藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< June 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
Music Batonその後
一昨日付けで書いたMusic Batonの内容を一部訂正。
鈴木祥子『Swallow』とPSY.S『薔薇とノンフィクション』は、Windows Media Player
ではTop5に入っているものの、iTunesを入れるとTop5から漏れるのでiTunesも
合わせた総合ランキングに変更。本当はこれでもまだ完全に正確ではなく、
iTunesのトップは矢井田瞳『My Sweet Darlin'』なのだけれど、これは一時期
ものすごく一曲リピートで聞いていた時期がある、と言うだけで思い入れが
特に深いわけではないのでランキングから外した。Top5に入るような曲は、
どの曲も一曲リピートで聞く時期がある。新たに入れた2曲は共に1980年代の
洋画の主題歌。Limahlの『The Never Ending Story』とIrene Caraの
『Flashdance...What A Feeling』。どちらも思い入れがすごくある楽曲。

少しずつ解説を。
 9 × forever』(槇原敬之)
1996年に「MAKIHARA」名義で発表した『THE DIGITAL COWBOY』から。
全ての楽曲を英語で歌ったアルバムなので、この曲も英語の楽曲。

◆The Never Ending Story』(Limahl)
1984年に発表された同名の洋画の主題歌。映画も大好き。
映画の原作はミヒャエル・エンデの『はてしない物語』。

『Flashdance...What A Feeling』(Irene Cara)
1983年に発表された洋画『Flashdance』の主題歌。
実は映画は見ていなかったりする。

ぁ慇弔い靴困』(石嶺聡子)
2001年のアルバム『クロゼット』から。

ァTake a chance on me』(ABBA)
1977年のアルバム『The Album』から。ベスト盤『ABBA GOLD』に収録。
全米3位獲得。ABBAの全米売上枚数No.1の曲。ABBAの代表曲のひとつ。
ミュージカル『MAMMA MIA!』でもラストの前に登場。

番外
『Swallow』(鈴木祥子)
1989年のアルバム『水の冠』から。ベスト盤『Harvest』に収録。

『薔薇とノンフィクション』(PSY.S)
1988年のアルバム『Non-Fiction』から。ベスト盤『TWO-HEARTS』に収録。

Music Batonの結果に手を入れながら、改めてすごく「正確さ」にこだわる
自分を発見。そこまで正確にやらなくてもいいんじゃない?とも思うけれど、
これが性格なのだろう。思い入れの多い楽曲を挙げるとキリがないので今回は
ジュークボックスソフトウェアの再生カウント数Top5と言う基準で選んだ。
手を加えてこだわり出したら本当にキリがなさそうだ。
| SHO | 雑談 | 02:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
野沢温泉
昨日はドライブのお誘いがあったので志賀高原へ。先に万代鉱と言う草津の
主な源泉のひとつへ行ってから、渋峠を越えて信州中野へ。自転車で通った
道を自動車で走ると、改めて草津志賀高原ルートを自転車で走るのは極めて
危険。舗装のアスファルトに斜めのスリットや縦に地割れした補修の継ぎ目が
たくさんあって、油断してどこかに引っかかれば転倒は間違いなし。重心の
高いMTBで、しかも空身では余計に危険。湯田中の手前からの国道はほとんど
高速道路みたいなもの。これで60km/h制限はおかしいのでは?信州中野の
ジャスコで昼ご飯。巨大なパフェに食指が動くも今回は我慢して日替わり定食。
パン屋でパンを買って帰り、帰宅後に食べたらおいしかった。信州中野は
林檎畑が多い。バイパス沿いに店も多く、車があれば住みやすそう。自然に
土地を見る目が真剣になっている。「信州のどこに移住するか」がかかって
いるから当然か。それにしても暑い。草津の涼しさとは大きな違い。足を
伸ばして野沢温泉へ。途中の廃線になった長野電鉄木島線沿いに走らせると
木島平がものすごく広がりのある場所で驚き。飯山線の車窓から見えるもの
とは全然違う。川の右岸と左岸でこんなに景色が違うとは。今日の千曲川は
先日来の雨で増水していて、流れが速く濁っている。野沢温泉では「大湯」と
「松葉の湯」をハシゴ。アルカリ性の「煮川の湯」って感じでお湯は柔らかいが
風呂を出てしばらくすると鎖骨の下がかゆい。源泉がものすごく熱いので水で
薄めて入っている。湯船の中でも注ぎ口の回りと湯船の縁では温度がまるで
違う。飲泉もできる。草津よりも街の雰囲気がノビノビしている。草津の街は
やや閉鎖的な感じを受ける。ひとつひとつの物価も草津より安いようだ。
良心的な街と言う印象。帰りは真っ直ぐ2時間ほど。午後7時には草津へ帰着。
| SHO | 旅行 | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
だらだら、結論出ず
昨日も一日ダラダラ。体調ももうひとつ。なんだかピリッとしない一日。
今後の進路のころで考えるも、結論出ず。仙台で指導教官から提案された
進路を上田で噛み砕いて消化したところ、今のところ2通りの進路あり。
どちらも実行するなら来年4月に信州への移住を実行することになるも、
そのための試験があって、試験の準備が大問題。特に片方はそれが差し
迫っている。
今度はたとえ学生生活を送っても完全に自活の方向で考えているので、
それが実行できるかが問題。学費の問題もあるからなぁ。卒業できない
まま終わらざるを得ない今の大学はともかく、今後の大学卒業はどうする?
と言う問題も未解決。まるで喉元に刺さった骨のよう。

