藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< May 2012 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
2012年GW東北・北海道ツーリングその2
5月2日 514.2km

函館到着の船内放送で起こされると午前6時。4時間ほど熟睡した。

2泊連続のフェリー泊、しかも昨日は3時間、今日は4時間しか寝ていないので、「今日は絶対にキツイだろうな…」と思う。そう思いながら毎日走っているうちに「実は一番キツイ日は…」ということになるのだが、それは後の話。

6時23分に函館フェリーターミナルを出発。このまま函館市内に入ろうものなら、確実に市内を出るのは9時や10時を過ぎてしまい、日本海岸を走って小樽までという計画が崩れるのは明白なので、今日は函館市内には寄らない。

でも函館にせっかく来たのなら「ハセガワストア」の「焼きとり弁当」が食べたいので、携帯で調べて上磯の「ハセガワストア」に行く。買ったのは「焼きとり弁当W」。上にタレ味の、ご飯の中に塩味の焼きとり(豚肉の串焼きのこと)が入っている。注文してから焼いてくれるので、匂いだけでも「北海道に来た!」という感じがする。「セイコーマート」と共通するコンビニの品揃えにも「いかにも北海道!」な感じがする。

荷物の上に「焼きとり弁当」をくくりつけて、いざR228へ!函館から北海道南西岸を走って小樽へ、という今日のコースは、もともと昨年やろうとしていたもの。でも昨年のゴールデンウィークは北海道に暴風警報が吹き荒れ、函館市内で隣の車線に吹っ飛ばされる事態になったので断念。東海岸からR5を通って小樽まで走ったのだ。この「函館〜小樽」は今回のバイク分割日本一周で、納沙布岬と並んで行きたい場所なのだ。

津軽海峡線と並行しながら海岸線を木古内まで走り、知内から内陸に入る。ここにはいまも道路の開通していない海岸線があって、道路は海岸線を走れないのだ。JR知内駅に隣接した「道の駅知内」で7時34分に休憩。砂川から来たというカワサキ・ニンジャ250Rの人と一緒になる。北海道に住んでいるなんて、なんて羨ましい。

途中まで一緒に走ることになり、峠を越えて道の駅福島で道の駅スタンプラリー中のニンジャ250Rは曲がっていった。私は先を急ぐので直進。津軽海峡線の一部になったため廃止を免れたJR江差線と、江差線より輸送密度が濃いのに廃止になってしまったJR松前線の廃線跡を見比べると、なんだか複雑だ。国道は海岸線を走るので、高台へ続く崖のそこかしこに真新しい鉄の階段が作られている。きっと津波対策なのだろう。

8時36分に北海道最南端の白神岬に到着。ここは昨年のゴールデンウィークに走った尻屋崎や大間崎よりも緯度は南になる。いかにも最果てな感じだけど、昨年の尻屋崎や大間崎、昨年夏の東北ツーリングで行った竜飛崎からは見えなかった本州が見える。あぁ、やっぱりここは海峡なんだな、と感じる。

尻屋崎を後にした松前は桜が満開で、松前城では桜まつりをやっていた。でも先を急ぐので今回は通過。私が先を急がなくなるのは、いったいいつなのだろう…。沖に島が見えると思ったら、松前町に属する小島という無人島みたい。他にも大島という無人島もあるのだけど、こちらは気づかなかった。視界が良かったから、たぶん見えていたはずなんだけど…。

松前を出ると、いよいよ何もない景色になる。福島の辺りは道の両側まで雪が積もっていたけれど、こちらは山の頂上付近に目に付くくらい。ただ、びっくりなのは道路の整備状況で、昔の道なのだろうなと思う道路跡が全部廃道になって、国道は高台を走って谷は高い橋でぶち抜いていく。昔は不便で風情があって時間がかかったのだろうけれど、今は出そうと思えば100km/h平均でも走れそうな道。免許がもったいないからやらないけどね。

