藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< August 2012 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
祖谷渓

京柱峠から下りてきた時点で16時半だったので、剣山に行くのは諦めて祖谷渓に来ている。

だいぶ久しぶりに来たけれど、相変わらず狭い!でも舗装の状態は京柱峠とは比べものにならないくらい良くて、はるかに走りやすい。

おなじみの小便小僧で写真をパチリ。日没までには祖谷口に抜けられるだろう。
| SHO | 携帯から | 17:33 | comments(0) | - |
京柱峠

京柱峠に着いた。

これほど峠の両側が切り立ってはっきり見える峠も珍しい。徳島県側は外界と隔絶された、まさに秘境だ…。
| SHO | 携帯から | 16:02 | comments(0) | - |
大歩危峡

ただいま大歩危峡の「west-west」に着ている。

午前中に用事が終わったので、弐号機で出てきたんだけど、睡眠不足で体調が悪かったので、雨宿りを兼ねてここで昼寝した。

昨日は松山で夜中の1時まで飲んでいた。途中で仮眠しながら朝の5時前に丸亀に帰って、仮眠して風呂に入って朝ご飯を食べて、朝9時過ぎには用事に向かっていたんだから、そりゃあ疲れる。連続2時間も寝てないもんね。

寝ている間に雨が通り過ぎたので、京柱峠に行ってきます!
| SHO | 携帯から | 14:46 | comments(0) | - |
日本一周最終章ツーリング・その1
既報の通り、8月12日に自転車&バイクの日本一周を(バイク単独でも)達成しました。はるか高専時代に賀曽利隆の「50ccバイク日本一周2万キロ」を読んでから20年間、1998年に自転車日本一周に挑戦し、3/4走ったところで挫折してから14年かかりましたが、1988〜2002年に行ったJR全線完乗に並ぶ旅人としてのタイトルを、ひとつ獲得しました。

14年の長きに渡った日本一周、その最終章です。

8月10日(金)〜11日(土) 651.2km

8月10日金曜日、同日付で部署が異動になったこともあり、バタバタと席替えして17時39分に会社を出発。すでに帰省の準備を整えて、R6弐号機で会社に来ていた。

18時38分に高松東港フェリーターミナルに到着。フェリーターミナル近くの地元のホカ弁屋でホカ弁を買って神戸行きのフェリーに乗り込む。自転車のお遍路さんの若者と一緒になったのだけれど、まだ学生さんらしい。私にもそんな時代があったと懐かしく思うあたり、私も歳を取った。

19時20分のフェリーの出港を待ちかねて風呂に入り、会社の制服から私服に着替える。さっぱりしたところで寝袋にくるまって眠る。今日は夜中から走って、朝には浜松まで到達しなければ。

23時半ごろに船内の放送で起こされる。身支度しているうちに23時50分に神戸港に到着。日付変わって0時1分に神戸港をスタート。名神高速は24時間開いているGSがほとんどなのは知っているが、やっぱり習慣で高速に乗る前に給油。石屋川で給油してから芦屋、西宮と私の地元を走っていく。私は西宮の出身だけど、震災前に住んでいたので今はもう道も分からないだろう。

西宮ICから高速に乗ると気分が高まる。吹田SA、菩提寺PAと休憩しながら深夜の高速を走る。吹田から天王山の手前まで下り線は渋滞だったが、上り線は渋滞することもなく快適。

夜中の2時47分に関ヶ原ICを降りたところのサークルKで休憩。朝までに浜松に行くのだが、ここで降りたのは理由がある。自転車日本一周の前半戦、後半戦のスタート地点はともに大垣駅前で、日本一周の最後に大垣駅にはどうしても行きたかったのだ。

午前3時34分に大垣駅前に到着。高専時代には「大垣夜行」に乗るために何度となく降り立った駅だけど、何度も通った銭湯の位置はもう忘れてしまった。駅前通りの様子に名残はあるのだけれど…。でも大垣駅前は14年前のままで、駅前で自転車を組み立てていた22歳の自分が目に浮かぶようだ。

大垣ICで高速に乗る前に給油して再び高速に乗る。でも眠くなってきて尾張一宮PAで1時間ほど仮眠する。R6はサーキットでレースに使用することを念頭に設計されたスーパースポーツで、そうそう眠くなるポジションのバイクではないだけに、眠くなった時には寝ないと危険だ。目が覚めると、すっかり夜が明けていた。結局1時間半ほどいて、5時43分に尾張一宮PAを出発。

朝までに浜松に到達することにこだわっていたのは、帰省ラッシュの渋滞につかまりたくなかったから。しかし尾張一宮を出発する時点で、岡崎から三ケ日まで15kmの渋滞と出ている。本当は浜松ICか浜松西ICまで高速を使うつもりだったのだが、岡崎ICで高速を降りることにする。