今、読んでいる本はこんなもの。

山村雅康 『人口減少時代の豊かな暮らしと仕事の場』
編集工房安曇野 『信州で暮らしませんか?』
佐藤誠・篠原徹・山崎光博 『グリーンライフ入門〜都市農村交流の理論と実際』
現代農業2005年5月号増刊 『「グリーンライフ」が始まった!』

グリーンライフもいいけれど、指導教官から提示されたものはちゃんと
マーケティングされた具体的な話。国際物流の仕事に従事していた私が
見てもなるほどと思うもの。
上田で行政の関係機関に行った時にも感じたけれど、今の日本で離農が
進むのは当たり前。特に若年者の就農が極めて難しくて離農が簡単で、
なおかつ農業の未来を語れる人がいないから。「グリーンライフ」も
いいけれど、もっと若者が現実として「いっちょ、やったるかい」と
思うような話題を打ち出しては?
内需ばかりに目を向けないで、これからは日本も農産品の輸出を
考えないと生き残れないのでは?世界をマーケットにできる品目で
生き残っていこう、と言う前向きな考えが必要だろう。
そんな農業青年、探せばけっこういそうな気がするんだけど…。

10年後に日本の農業はどうなっているんだろう?と言う答えが、
定年就農と若者のグリーンライフだけでは寂しすぎる。グリーンライフの
教科書や特集本を読んでいるうちに、だんだん腹が立ってきた。

収入も少なく、支出も少なく、と言う生活が悪いと言っているのではなく、
現実の問題として「お金もないから余所へ情報収集にも行けない」のでは
日本の農業が発展するわけがないでしょう、と言っているだけ。
行政のIターン就農についても、新たに土地を買って機械を買って…と
言う完全自営の人しか考えていないから若者が居着かないはず。
それが依然として主流なのは分かったけれど、現実問題として
若年者は参入するなと言っているようなものだと言うことが
どうして分からないのだろう。

「なぜ新規就農のハードルが極めて高いのか」は関係機関でさんざん説明を
受けたけれど、「どうしたら若年者が(第一次産業しか産業のない)田舎で
居着くことができるのか」については全然アイデアがないようだ。私には、
もっとやり方があるように感じられるんだけど。

