったので、二輪免許持ちが多い職場の人との話題は、当然ながらこのクソ寒い冬休みにわざわざ関東までバイクで帰省した挙げ句に真っ青な顔で出社した私が冬休みにどこ走ってたか、って話題になる。

「実家まで何キロくらいあるん?」という質問に「740kmあります」と答えると、たいがい驚かれる。

「何時間かかるん?」
「12時間くらいですね」
「12時間…!(絶句)」

計算すると分かるのだが、全線高速で740kmを12時間は相当遅い。あっちこっちのサービスエリアやパーキングエリアで沈没しているから時間かかるんだし、それでなくても私は決してタフな方ではないので1時間に1回は休まないと疲れる。私が長距離を走れる理由は「フルカウルの大型バイクに乗っていて、疲れる前に休むサイクルを繰り返す」からなのだ。

なのだけど、「740km…!」って絶句されると、なんだか自分がすごいことをしているような錯覚に陥る。本当は距離の中身を細分化したら、ひとつひとつのパーツが無理しない状況を作って積み上げているだけなんだけど。

そんなことを思いながら帰宅して、冷却ファンの不具合が発生したR6の修理の相談に行った後で、年末に東京方面でお会いできなかった、新居浜店時代に私にR6を売った店長さんと電話していた。私が最初にお世話になった前橋店の店長とその方は同期で、私が11月に前橋店に遊びに行った話から、互いの共通の知り合いのスタッフの話で盛り上がった。

私のR6の納車整備をしたメカニックはまだ新居浜にいて、私が四国で最も信頼しているメカニックなのだけど、彼の話になった時に

「私に、SSはいったん乗れるようになれば長距離が一番楽なバイクなんだ、って言ったのは彼なんですよ」
「アイツも自分のバイク(スズキGSX-R1000、k5)で3日間で1500km走ったりしますからねー」
「ふーん…(感嘆詞なし)」
「それ聞いて驚かないのはSHOさんくらいですよ」
「まぁ、そうかもしれないですねぇ…(だって、それ全然普通ですから…)」

という会話になった。

データ上、私は十数年仕事している彼らのキャリア上で初めて、SS乗りでツーリングパスポートが2冊目に突入した(オイル交換の記録欄が20ヶ所あるので、基本的に同一バイクに63000km以上乗らないと2冊目には突入しない)お客さんで、SSで1日1000kmを走れる通算2人目のお客さんということは分かっている。でも愛媛はともかく関東なら私より長距離をSSで走れる人はけっこういるんじゃないかと思うんだけど…?

距離がすべてじゃない、その距離を走れるための中身が大事なんだ、といつも思っているけれど、でもなんだかんだ言って私は走行距離にはものすごくこだわっている。一番分かりやすい旅の尺度だし、一番分かりやすい実力の尺度でもある。

11月に行った前橋店では「オドメーター117000kmまで行ったら(R6で10万キロ走ったら)伝説ですから、ぜひ教えてくださいね」と言われたのだけど、あと28000kmで到達するので、致命的なトラブルが私自身とR6に発生しなければ来年には到達する計算。そんなに大したことじゃない。6年目での10万キロ到達はSS乗りとしては速い方だけど、自分に対する約束通りに毎月1500km乗っていたら時間の問題で到達する。

たしかに、FZ400に乗っていた頃は1日500kmも走ったら「よく走ったな〜」と思っていた。でも今は実家まで1日で740km走っても普通の距離になっている自分がいる。すごいとは全然思わない。だって全線高速だもの。だから体調を崩すと大変な目に遭うんだけど。

距離感欠乏症というライダーの病気があるらしい。私はそうじゃないだろう、と本音では思っているけれど、昨日買ってきた「培倶人」74号の「トナリのバイク人アンケート」を読んで、実は正直ショックを受けた。「1日の平均走行距離269km、1日の平均最大距離482km」というのを読んで。

「269kmって松山往復くらいだから、そんなものかぁ〜。たしかに自分も気合い入れて走らなかったら1日300km行かないもんなぁ」と思ったのだけど、最大距離の方はね…。全線下道だったら500km近くも走ったら息も絶え絶えに私もなるけど。ネイキッドとか中型免許のバイクだったら私も同じだろうけど。