朝の6時過ぎに岡崎ICで高速を降りる。国道1号線をひらすら東へ。ほとんどバイパスみたいなもので、渋滞する高速よりもよほど速い。7時10分に浜名湖の西側の道の駅潮見坂に到着。ここで途中で追い抜いたバイク2台のグループが追いついてきたのだが、実は家族4人のツーリング。お父さんとお母さんが免許を取って、娘さん2人がタンデムで乗っている。奥さんも娘さん2人もすごい美人なのだけど、お父さんと話をしたら「ひとりでツーリングなんて、羨ましいですよ…」とのこと。お互いに隣の芝生は青いのかもしれないけど、ある意味で男の夢の実現だと思うけどな。

浜名湖畔は、2年前の夏休みに浜名バイパスを走っている。今回は東海道本線に沿った旧道を走ってみる。子供の頃から見慣れた道を自分のバイクで走ってみたい。新居、舞阪と走ってから浜名バイパスに合流。コンビニ併設の「天神屋」でとろろご飯の朝食を取る。値段が850円と高いけど、たっぷりとろろがかかっていておいしい。

それから中田島砂丘に行ったことがないので行ってみる。吹上浜、鳥取砂丘と日本三大砂丘にはすべて行ったことになる。サーフィンのメッカらしくて、波に乗ったら気持ち良さそう。

磐田市で給油して、国道150号をひたすら御前崎へ。今までずっと行きたいと思いながら行ったことのなかった場所のひとつ。10時15分に到着して灯台の上まで上がる。灯台の前で声をかけてきた人がいて、妹さんがオーストラリアに嫁いでいて里帰りしているから連れて来ているんだと言う。オーストラリア人の旦那さんとも英語で話したのだけれど、夏休みが一週間というと「too short!」。私だって、あなた方の住むメルボルンに行ってみたいよ〜。

灯台の上に上がるとさすがの展望。たしかに地球が丸く見える。見下ろすと、いつか「アウトライダー」の表紙を飾った景色が見える。あの写真はここから撮ったのね…。

雨雲とデッドヒートしながらだけど、先を急ぐ。焼津の市内で道に迷い、なんとか正しい道に復帰したのだけれど、日本坂の海側を走っていると雨が降ってきた。せっかく楽しみにしていた海上橋などもそれどころじゃないゲリラ豪雨で、たちまちのうちにずぶ濡れ。コンビニでもあれば雨宿りしようと思っていたのだがなくて、用宗の駅に緊急避難する。

用宗駅で1時間近く足止めされているうちに戦意は大きくダウン。雨がやみそうにないので、合羽を着て再スタート。時間があれば久能山にも寄りたかったのだが無理。三保の松原も無視して清水の市内を通過して国道1号バイパスに復帰。由比や蒲原の辺りは海のすぐそばを走る。雨も上がって気持ちいい!と思ったら眠くなってきて、道の駅富士で昼寝する。

少し眠っていたら雨が降ってきて目が覚める。道の駅の中に蕎麦屋があるので退避。ざる蕎麦を食べたらおいしい。十割蕎麦だとか。

今日の宿は決めていないのだが、西伊豆にはユースホステルが2つある。電話してみると、2軒とも最近やめてしまったとの返事…。どうしよう。「全国安い宿情報」を今回は忘れてきたので、泊まるべき宿がどこにあるのか分からないのだ。

困りながらも先に進まないといけないので出発。沼津から西伊豆に入る。大瀬崎に向かう前に江浦というところで給油。ところがこの兄ちゃん、タンクが満タンになる前に勝手に給油をやめてしまって、仕舞おうとするので「まだ満タンじゃないでしょ」と怒る。なんでも以前ガソリンを入れすぎて溢れさせたことがあるので満タンにしたくないらしいのだが、そんなの兄ちゃんがド下手なだけで、こっちには関係ない。

バイクは1L入るかどうかで航続距離が大きく違うこと、これから半島の奥に入っていくと夜間は給油できないかもしれないので給油していることを話して、「入れてください」と言う。それでも渋るようなら「ノズル貸してください」と言って自分で入れてやろうかと思った(セルフで何百回と入れている!)けど、なんとか満タンまで入れてくれたので、許す。

大瀬崎に向かう道の途中から、非常に楽しいワインディングになってきた。大瀬崎を眺める展望台には来たのだけれど、たぶん寄っていると30分から1時間はいるだろう。日没まで時間がなく、今夜の宿が決まっていないので半島の南側、松崎までは日没までに入りたい。展望台から眺めただけで通過にする。

大瀬崎からワインディングはますます楽しくなる。今回初めて履いたタイヤ、ブリヂストンS-20のグリップは最高!自分の運転が上手くなったと錯覚するタイヤで、意識してリヤタイヤに加重すると簡単にタイヤの端まで使いきれる。今まで長く使っていたブリヂストンBT-016は、きちんと加重しないとタイヤの端までは使いきれなかったので、簡単に端まで使いきれるS-20のグリップ性能には驚き。踏面を触るとタイヤが溶けてベタベタして、消しゴムの削りカスみたいなタイヤの削りカスがたくさん付いている。同じスポーツタイヤのカテゴリで、S-20は生産中止になったBT-016の直系の後継タイヤなのだけど、BT-016よりS-20の方がよりサーキット寄りなんだろうか?