口でいくらIターン歓迎ですよと言っていても、田舎の過疎化が進んでいく
のは、現状では必然と言わざるを得ない。新規参入へのハードルの高さを
唱うだけで、語るべき未来がないからだ。
未来を語れない地場産業に若年者が居着くとでも思っているのだろうか?
| SHO | Iターン | 02:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
Music Baton
短歌人+中部短歌の春畑茜さんからMusic Batonが回ってきました。

■ 質問
・Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
  約9GB

・Song playing right now (今聞いている曲)
  PSY.S 『薔薇とノンフィクション』

・The last CD I bought (最後に買ったCD)
  THE BOOM 『FACELESS MAN』

・Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
   9 × forever』(槇原敬之)
  ◆The Never Ending Story』(Limahl)
  『Flashdance...What A Feeling』(Irene Cara)
  ぁ慇弔い靴困』(石嶺聡子)
  ァTake a chance on me』(ABBA)

・Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)

柴田瞳さん、吉浦玲子さん、天道なおさん。知り合いが少ないので3人だけ。
| SHO | 音楽 | 12:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
買い出し
今日は午前中から湯治の友達にテニスに誘われていたのに、
寝ていて行けず。午後からみんなで買い出しに行くそうなので
一緒についていく。長野原と群馬原町のショッピングセンターで
買い出し。草津で普段買い物をしていると、たまに買い出しに
来ると食料品の値段が安〜い。本当にびっくり。やっぱり草津は
流通の終着点なのか。しばらく主食は買い物せずに済みそう。
4月にウォークマンのイヤホンが壊れて、以後は安物のイヤホンを
使っていたのだけれど音質に不満があるのでPanasonic純正の
(いや、安物も純正だったんだけど…)ちゃんとしたイヤホンに
買い換える。一曲聞くだけで音質がまるで違う。1500円払った
価値はあったな。1000円とはえらい違い。低音域の音が抜けない。
こういう買い物は、やっぱり草津ではダメみたい。
やっぱり、草津は物流の終着点なのだろう。
| SHO | 湯治 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日も猛暑
今日も猛暑。本当に暑い。
湯治、特にアトピーの人にとっては猛暑が本当にこたえる。
それでも30度に達しないあたりがさすが草津。標高1200mは
ダテじゃないってことか。日暮れになって、涼しくなって
くると一気に気温が下がるのもさすが草津。本当に、東京
よりもはるかに過ごしやすい気候。冬の寒さに慣れられる
人なら、草津の方が東京よりも住みやすいと思う。私は
草津の気候が大好き。
なんとなく、何にもしない一日。そんな暇ないはずなんだけど。
| SHO | 雑談 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
猛暑
草津に帰ってきたら猛暑。たまらん〜。
東京はなおさら暑いらしい。草津でも気温は28度。
昨日は22度だったからえらい違い。帰省したら
「東京は明日から暑くなる」と親が言っていたけれど、
草津にとっとと帰ってきて本当に正解。長野の気温が
33度もあったのが驚き。もしかすると来年から上田で
なく長野周辺に住むかもしれないので怖れおののく。
いずれにしても、該当進路のホームページを見ながら
結論の出ない一日。上田まで相談しに行きたくても
遠いのが本当に困る。
| SHO | 雑談 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
やっと草津
昨日は7時半に起床。
朝ご飯を食べてから、親と散歩に行こうとしたら
猛暑で断念。10分出歩いただけでもう汗だく。
東京に帰ってきたら大宮から先の京浜東北線の
夕方ラッシュを見ただけで気持ち悪く感じたし、
改めて東京にはもう住めないと感じる。なんとなく
ダラダラして、少し早めに昼ご飯を食べてから
出発。親はもう一泊くらいして欲しかったみたい
だけど、こちらは一刻も早く草津に帰りたい。
真っ直ぐ乗り継いで草津に帰ったのは18時前。
継続して入るにはお湯が少し強すぎるけれど、
ここのお湯が自分の身体には今一番合っていると
実感。やれやれとホッとする。
| SHO | 旅行 | 01:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
帰省
昨日は7時半に起床。昨日の洗濯物は乾いている。
9時半からハローワークで打ち合わせる予定が、
別所線に乗り遅れて次の列車でスタート。それでも
20分くらいの遅れで済んで良かった…。朝の9時半と
言うのにサラリとした乗車率なのはどうかと思うけど、
田舎の公共交通機関としてはこれでもよくやっていると
思う。だって2両編成だし。ハローワークの打ち合わせの
結果が重大なので、親に連絡するもつながらず。
軽井沢まで戻ってきてようやくつながって、今日は
このまま実家に帰省することに。横川の鉄道村にも
行きたいところだけど、この荷物の重さではちょっと…。
実家には18時過ぎに帰る。後のことは、いろいろ不愉快な
こともあったので省略。
| SHO | 旅行 | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
上田
昨日は朝4時に起床。足滝は信濃川の川音だけが響きしんとしている。6時58分の始発で出発。
長野で乗り継いで9時52分に上田着。ハローワークで求職情報を調べたり
本屋に行ったりして13時から面談。14時過ぎに終わってから、薦められた
関係部署でさらに追加説明。15時前から始まって終わったのは16時前。結果に
かなりがっかりする。関係部署へ行ったために草津へ帰る時間をなくしてしまい、
新幹線を使おうか迷った挙げ句に断念。もう一度ハローワーク上田で相談の
アポイントを取って、別所温泉のユースホステル泊。かなり疲れているようで
夕食後に爆睡。21時前に起き出して温泉へ。結局寝たのは23時半頃。