荒涼とした大地を一直線に貫く道路、という構図は上ノ国町の市街に入る手前まで延々と続き、そろそろ飽き始めた頃に上ノ国が見えてきた。「カントリーサインの旅2」では、どうでしょう班はこんなところまで来たのか…。

10時ちょうどに江差駅に到着。ちょうど列車が入線していて、駅が賑わっている。驚いたことには駅員がちゃんといる!無人駅じゃないのだ。江差は1996年の春に来て以来だから16年ぶり。当時は歩いて観光した江差町内を、今回はバイクで回る。でも「開陽丸記念館」は前回入ったから今回は寄らず、「江差追分記念館」は先を急ぐからトイレ休憩のみ。と時間短縮に努めたはずが、思わぬところで大幅に時間を食うことになった。

函館市内には、「ラッキーピエロ」というハンバーガーチェーンがある。これは文字通り函館近辺でしか食べられないのだけれど、最近になって「江差入口店」というのが厚沢部にできた。この店はまさに江差の北側の入口にあって容易にアクセスできる。ラッキーピエロの開店時間は朝の10時なので、今回の旅のスケジュールでは食べられないはず(函館市内に寄らないから)のラッキーピエロのハンバーガーが食べられる!これは寄らないわけにはいかないでしょう。

というわけでラッキーピエロ江差入口店に寄ったのだけど、店内で食べるつもりは毛頭なく、持ち帰りにした。定番の「チャイニーズチキンバーガー」と、他にも頼んだ。ちょうどバイクの人がたくさん来ていて、函館や札幌からの気軽なツーリングの昼食地点であることが分かる。

ここで今日の行程を練ったのだけど、いつも小樽で泊まる、とほ宿「いちえ」は満室だとかで今日は泊まれない。結局は小樽ヴィラユースホステルに泊まることにする。体調が良ければ一気に小樽から日高の入口まで行くつもりだったのだけど、ここでズルズルと1時間もいてしまった、ということは間違いなく2泊連続のフェリーで3〜4時間しか寝ていない影響が出ている。疲労が溜まっているということなのだ。昨日は昼寝も一切していないし。

結局1時間もいてしまい、近所のGSで燃料補給して出発したのは11時48分。江差だけで2時間弱もいてしまった…。

奥尻島を眺めながら走って大成町に入る。ここも「水曜どうでしょう」の「カントリーサインの旅2」で訪れている土地。ここを深夜に走ったら怖いだろうなぁ…。12時35分に「道の駅てっくいランド大成」で昼ご飯。ラッキーピエロのハンバーガーを食べたのだけど、お店で食べた方がおいしかったかも。食べた瞬間に睡魔に襲われてしまい、そのまま30分ほど昼寝。明らかに思考能力も落ちているので、こういう時は寝るに限る。

13時20分に道の駅を出発。北海道最西端の尾花岬を目指す。正確に言うと岬までは道路が開通していないのだが、すぐ手前の太田という集落まで道路が走っている。実際に行ってみると太田の集落からさらに道路工事が進んでいた。尾花岬の直下までトンネルが通じるのも、もう時間の問題だろう。この辺で奥尻島とは最接近する。あの島に渡ってみたい…。北海道の有人島は5島あるのだが、渡ったことがあるのは利尻島の礼文島だけだ。

大成まで引き返して、峠を越えて北桧山へ。この辺りは旧国鉄瀬棚線が走っていた。でも痕跡が見えるかと思ったら全然見えず、ひたすら淡々と道南らしい景色の中を走る。中途半端に広い耕作地帯の真ん中を、これまた中途半端に広い川が流れ、原生林の低い山地が川の両岸に広がっている。あぁ道南という感じだ。