16時56分に出逢い岬でストップ。戸田の港がよく見える。17時24分には旅人岬でもストップ。こちらは土肥の港がよく見える。ワインディングと言っても港と港の間は峠みたいなものなので、かなり高低差があって楽しい。

土肥を過ぎると今度は恋人岬もある。こちらは駐車場イコール岬ではないので、駐車場で記念写真だけ撮って先を急ぐ。それにしても、西伊豆ってどうして変な名前の岬が多いんだろう…。道は最高に楽しいワインディングなんだけど。

土肥の街のドラッグストアで、持ってくるのを忘れた洗面セットを買う。私は肌が弱くてベビー石鹸を使っているので、昨夜フェリーの中で買ったシャワーセットのシャンプーとかリンスはあんまり使いたくない。

伊豆半島の南端に近い松崎には18時12分に到着。ここの本屋に「全国安い宿情報」の最新版があったので買ったのだが、今日はさすがにどこも満室。お盆の土曜日の伊豆じゃあねぇ…。松崎の東海バス営業所が観光案内所を兼ねているので訊いてみたのだけど、唯一空いていた旅館も素泊まり9000円…。さすがはお盆の温泉地だ。

感心している場合じゃないので、最後の手段でライダーハウス「やどかりの家」に電話する。なんでも今は営業していないらしいのだが、「もしかしてライダーさん?だったら泊めたげる。いいよ」という宿主さんの一言で泊めてもらうことになった。ただし道が分かりにくい山奥にあって(だから「最後の手段」だったのだ)、たどり着けないライダーさんも多いらしい。道順を聞いて、晩ご飯と朝ご飯を買ってGO!

その前に松崎で温泉に入ろうとしたのだが、道の駅の立ち寄り湯「かじかの湯」は19時30分で終わり。タッチの差で入れず、ガッカリしながら「やどかりの家」に向かう。シャワーを有料で貸してくれるらしいから、まぁいいか…。

雲見の露天風呂を過ぎて、松崎町と南伊豆町を分ける峠の頂上近く、ゴミ焼却場のところで左に曲がって3kmの間、「山の家」の標識に沿って走っていくと、やがて20m先も見えない濃霧になった。ヘッドライトの光が、完全に吸収されてしまう。

夜の8時を過ぎた状況で、山奥で濃霧でヘッドライトの光が吸収される…。ヘッドライトを増設した弐号機じゃなかったら、ノーマルヘッドライトのR6だったら私も本気で諦めたかも。ヘッドライト増設の効果は抜群で、その状況でも路面と道路標識がきちんと見えるので無事に迷わず「やどかりの家」にたどり着いた。行程上の都合で、今日みたいに夜間にワインディングを走らなければならない事態が頻発するのでヘッドライトを増設したのだけれど、おかげで助かった…。

20時19分に到着して、すぐにシャワーを浴びさせてもらう。宿主さんが別荘地を買った時に作ったらしいスーパーハウスがライダーハウス。設備的には北海道のライダーハウスと大差ないけれど、布団と毛布があるだけで私には十分。本当は今は営業していなくて、旅から昨日帰ってきたばかりとかで「ラッキーだったね!」と言われる。宿帳を見ると、私は1年ぶりの宿泊者らしかった。22時には寝てしまった。
| SHO | バイク日本一周 | 22:14 | comments(0) | - |
郡上八幡

ただいま郡上八幡。来たいとずっと思っていた街だけど、期待通りの街。

吉田川の流れが気持ちいい。今日は郡上おどりとかで、本当は泊まりたいのだけど、明日は仕事なのだ…。

天気が明らかに悪くなりそう。数キロ先で雨が降っている。早く脱出しよう…。これから高速に乗ります。
| SHO | 携帯から | 16:18 | comments(0) | - |
分水嶺公園

ひるがの高原の分水嶺公園に来ている。

庄川と長良川の分水嶺なんだとか。スキー場が見える。いいなぁ!