| SHO | 旅行 | 13:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
津南
4時40分に起床。旅行中は気が張っているからか、起きるのが毎日早い。
6時ちょうど発の只見線会津宮下行きに乗る。会津宮下から会津川口の間が
不通になっていてバス代行。大型と小型の観光バス2台で足りてしまうのが
悲しい。会津川口の駅の手前で、大きなアーチ橋が座屈を起こしてふたつに
折れ曲がっている。只見線はこの橋の下をくぐっているので、だから不通なのか。
どうやったらアーチ橋が座屈するのだろう。会津塩沢の河合継之助記念館には
一度行きたいのだが今回も降りられず。六十里越トンネルを抜けると標識類は
折れ曲がるわチョコレートケーキみたいな雪の固まりがあるわで豪雪地帯な事が
分かる。小出で一時間あまりあるので市街地へ。暑い。越後川口でも一時間半
あるので歩き回るも市街地そのものがない。震災の爪痕はいまだ甚大。午後の
列車で津南へ。町役場を訪ねるも歩いて回れる観光地はないらしい。それでも
建物の構造が全然違っていたり見飽きない。市街地の本屋でグリーンライフに
関する本を2冊買う。普通の田舎の本屋なのに農業関係の本が充実していて
びっくり。歩いて駅に戻り、2階の温泉に閉館まで篭って体のメンテナンス。
最終の上りで足滝駅泊。

| SHO | 旅行 | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
離仙
昨日は3時に起床。風呂に入って荷物の整理をして7時過ぎの始発バスで
秋保温泉へ。30分ほど風呂に入ってからバスで引き返し、長町から地下鉄に
乗り継いで仙台駅前へ。大学に行って指導教官と面談。講師も交えて一時間半ほど。
職種転換について有益な助言を得られた。これを持って上田に行けば相談できる。
仙台まで来て良かった。面談後は助手と面談してから同級生の友人らと昼ご飯。
みんなM2なのかと思ったら休学してアジア・ヨーロッパに大旅行していたり
博士課程に進学を決めたり普通に就職希望だったりといろいろ。彼らが18の時に
知り合ったのに今年もう24になるんだから速いもの。社会人入学者の友人とも
何人か会えて、仙台出発は4時間遅れたけれど来て良かった。17時発の列車で離仙。
郡山で乗り継いで20時過ぎに会津若松まで来たものの、思った以上に疲れて
いて体調が悪いので駅前のビジネスホテルに投宿。