すでに完全に午後になっているので瀬棚も通過。茂津多岬も「どこ?」って感じに通過して(たぶんトンネルで走ってしまったのだろう)、海岸線ときどきトンネルな景色の中を走る。島牧村に入ったところで「道の駅よってけ!島牧」で14時59分に休憩。昼食の残りのハンバーガーを食べる。これから積丹半島を一周するのに、お昼の3時に島牧なんかにいて、いいのだろうか…?札幌に帰るというBMW R1150Sと一緒になったけど、彼は積丹半島なんて行かないんだろうなぁ…。

15時22分に道の駅を出発。海岸線をひたすら走り、15時43分に弁慶岬でストップ。大きな弁慶の銅像が立っている。ここは本当に岬で、切り立った稜線がそのまま落ち込んでいるのがよく分かる。岬の両側で景色も風も変わってしまうのだ。

寿都の町を通って黒松内へ。寿都も2002年にバスで来たことがあって、寿都鉄道の遺稿が残っているのも昔のまま。朱太川のたたずまいも昔のままで、
山間部から大きく開けて海に注ぐ風景が好きだ。黒松内からは雷電海岸に入る。

雷電海岸は、2002年に来た時には崖の下を延々と洞門が続いていて、すれ違いに苦労しながらバスが走っていた記憶がある。でも今回はびっくり!海岸線が崖になったかと思うと長いトンネルに入り、トンネルを抜けるとまたトンネルに入る。自分がどこを走っているのかさっぱり分からないままに雷電岬も通り過ぎてしまい、ようやくトンネルが終わったらもう岩内の手前だった。

旧岩内線岩内駅の、道の駅岩内で休憩。ここのバスターミナルは、なんだか駅みたいだ。岩内で燃料補給も済ませて、自転車日本一周以来14年ぶりの積丹半島に向けて出発したのが17時03分。

ガソリンスタンドで「積丹半島もすごい変わったよ。トンネルだったり海の上を走ったりするよ」と言われたのだけど、本当にその通り。狭いくねくね道を登ったり下りたりしながら海岸線に沿って走っていた区間は海の上を一直線に走るように変わり、崖の下を張り付くようにして走っていた区間はすべてトンネルになった。旧道はすべて入れないように封鎖しているので、風情も何もあったもんじゃない。道路の必要性は感じるけど、ここまでしなきゃいけないのか…。冬季の安全性などを考えるとこうするのがベターなのだろうけど、頭では分かっていても感情としては理解しがたい。

「道の駅おすこい神恵内」を過ぎると海岸線をのんびり走るコースのはずだったのだが、これまた連続する長大トンネル区間。北陸本線の越中宮崎〜谷浜が新線に切り替わったときも、同じような感じだったのだろうか。まさに「まばたきルート」だ。

あっと言う間に見覚えのある川白の集落を過ぎ、積丹半島で最後に開通した川白〜神威岬はもちろん長大トンネルが続き、そして驚いたことに神威岬の下を抜けるトンネルもつけかえられて長いトンネルになっていた。ここまでしなきゃいけないのか…?かなり予算の無駄だろう。

17時48分に神威岬に到着。岩内から45分で着いてしまったのにはびっくり。日没に間に合ったのは嬉しいけれど、ほとんどトンネルになってしまったので嬉しくはない。神威岬はカラスが荷物をよく狙うとのことで、グローブなどはカラスが取れない場所に仕舞うよう駐車場のおじさんに言われた。

道が崩落していて神威岬の先端までは行けず、うわさに聞く積丹ブルーは光線状態の関係でよく分からなかったのだけど、それでもカムイ岩に沈む夕日を見られて満足。自転車日本一周では、坂を登るのが嫌で来なかった岬なので、これでリベンジを果たせた。

18時24分に神威岬を出発。日が暮れていくのを見ながら積丹半島を回っていく。自転車日本一周では美国から輪行してバスに乗ったので、自分で走るのは今回が初めて。これまた昔はバスが行き違いに苦労していたはずの道はすべて大きなトンネルになり、驚きながら走る。これで高速が要るわけがないわな…。