高原牛乳ソフトクリームが美味しい。カフェオレも。空がゴロゴロ鳴っているので、早く行かなきゃ。

白川郷、庄川村と雨に降られているけど、新しいタイヤ、ブリヂストンS-20はウエットグリップが弱くて怖い。ドライグリップは申し分ないのだが、何度かウエットコンディションで後輪をズルッと持って行かれた。ツーリング用に、BT-016を再生産してくれないかなぁ…。
| SHO | 携帯から | 15:02 | comments(0) | - |
白川郷は雨

世界遺産の白川郷にやってきた。

なのだけど、着いて5分もしたら土砂降りの雨が降ってきた。高速では合羽を着ていなかったから、ギリギリ間に合ってラッキー。

お昼なので、飛騨牛コロッケを食べて五平もちを食べて、飛騨牛の串焼きを食べる。美味しい。

でも、この天気で観光できるのかな〜?
| SHO | 携帯から | 13:13 | comments(0) | - |
夏の日本海

ただいま北陸自動車道の米山サービスエリア。

眠くて仕方なかったので、20分ほど寝てスッキリした。夏の日本海がきれい!
| SHO | 携帯から | 09:15 | comments(0) | - |
笹川流れ

ただいま新潟県村上市の笹川流れ。

昨日は山形県の鶴岡に泊まり、今日は丸亀まで1000kmを一気に走って帰る。

鶴岡〜村上のR7〜R345笹川流れは、私が日本中で一番好きな道。今日は粟島がよく見える。

さて走りますか!
| SHO | 携帯から | 05:52 | comments(0) | - |
焼き肉、冷麺

ただいま花巻パーキングエリア。

今日は朝から盛岡で、今春に定年退職した同僚の家に遊びに行っていた。スッゴい高級マンションで、盛岡の街を一望できた。岩手山が見えなかったのが残念.

昼食は焼き肉と冷麺をごちそうになった。美味しかった!
| SHO | 携帯から | 14:53 | comments(0) | - |
八幡平樹海ライン

昨日は盛岡駅前の旅館に泊まった。

今日は朝から職場の元同僚と会う約束なのだけど、早く起きたので八幡平まで走りに来た。

八幡平アスピーテラインは小雨→雨→濃霧と変わり、見返峠は強風と濃霧で何も見えなかった。樹海ラインは雲の下まで下りて来ると、岩手山がよく見える。頂上は雲で隠れているけど。

晴れてなくても、自然の真っ只中を貫くアスピーテラインと樹海ラインは気持ちいい。まるで北海道を走っているような景色がずっと続く。

ワインディングも楽しい。路面は完全ウエットコンディションなのにタイヤが乾いているから、タイヤが温まっているんだろう。これで路面がドライコンディションだったらもっと良いけどね!
| SHO | 携帯から | 07:30 | comments(0) | - |
牛タン定食

ただいま菅生サービスエリアで牛タン定食1.5盛の晩ご飯。

牛タン、とろろ麦飯、テールスープのいわゆる「牛タン定食」を食べるのは6年ぶり。宮城県に来ること自体が6年ぶりだ。美味しい〜!

本当は消化に時間のかかる肉料理は長距離走行中は良くないんだけど、牛タン定食の誘惑には勝てなかった。牛タン大好き!
| SHO | 携帯から | 19:20 | comments(0) | - |
青根温泉

川崎町の青根温泉に入った。

ここは9年前に初めての原付ツーリングで来た場所。当時は50ccだったのが今は600cc。そりゃ共同浴場の建物も建て代わるんだね。

さて、盛岡まで走りますか!
| SHO | 携帯から | 18:31 | comments(0) | - |
小坂峠

羽州街道の小坂峠に来ている。

仙台に住んでいた頃、原付で福島県と往来する時の常用ルートだったのだけど、9年ぶりに来ると何も変わっていなかった。景色が良いのも相変わらず。

宮城県の下道を走るのは二輪の免許を取って初めて。R6弐号機にとっては、47都道府県目に訪れた県になる。
| SHO | 携帯から | 16:31 | comments(0) | - |
塩バニラ

磐梯吾妻スカイラインの浄土平で塩バニラを食べている。なるほど塩とバニラの味なんだけど、美味しい!