| SHO | 旅行 | 05:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
大学短歌会歌会
昨日は仙山線の始発で陸前白沢へ。白沢車庫から始発の定義行きで定義へ。
名物の豆腐の油揚げを食べてから定義観音へ参拝。ここに来ると本当にホッとする。
初めてくまなく参拝するあたり、意識の変化に離仙したんだなぁと思う。
一時間半後のバスで引き返し、愛子駅前で下車。地名の由来になった観音様へ
参拝しようとするも分からず。駅前には何にもない。おはぎ屋でおはぎを食べて
時間をつぶす。愛子から15分で秋保温泉へ。一時間弱風呂につかってから
仙台駅前に引き返す。駅前のジュンク堂で岩波文庫の北原白秋歌集を買って
バスで扇坂へ。一年半ぶりに大学短歌会の歌会に参加する。短歌会のOG、
OBからも電話があって嬉しい。久々の歌会で、僕の打ち破るべき殻に関わる
指摘がバンバン出てくれて嬉しい。歌会後には食事会。いつもの「北の家族」で。
ホテルには9時頃帰着。風呂にも入らずに即寝てしまった。

| SHO | 旅行 | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
宮城交通バスツアー
日付変わって昨日は大学のサークルの伝統的イベントに参加してきました。
宮城交通バスツアーと言って、地元の宮城交通と言うバス会社のバスを借りて
県内のバス路線を回るツアーで、もう20年以上も続いています。今回は県北の
気仙沼と言う街に言って、ものすごいローカル路線を何ヶ所か回ってきました。
OBとして参加するのは初めてでしたが、現役会員がたくさん参加していて
良かったです。先輩も後輩も一緒になって楽しめるイベントでした。本当は
打ち上げにも行くつもりでしたが、ホテルに着いて風呂に入ったら疲れて
寝てしまい、行けなかったのが残念でした。前の晩に夜行バスで1時間半しか
寝られなかった疲れがあったようです。

| SHO | 旅行 | 02:53 | comments(2) | trackbacks(0) |
草津出発
夕方に草津を出発。今日はこれから小野上温泉に入って前橋に向かい、夜行バスで
仙台に向かう予定。久しぶりに聞く岡村孝子『夢の樹』がいいなぁ。持ってきた
歌集は岩波書店の佐藤佐太郎歌集のみ。他は時刻表、地図など必要な本ばかり。
その気なら一週間以上の旅に出られる装備。寝袋とマットがあるので野宿もOK。
旅はまだ始まったばかり。楽しみだ。

| SHO | 旅行 | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
食事会
今日は夕方から大家さんの家で湯治者ばかり集まって食事会をしていました。
普段は顔を付き合わせても「あっ、こんにちは」くらいでほとんど会話もしないし、
アパートに住んでいるとなかなかいい意味での長屋暮らしはできないので、大家さんが
傘下の泊まっている人に呼びかけて食事会を開いてくれました。

湯治していると鬱状態になることが多く、そんな話もチラホラ。お湯の入り方も
入る回数も泉質の合ったお湯も人によってみんな違うので、それぞれのやり方に
花が咲きました。楽しかった。

明日から数日間は仙台に行ってきます。携帯電話からの更新になります。
| SHO | 湯治 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
旅あるいは人生の醍醐味について
昨日のブログの続きです。

親友にメールを書きながら、自分の意見を少しずつ整理できているように
思うので、ブログにも転載することにします。

--------以下引用

夕方、泊まる先も決まらぬままに無人駅に降り立ち、あるいは自転車や
バイクで見知らぬ田舎町に着いた時の感情は、寂寥感と不安に満ちて
いるのですが、それこそが旅、大げさに言えばそれこそが人生の醍醐味
なのだと快感に感じる感情もあります。