余市の手前で完全に日が暮れて、小樽市街に入ってから燃料補給して、天狗山の手前にあるセイコーマートで晩ご飯と朝ご飯を買ってから20時06分に小樽ヴィラユースホステルへ。天狗山の中腹から見る夜景がきれいで、個室に泊めてもらえたので自由にできる。まずはサッポロクラシックを開けて、乾杯!
| SHO | バイク日本一周 | 06:13 | comments(3) | - |
2012年ゴールデンウィーク東北・北海道ツーリングその1
しばらく投稿していなかったのだけど、2012年ゴールデンウィークの北海道ツーリングの話を書く。

4月30日 丸亀〜高松 36.4km

仕事を終わってから夜の10時半前に丸亀を出発。夜11時半過ぎに高松東港のフェリーターミナルに着いて、夜1時発のジャンボフェリーで高松へ。もう少し早く出発していれば、自走してどこかで寝るつもりだったのだけれど、この時間の出発だったらフェリーで寝た方が良い。

5月1日 神戸〜青森 1113.5km

フェリーで熟睡して、朝の5時過ぎに神戸に上陸。

いつもの国道43号線を走って朝6時10分に西宮ICから名神高速に乗る。幸い天気は晴れ。渋滞を予想していたのだが渋滞することもなく、7時6分に黒丸PAへ。朝ご飯にPAのコンビニで焼いたフレンチトーストを食べて出発。出発前に描いた青写真では午後1時に新潟、午後2時に村上なので、先を急がなければ。

米原JCTから北陸道に入ると一気に交通量が減って、快適な旅になる。燃料補給のために8時22分に南条SAにピットイン。関東からツーリングのライダーと一緒になって、北陸は関東から来る人も多いのだなぁ、と感じる。四国では滅多に関東ナンバーのバイクは見ない。

何回か休憩したことのある尼御前SAも今日は通過。海岸線沿いを快適に走って、手取川を越えると金沢が近い。金沢を越えたところで倶利伽羅峠手前の不動寺PAに入る。時刻は9時40分。よく晴れているのだけど、歴史の合戦場という感じのしない、緩やかな峠である。

倶利伽羅峠を越えて富山県に入ると、目の前に立山がバーンと現れる。富山を過ぎると街の向こうに富山湾も見える。以前、自転車日本一周の時は数日かけて走った道を、今度は1時間もしないで駆け抜けてしまう。10時37分に有磯海SAで燃料補給。本当は朝日ICから大好きな国道8号線で海岸線沿いを走りたいのだが、出発が遅くなったので今回は我慢我慢…。ひたすら高速を走ることにする。ここは海洋深層水が名産らしく、ソフトクリームがあったので食べてみる。かすかに塩っぽいけれど、おいしい。

有磯海SAを出ると親不知子不知のトンネル区間。糸魚川を過ぎても、またトンネルが続く。そういう区間だと知ってはいるけれど、下道の景色が良いことも知っているので残念。でも親不知付近の海の上を走る区間で横風が吹かなくて良かった。R6は横風に弱く、すぐに吹っ飛ばされるのだ。

11時37分に名立谷浜SAへ。いよいよ新潟県に入って、上越JCTから先はバイクで走ったことがない。ジリジリと暑いくらいの日差しを浴びる。やけに暑いと思ったら、気温が28度とか書いてある。北海道向けの冬用ジャケットを着ているので、道理で暑いはずだ…。

12時23分に米山SAで燃料補給。結果的には新潟の手前で燃料補給はできたみたいなのだけど、村上まで燃料補給ができないと考えると米山で給油しておく必要がある。最近の高速道路は、燃料補給のタイミングを間違えると250km無給油でも平気なR6でも危ない。もっと航続距離の短いバイクなら、深刻な問題だろう。

アルビレックス新潟のホームスタジアムを間近に見てから阿賀野川を渡り、13時33分に豊栄SAへ。SAと言っても設備的にはPAで、ご飯は自動販売機しかないし、燃料補給もできない。予定の30分遅れだけど、もともと4時間ほど余裕を取っているので問題はない、はず…。