バイクの数が多くてビックリ。みんな走りに来ているのねぇ…。
| SHO | 携帯から | 14:59 | comments(0) | - |
きゅうりの浅漬け

千葉の実家を出て、帰途についた。

ただいま東北自動車道の安達太良サービスエリア。きゅうりの浅漬けが美味しい!
| SHO | 携帯から | 13:34 | comments(0) | - |
再会
今日は朝から父と江戸川の川辺に行き、帰ってからお墓参りに行き、そのまま鉄道ファンの聖地「書泉グランデ」に行ってツーリングマップルの全国版を買い(あれ?)、それから立川へ。

私に弐号機を売った人がレッドバロンの立川店にいて、久しぶりに会いに行ってきた。もちろん喜んでもらえたのだが、買ってから3年4ヶ月で約6万km、日本一周達成というと、喜ぶというより呆れられた。日本を一周するなら、普通はネイキッドかツアラーだって。スーパースポーツで日本一周した人は聞いたことがないそうだ。

世の中に1日1000kmを実現するなら他にツアラーはあるだろうけど、正しい乗車姿勢で乗り続けなければならないスーパースポーツで1000km走ることに意味があると私は思っている。私は自分の運転の才能のなさにコンプレックスを持っているから。

スーパースポーツは、正しい乗車姿勢で乗れば長距離が一番楽なバイクだと思うけど、正しい乗車姿勢で乗り続けられなければ一番キツいバイクのはず。私は長距離乗っていて実際に楽だけど、ダラダラ乗ったら弐号機は今でも私に牙を剥く。たちまち腰が痛くなる。

だからこそ、私は乗る価値があると思っているんだけどね。

大型免許を取る時、私は10時間で普通は取るところに20時間かかり、しかも本検で1回検定中止になっている。そういう人でもスーパースポーツに乗れるんだ、実際に日本一周できるんだ、というのは、免許取るのに今苦労している人、挫折しようとしている人にとって、すごく励みになる、と言われて嬉しかった。

今日はこれから、私に自転車の日本一周号を売った店員さんと飲みに行く。楽しみ!
| SHO | 携帯から | 20:15 | comments(0) | - |
鴨川あじの漬け丼

ただいま館山自動車道の市原サービスエリア。

今日は、いや昨日の夜からまともなご飯を食べてないので、あじの漬け丼を食べている。美味しい!

それにしてもお腹減った〜。
| SHO | 携帯から | 21:04 | comments(0) | - |
日本一周達成!

18時50分に久里浜港に着いた。

自転車&バイクの日本一周、1998年4月から14年4ヶ月かかりましたが無事達成です!

みなさん、ありがとうございました!特に旧NIFTY-serveのFCYCLETとFTANKAから続いているみなさんには、自転車日本一周の構想時点からの応援を深く御礼申し上げます。

久里浜港の到着直前、絶対に泣くだろうなと思っていたのだが、涙は出なかった。イヤホンから流れていた曲が曲だったからか。

到着する時には、絶対にこの曲をかけようと思っていたのが、樋口了一の「1/6の夢旅人2002」。特に2番の歌詞が好き。


ひとりきりではできないことも
タフな笑顔の仲間となら乗り切れる
たどり着いたらそこがスタート
ゴールを決める余裕なんて今はない
誰かを愛することが何かを信じ続けることが
何よりこの体を支えてくれるんだ

世界中を僕らの涙で埋め尽くして
疲れきった足元からすべて凍り尽くしても
いつの日にかきっとまた南風が歌い出す
そんな風にそんな風に僕は笑いたいんだ
笑っていたいんだ


歌詞を書いているうちに泣けてきた。涙が止まらない。14年間長かった…。そして何より、重かった。
| SHO | 携帯から | 19:35 | comments(0) | - |
剣崎灯台

日本一周最後の灯台、剣崎灯台に到着した。なんか寂しい灯台で、駐車場すらない。

間もなく日本一周が終わる。日没までに久里浜に着けるだろうか。
| SHO | 携帯から | 18:22 | comments(0) | - |
鎌倉高校前

ただいま国道134号の鎌倉高校前。大渋滞!
| SHO | 携帯から | 15:05 | comments(0) | - |
大観山

ただいまターンパイクの大観山レストハウスでソフトクリームを食べている。大観山は2年ぶり。

芦ノ湖もよく見えて、なんか日本一周の最終日にふさわしいなぁ。小田原から先は、きっと渋滞との戦いなんだろうけど。

伊豆スカイラインの南側まで、ずっとウエットコンディションだったのに、タイヤを見たら消しゴムの削りカスみたいなものがたくさんついている。

今回からタイヤの銘柄を同じブリヂストンでもBT-016からS-20に変えたのだけど、こんなに溶けてライフは大丈夫なんだろうか?
| SHO | 携帯から | 14:01 | comments(0) | - |
玄岳駐車場

完全に雲が上がった。伊豆スカイラインすごい!
| SHO | 携帯から | 13:19 | comments(0) | - |
多賀パーキングエリア

伊豆スカイラインもなかなか海が見えなかったけど、多賀でようやく見えた!
| SHO | 携帯から | 13:10 | comments(0) | - |
天城越え