距離の話を書くと、何を書いても毎回自慢話みたいになって嫌だ、と思うのはその辺なんだな。自分の常識が世間の非常識になっているのは常々感じるのだけど、距離感欠乏症に私も罹っているのだろうか?
| SHO | 携帯から | 21:07 | comments(0) | - |
「トナリのバイク人」アンケートに答えてみた
昨日、古本屋で「培倶人」の74号を買ったので、私もアンケートに答えてみた。

年齢
37歳

今まで乗り継いできたバイク
3台(原付を除く)

住居
香川

所有バイク
ヤマハYZF-R6

所有免許
大型二輪免許

バイク歴
7年(原付を除く)

月にバイクに乗る回数
5〜6回(原付を除く。原付を入れれば月30回以上)

ナビの有無
無し

ETCの有無
有り


リプレイスマフラーの装着
無し(最近まで有り)

リプレイスマフラーの興味
無し

リプレイスサスペンションの装着
無し

リプレイスサスペンションの興味
有り

タイヤ選びの決め手は
ウエットグリップの良さと温度依存性の低さ(ABS非装着車なので…)

ライディングウェアの着用
有り

季節限定ウェアの有無
有り

ヘルメットのタイプは
フルフェイス

胸部プロテクターの有無
有り

インターコムの有無
無し

日帰りツーリングの平均的な走行距離は
600〜700km

1日で最高何キロ走った?
1113km

よく立ち寄るサービスエリアは
松山自動車道の入野パーキングエリア

何を最優先して行き先を決めるか
景色、ワインディング、距離の順

ツーリングでの平均的な予算
1泊2日で3万円を…少しオーバーします。ただし走行距離1000kmは軽くオーバーしますので…。

タンデム経験は?
あります。ただし私がタンデマー(ちなみにライダーは女性(*^_^*))でした。

ツーリングは何人で走るか
1人

ツーリングバックの種類は
タンクバックが基本。ただし状況に応じてヒップバック、リュックサック、シートバック、ダッフルバックを追加することもあり。

洗車の頻度は
年イチくらいです…。

タイヤの空気圧チェック頻度は
1ヶ月に1回

エンジンオイルのメーカーは
elf(レッドバロンのオイルリザーブを利用)

サスペンションの調整機構を触ったことがあるか
自分では触りませんが、サスペンションは前後とも最弱に調整済み。

以上です。
| SHO | 携帯から | 19:21 | comments(0) | - |
変なポスター

今日は仕事が終わってから、水温が100度を超えても回らなくなったR6の冷却ファンの修理の相談にバイク屋まで行っていた。

帰りに近所のラーメン屋に寄って晩ご飯を食べているのだが、目の前に変なポスターが貼ってある。

「丸亀オタクBar Zion 変人たち」

って書いているのだが、どう見ても劇場版「機動戦士Zガンダム-恋人たち-」のポスターのパクリ。

ZガンダムのマスクがZザク仕様になっているし、「4周年だからナンバーフォウなの!!」とか書いているし(だからZガンダムのネタをパクったのね…)、ツッコミどころ満載のポスター。

これ見て怖いもの見たさに行く人、いるんだろうか…?
| SHO | 携帯から | 21:56 | comments(0) | - |
走行データ
いろいろご心配おかけいたしております。おかげさまで昨日も今日も会社には出勤しています。

昨日も今日もよっぽど休もうかとも思ったけれど、私が冬休みに関東の実家までバイクで帰った以上は、風邪引いたから年明け初日から休むとは言えなかった…。

会社に出てきて仕事していれば周囲も笑い話で済むけど、休んだらバイクで寒い中を出かけるのに周囲の理解が得られなくなると考えたら、やっぱり休むわけには行かなかった…。というわけで点滴を打って風邪薬を飲んで仕事しています。まだまだ頭がフラフラしますが、熱も下がっているしね。

先日の走行データは以下の通り。

12月29日 741.5km
1月3日 581.8km
1月4日 33.1km
合計 1356.4km
オドメーター 89343km
| SHO | 携帯から | 12:38 | comments(0) | - |
帰宅
無事では全然ありませんが、何とか帰宅しました。胃が痛い…。

走行データを書く余裕がないので、また後で。とにかく寝ます…。
| SHO | 携帯から | 01:29 | comments(0) | - |
乗船
三宮フェリーターミナルにたどり着いた。乗船してすぐに横になった。

8枚着ても悪寒が収まらないから、かなりの熱が出ているはず。めまいと全身の筋肉痛があって、全然無事じゃないけどよくたどり着いた。

高松までひたすら寝ます。
| SHO | 携帯から | 20:15 | comments(0) | - |
解凍中
ようやく桂川パーキングエリアまで帰ってきた。神戸まであと70kmくらいかな?