14時19分に村上で燃料補給。山間部を走る国道7号線ではなく、海岸線を走る国道345号線に入る。ここは「水曜どうでしょう」の「原付東日本」で大泉さんがウイリー事件を起こした道。藤村ディレクターの「いいですなぁ〜」という声が聞こえてくる気がする。村上〜三瀬のR345〜R7は、私が日本中で一番好きな道。笹川流れの景色が大好きだ。

その手前、間島で「キャプテン」というレストランで14時36分に昼食。ここは元船員の方がやっている食堂で、ご飯を食べた後でお話を伺ったら、常連客のみなさんも元船員だった。この辺りには、元船員がたくさん住んでいるらしい。私自身の出身校や船の話もして、船の昔話などを聞いていると1時間があっという間に過ぎてしまい、15時36分に出発。景色も良くて、値段は少し高いけれど、昔ながらのレストランという感じがする。また行きたい。

「大泉さんがウイリーやったのは、たぶんここだな」とか思いながら笹川流れの景色を堪能して、16時16分に道の駅あつみへ。今まで何回か来ながら振られつづけた、イカ焼きにようやくありつけて嬉しい。温海温泉は大好きな温泉で、今回も本当は入りたかったのだけれど、今日は予定より1時間半ほど遅れている。日没前に距離を稼ぎたいので今回はパスする。

昨年8月の東北ツーリングの時はまだ開通していなかった日本海東北道が今回は鶴岡JCT〜温海ICで開通しており、温海から乗ると日本海の景色が見れないので鶴岡から乗る。そのまま酒田みなとICへ。目の前に次第に大きくなってくる鳥海山を見ると「東北にやってきた!」という感じがする。鳥海山も大好きな山なのだ。

昨年の東北ツーリングでは鳥海スカイラインに入ったものだけれど、今回は夕方5時半になっている上に先を急ぐ。海岸線沿いの景色も捨てたものではないので、国道7号線をひたすら先へ進む。18時16分にピットインした道の駅象潟で日没。この道の駅には温泉もあり、テントを張って泊まったこともあるけれど、今日は泊まるわけにはいかない。まだ青森まで300km近くある。

象潟の先からは二ツ井まで日本海東北道〜秋田自動車道がつながっているのだが、まだ景色が見えるので国道7号線を走る。象潟から秋田も景色が良くて大好きな区間。由利本荘を過ぎて亀田の辺りで完全に暗くなったけど、夜の海岸線も悪くない。

19時58分に土崎で給油。そろそろ風呂に入りたいので聞いたら、道の駅天王に温泉施設があるという。少し男鹿半島方面に寄り道することになる。温泉というかスーパー銭湯という感じだったけど、とにかく風呂に入ってサッパリする。

ここまで900km走って来た。青森まであと200kmだけど、深夜帯に入るし昨日はフェリーで3時間寝ただけだし、疲労も溜まっているはずなので、気をつけて走ることにする。昭和男鹿半島ICから秋田道に入り、二ツ井で国道7号線へ。22時39分に着いた大館の幸楽苑でラーメンを食べて、青森まではもうひと踏ん張り。道の駅天王と、大館でそれぞれ1時間休憩してしまったのは、やっぱり疲れているのだろう。23時23分に出発して青森に向かう。

深夜の矢立峠、弘前、大釈迦峠と走り、0時44分に津軽新城で給油。0時57分に青森フェリーターミナルへ。1日1100kmと、この旅で最大の難関を走りきったのでガッツポーズ。定刻の1時間40分前に着いたので、まずは一安心。予約していたので手続きを取って、午前2時過ぎにフェリーに乗り込むと、すぐに寝てしまった。バイクの人も多くて、神戸から青森まで1日で自走して来たと言うと驚かれた。
| SHO | バイク日本一周 | 23:41 | comments(2) | - |