ただいま道の駅天城越え。さっき旧天城トンネルを峠越えした。

道の駅では、わさびソフトとしいたけコロッケを食べた。どちらも美味しい☆

湯ケ島から伊豆スカイラインに入るけど、天気は大丈夫かなぁ?天城峠の南側は、かなり雨だったのだ。北側は雨の痕跡もないけど。
| SHO | 携帯から | 11:26 | comments(0) | - |
石廊埼

石廊崎に行った。かつてのジャングルパークが休園して、本物のジャングルになっている道を20分ほど歩いて岬の突端へ。

石廊埼灯台は入れなかったけど、突端の石室神社に役行者像が、熊野神社には素戔嗚尊が祀られていてビックリ。私の行くところに修験道ありだな…。
| SHO | 携帯から | 09:05 | comments(0) | - |
波勝崎

波勝崎に直接バイクでは行けないので、夕日ヶ丘休憩所から眺めて、行ったことにする。

今日が最終日。岬に行くたびに、残りの岬が減っていく。
| SHO | 携帯から | 07:38 | comments(0) | - |
やどかりの家

昨日は結局、南伊豆町のライダーハウス「やどかりの家」に泊まった。日本一周の最終宿泊がライダーハウスとは、意図していなかったけどなんて私らしい…。

本来はもう営業していないらしいのだが、宿主さんがたまたま今いて、私がライダーなので、泊めていただいた。助かった。宿泊客は、当然私だけ。

もっともすごい山奥で、たどり着けないライダーも多いとのこと。実際、濃い霧の中を時速20kmで延々と夜間走行していると、ヘッドライトを増設する前だったら私も諦めたかもしれないと感じた。光が吸収されて、何も見えないのだ。

ワインディングを夜間走行するために増設した弐号機のヘッドライトだけど、存分に能力を発揮してくれて、良かった…。照射能力、照射角度ともオリジナルのR6とは格段に違うのだ。

今日が日本一周の最終日。行ってきます!
| SHO | 携帯から | 07:01 | comments(0) | - |
十割そば

ただいま道の駅富士。

眠くなったので昼寝して、十割そばとシラス丼を食べながら今日の宿泊先を探すのだが、「全国安い宿情報」を家に忘れるという痛恨のミス。西伊豆のユースホステルが2軒とも閉館したという衝撃の事実も発覚し、かなりピンチです!

強い雨に降られて用宗で1時間近く雨宿りでタイムロスし、昼寝と昼ご飯と雨宿りで富士でも1時間近いタイムロス。ちょっとヤバくなってきたぞ…。
| SHO | 携帯から | 14:54 | comments(0) | - |
御前崎に到着!

御前崎に着いた。さっき灯台にも上がってきたのだが、地球が丸く見える。海から見たことはあるけれど、来たのは初めて。

オーストラリアのメルボルンから来た、日本人の奥さんが里帰りのご夫婦と話した。夏休みが一週間と聞いて「too short!」と驚かれた。私もオーストラリアに行きたいなぁ〜。

そう言えば、「アウトライダー」のとある号の表紙を飾ったアングルが御前崎灯台からのものなのを発見。なるほど、この道だったのね…。
| SHO | 携帯から | 11:01 | comments(0) | - |
中田島砂丘

中田島砂丘にやってきた。鳥取砂丘、吹上浜にも行ったけど、あともう一カ所どこだっけ?

ここはサーフィンスポットらしい。気持ち良さそう!
| SHO | 携帯から | 08:42 | comments(0) | - |
とろろ定食

R1沿いのコンビニ併設の定食屋「天神屋」で、とろろ定食の朝ご飯。

いよいよツーリングマップル関東甲信越が登場。旅だなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 08:14 | comments(0) | - |
道の駅潮見坂

ただいま浜松の西側、潮見バイバスの道の駅潮見坂。これから浜名バイバス経由で御前崎を目指す。

ご家族4人で2台のバイクに分かれてツーリング中のご家族に会った。お父さんに「なんて羨ましい」と言ったら「ひとりの方が、よっぽど羨ましいですよ〜」と言われた。

奥さんも2人の娘さんも美人で、ある意味で男の夢の実現だと思うけど…。実現したら、それはそれで大変なのかな?お父さんとお母さんでバイクの免許を取って、家族旅行でバイクツーリングなんて憧れるけどな〜。
| SHO | 携帯から | 07:29 | comments(0) | - |
大垣駅前到着!