体が完全に凍りついているので、暖房と熱いお茶で体を解凍中。完全に芯から凍りついているので、まさしく「解凍」だ。

今まで似たような条件下を走ったことは何度もあるのに、どうして今回に限って防寒着が役に立たないほど体が凍りついているんだろう?気温だけなら年末の九州の方が寒かったと思うのだが…。

とにかく神戸まで無事にたどり着かないと。体中が痛い…。
| SHO | 携帯から | 18:12 | comments(0) | - |
雪!
ただいま東名阪自動車道の御在所サービスエリア。

名古屋市内からずっと雪だった。今もまだ雪が降っている。関ヶ原は当然アウト。伊勢湾岸道も風と凍結の危険があるから、東名阪を迂回する判断は正しかった。

この状況では、あきらめて神戸20時15分発のフェリーで帰るしかなさそうだ。
| SHO | 携帯から | 16:31 | comments(0) | - |
激寒
ようやく上郷サービスエリアまでやってきた。体が完全に冷え切ってしまい、熱いお茶で温めている。

16時30分和歌山発の南海フェリーは間に合わないし(普通なら間に合う時間に出発したハズなんだけど…)、20時15分神戸発のジャンボフェリーは遅すぎる。体調が悪いので香川まで自走で帰るのは諦めたのだけど、休憩しないと走れない、休憩するとフェリーに乗れなくなるというドツボにハマっている。明日から仕事だから、絶対に今日は帰らないといけないし…。

う〜、しんどい。
| SHO | 携帯から | 14:31 | comments(0) | - |
1時間遅れ
予定より1時間遅れで、遠州森町パーキングエリアで昼ご飯。エクレア1個と風邪薬だけだけど。楽しみにしていた、とろろ丼は上り線だけだった…。

藤枝パーキングエリアで40分いたのが余計だったんだけど、体調が遠州森町まで保つ状態じゃなかったから仕方ない。午前中に刈谷まで走る計画は完全にご破算で、しかも風が強いので伊勢湾岸道はやめた方が良いかもしれない…。

ブツブツ言っても仕方ない。体調が悪いのは事実なので、ぼちぼち行きますか。
| SHO | 携帯から | 12:53 | comments(0) | - |
88888km!

ただいま新東名の新富士インター。

YZF-R6が88888kmを達成した。ドンピシャでインターだったので高速を降りたら、アクセス道路で1kmオーバーしてしまった…。

次のキリ番はもう10万キロになってしまうなんて、我ながら信じられない。よく走ったなぁ…。買ってから3年と9ヶ月半で約72000km走っての到達。

これからもよろしくね、R6。
| SHO | 携帯から | 10:50 | comments(0) | - |
絶景!

ただいま駿河湾沼津サービスエリア。駿河湾の景色が絶景です!ピーカンだなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 10:19 | comments(0) | - |
大混雑の海老名サービスエリア

今朝、実家を出発して復路の740kmを走り始めた。今日が今年の走り初め。

ただいま海老名サービスエリア。バイクの量もすごいがサービスエリアの食堂も大混雑。先を急ぐので焼きプリンとコーンポタージュの朝ご飯。

首都高は29日と同じルートを帰ってきたはずなのだが、全く分からなかった。東京を走ると私は完全におのぼりさん。リヤタイヤのメッツラーM5は接地感が全くなくて、怖い…。

今日もバリバリ走りますよ〜!
| SHO | 携帯から | 08:47 | comments(0) | - |
初日の出

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

今年は日付が変わる前に寝たら、夜中の2時頃に悪夢で自分で叫んで飛び起きるというさんざんな起き方。もう一度寝たら5時半に親に起こされて、I-linkタウンいちかわ45階の展望施設へ。親が申し込んだら当たったらしい…。

ただいま初日の出待ちです。今日は東京湾を挟んだ千葉の向こう側までよく見えています。日の出の1時間前にきたら夜景がきれいです。

私の新年一発目に聞いた曲は平野綾の「冒険でしょでしょ?」でした。昨日の夜は「涼宮ハルヒの憂鬱」のアニメを見ていたからなぁ〜。

あと10分で初日の出。どうやら見られそうです。
| SHO | 携帯から | 06:48 | comments(0) | - |