大垣駅前に戻ってきた。

14年前と何かが変わった印象はないけど、だからこそ駅前で自転車を組み立てていた22歳の自分の姿が目に浮かぶ。

やっと戻ってきた…。嬉しい。

でも昨晩今晩と3時間ずつしか寝ていないので、眠い。
| SHO | 携帯から | 03:39 | comments(0) | - |
関ヶ原

ただいま岐阜県の関ヶ原。

関ヶ原インターで高速を降りて、これから日本一周本番のスタート地点、大垣駅前に向かう。

日本一周のスタート&ゴール地点は神奈川県の久里浜港だと書いた。それは間違いではないけれど、実は自転車日本一周の本番前に久里浜〜銚子の房総半島一周でトライアルをやっていて、自転車日本一周の本番は大垣がスタート地点。

前半戦は大垣から敦賀に抜け、日本海岸を北上して北海道を一周して銚子まで。後半戦は大垣から南下して四国、九州を経由して鹿児島県指宿まで走っている。そしてバイクで大垣駅前には、まだ帰っていない。

1998年5月以来、14年3ヶ月ぶりに大垣へ。
| SHO | 携帯から | 03:10 | comments(0) | - |
夕食

地元のホカ弁屋のカキフライ弁当を食べながら、フェリーの出港を待っている。

長距離フェリーだったらビールでも飲みたい気分。久しぶりに旅だなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 19:08 | comments(0) | - |
さぁ夏休み!

懸案だった異動も果たして、夏休み前の仕事は終わり。今日は仕事帰りに高松からフェリーで神戸へ。

いよいよ夏休みです!日本一周最終章、スタート!
| SHO | 携帯から | 17:36 | comments(0) | - |
マニュアルトラック運転
今日は朝から丸亀のフラダンスのフェスタの裏方のボランティアで、さっきまで働いていた。

たぶん2年ぶりにマニュアル車(しかもトラック)を運転したら、最初はガックンガックンやっていたのが、一回駐車場で練習して感覚を思い出したら大丈夫になった。

愛媛時代の人が聞いたらビックリするだろうなぁ〜。愛媛にいた頃に、社用車での出張を「車の運転は恐いからヤダ!」と渋って、渋って渋った挙げ句に工場内で社用車をぶつけてしまい、「アイツに車を運転させるな」「アイツは大型バイクに乗れるくせに、なんで車の運転ができないんだ!(←私には大型バイクの方が、車よりよっぽど安心です!)」と散々言われた伝説がある。その私がマニュアル車のトラックを運転して、車庫入れも坂道発進も縦列駐車もOKとは、隔世の感がある。

大学時代には、サークルのみんなとマニュアル車をレンタカーで借りてあちこち出かけたもの。わざわざ大型免許を取って、トラックで狭い道に突っ込む強者もいたっけ…。その人も今や一児の父親とは、時代は流れたものだ。

フォークリフトの運転技能講習は受けている私。大型二種と大型特殊を取れば、けん引を除くすべての車両を運転できるんだなぁ…。
| SHO | 携帯から | 22:38 | comments(0) | - |
吉野・天河お参り弾丸ツアー
7月15日 653.4km

いろいろ悩むところあり、日曜日の朝から吉野と天河にお参りすることにした。9時15分に丸亀を出発。片道300km、所要5時間と見積もって、現地に2時間滞在しても21時帰着と見込む。

坂出IC手前のENEOSで給油して、9時32分に坂出ICから高速に乗る。暑い!でも、今日初めて使ったモトクロスジャージの威力にびっくり。ハーフメッシュのジャケットを着ているのに、まるでフルメッシュのジャケットを着ているかのように涼しい。

10時09分に鳴門西PAで休憩。今日はこれから淡路SA、朝潮橋PAと休憩して吉野を目指すつもり。途中の給油は淡路SAのみ。鳴門西を10時25分に出発して、小鳴門の撫養の瀬戸を渡るところで強風に気づいた。「あれ?」と思ったものの、そのまま進行。大鳴門橋は予想通り強風。10m/s近くは吹いていたはず。大鳴門橋は渡れたけれど、この風だと明石海峡大橋は…。

明石海峡大橋を渡る前に注意していたら、まだ対向車線をバイクが走ってくるから走れるのだろうけれど、11時10分に淡路SAに着いたら風が強くて明らかに10m/s以上吹いている。大阪湾海上交通センターのサイトを見たら、淡路島北端の江崎で14m/s。これってバイク通行止めの一歩前じゃん!

いまさら引き返せないし、淡路SAで降りても頼みのたこフェリーは廃止されてしまった…。覚悟を決めて渡るしかない。不便な時代になったものだ。

給油を済ませて11時29分に出発。トラックの後ろを渡ったところ、うまく風を遮って渡ることができた。風が強いのは淡路島側で、本州側はそうでもないことはサイトを見て分かっていたので、橋の終わる手前でトラックの陰から出てトンネルに逃げ込んだ。R6は横風に弱くて、本当に橋の上では困る。

垂水JCTで第二神明道路に入り、渋滞をすり抜けて京橋ICで高速を降りる。ハーバーハイウェイから高速5号湾岸線に入った方が片側3車線で速いし、朝潮橋PAで休憩できるので、湾岸線で一路大阪へ。風はある程度あるものの、走れないほどではない。

12時22分に朝潮橋PAに到着。トイレ&飲み物休憩だけで12時30分に出発。もっと朝早くに出れば良かったのだが、出発が朝の9時過ぎでは遅すぎる。普段のように前夜に出発できなかったのは、昨日が進水のため昨夜はドックで排水トラブルが起きる可能性が高く、スクランブルに備えて朝まで自宅待機していたためなのだが、朝の5時半には起きていたのに…。

朝潮橋を出ると、中央大通の上の阪神高速で長田に向かい、近畿道に乗り換えて羽曳野へ。南阪奈道で畝傍まで走り、畝傍からは国道168号線。いつものルートなので、もはや地図も要らない。吉野も天河も、もう何回も来ているものなぁ…。

日曜日なので、山間部に入る前に大淀で給油。帰りの時間が少し遅くなったら、天河や黒滝周辺では燃料補給ができない可能性が高い。13時59分に吉野山金峯山寺に到着。蔵王堂にお参りしていたら、執行長とのアポが取れたので事務所で面談。

1時間ほど面談してから再度蔵王堂にて参拝していたら、さらに1時間が過ぎてしまい、16時02分に金峯山寺を出発。黒滝に抜ける裏道を通って天河神社に着いたのが16時42分。

翌日から夏季大祭のため準備で華やぐ天河神社にお参りして、おみくじを引いたら、なんと「凶」!たぶん8回目の天河にして初めての「凶」だけど、その後となるほどと納得することが、お参りの後でいくつも起きるのである…。天河神社恐るべし。ここは普通の場所とは全然違うのだ。本当に本当に、ここは不思議な場所で絶対に何かある。

奈良の山奥にいるのに会社の電話などかかってきたりして、対応しているうちに17時を過ぎてしまった…。17時32分に出発する。どういうわけか、天河に来る時はいつも見えない関門をいくつもくぐる感じがする。時間的にも精神的にも、なぜかあまり余裕があった覚えがない。

17時32分に出発。一路今まで来た道を戻る。黒滝、下市と走り、大淀から168号線で畝傍に戻るのだけれど、下市から天河への道は、私が知っている最近10年間だけでもかなり良くなった。さらに拡幅工事中で、あと10年したらさらに道が良くなるのだろう。行きやすくなるのは嬉しい反面、天険に囲まれた土地ならではの情緒がなくなることに寂しい思いもある。初めて天河に「呼ばれて」から、もう10年になった。

畝傍御陵前のローソンで休憩して、南阪奈道に再び乗る。今度は近畿道〜中国道で19時36分に西宮名塩SAに到着。夕食にざる蕎麦を食べて、給油して20時09分に出発。明石海峡の風はますます激しく、19m/sに達しているので帰りは岡山から瀬戸大橋を通ることにする。

山陽道に入ると、増設したヘッドライトが大活躍。夜間のヘッドライトの光量が全然違う。峠を越えて岡山県に入って、福石PAに21時06分に到着。トイレ&飲み物休憩だけで21時16分に出発。瀬戸大橋の風は強くなく、22時06分に坂出北ICで高速を降りて、22時20分に帰宅。走行距離は653.4km。

最近、よく考えるのが宗教のこと。私は10年前に天河神社へ「呼ばれた」のをきっかけに修験道と関わるようになって今に至るのだけれど、「なぜ修験道なのか」ということを自覚的に考えるようになったのがつい最近のこと。今までそんなに意識しないで修験道の数珠を持っていたけれど、「なぜ修験道なのか」ということを考えざるを得ない出来事が最近あって、それで悩んで今回も吉野と天河にお参りした。

そしてお参りして思うのは、ここは私にとって心の拠りどころになっている場所だということ。そして、特に天河は、やはりここは普通じゃない。絶対にここは何かある場所なのだ。うまく表現できないけれど…。
| SHO | 修験道 | 21:56 | comments(0) | - |
旅行記念日
昨日は24回目の旅行記念日だった。

中2の時に初めて友人と泊まりがけの旅行に出たのが23年前の7月31日で、泊まったのが新潟からの夜行快速「ムーンライト」。

友人はその後JR全線完乗、日本鉄道全線完乗と進み、私もJR全線完乗、そしてこの8月で自転車&バイク日本一周達成の見込み。その上でターニングポイントになった大事な旅行だったのだ。

そして昨日は初めて買った中型バイク、カワサキKLE250アネーロの納車記念日。あれから6年の走行距離は、10万kmに達する。

これからも旅はやめない。一生旅人でいたい。
| SHO | 携帯から | 06:38 | comments(0) | - |