常にひとりの旅を続けてきたからかもしれないし、「寂しい」と思い、
人恋しくなる一方で、いざ他人とそんな夕方を過ごしたら、そんな時間の
素晴らしさと言うか、旅あるいは人生の醍醐味を味わう時間に他人が
介在することをうるさく思う感情もあるだろうな、と思うわけです。
そんな人生の至福の時間を味わうのを妨げられる、とでも言うか。

だって、人と話していたら寂しくないでしょ。寂寥感も不安もまぎれる
けれど、そんなの旅の時間としてもったいないと言う感情もあります。
そして、人生においてそんな醍醐味の時間を他人と関わることで気が
散ってしまうのは、僕にとっては何とももったいない気がするのです。

そう考えると、僕は草津にいて人生の醍醐味を存分に味わっているのかも
しれないですね。単独行こそが旅の醍醐味を最もよく味わわせてくれる
旅行スタイルだと言う、昔々の僕の考え方はやっぱり正しいんじゃないかと
メールを書きながら思っています。いつからか闇雲に他人との関わりを
求めていた僕は、自分を見失っていたんじゃないかとさえ思います。

僕にとって、チャレンジ20000kmは白いキャンパスに自分を表現していく
手段でした。日本一周のあたりからちょっとおかしくなっていたけれど、
やっぱり日本一周も究極の目的はそうじゃないかな。JR全線完乗の旅は
もう終わったけれど、旅の究極の目的は、旅を通して自己表現をしていく
ことだと思います。旅を通じて自分自身への深い気づきを得、自分の
感覚を外界に開放していくことで自分を表現するためには、旅はどうしても
単独行である必要がある。単独行であれば、旅の事物のひとつひとつに
心を奪われないことはないでしょうが、他人との旅であればどうしても
同行者との関わりに心を奪われ、結果として旅の事物への注意がおろそかに
なるおそれがある。僕には、そんな時間がとてももったいなく、そして
口惜しく感じるのです。

なんて語っていると、自分の好きな自分自身に立ち戻れる気がしますね。
もっと僕の旅はストイックだったはずだと思うので。僕はストイックな
自分が大好きです。そうでない自分も自分自身だけど、あまり好きでは
ありません。より良い自分自身との関係を築きたければ、ストイックに
あることだ、と思うのです。
| SHO | 旅行 | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
見知らぬ街・草津
夕方、風呂に入りに行こうと歩いていて、目的地の「煮川の湯」の手前にある
「大瀧の湯」の前まで来たところで、普段は目に止まらなかった草蒸した階段を
見つけました。まだ日暮れまで多少時間があるし、行ったれ〜と階段を上がり、
まだ私が歩いたことがない草津の街を歩いてみることにしました。

そこは住宅街。草津にこんな住宅街があるなんて知りませんでした。内湯旅館が
いくつもあって、とても静かなたたずまい。町営住宅でしょうか、草津にこんな
建物があるの?と思うようなおしゃれな形のマンションが並んでいて、たくさんの
家庭の匂いがする。草津の外周道路であるベルツ通りに出ると湿地帯がある。
同じ草津でも、なんだか別の街に来たようでした。

見知らぬ街を歩く時の、独特の寂寥感と押しつぶされそうな不安。好きか嫌いかと
言う問題を越えて、私にとってはこれが原体験なのだと思い知らされました。
小学生の頃から家出少年だった私は、歩いて家出していたので、夕方の見知らぬ街を
ひとりで歩く体験を子供の頃にたくさんしています。その体験が私を野宿に向かわせ、
鉄道や自転車、バイクで放浪する旅に向かわせ、繰り返し繰り返し原体験を味わう
人生に向かわせているのだと強烈に感じずにはいられませんでした。

私が好きな歌手として、このブログで名前がよく挙がる鈴木祥子の歌は、聴いていると
そんな旅の途中で感じる寂寥感や押しつぶされそうな不安を蘇らせてくれるのです。
そして、夕方の田舎町をひとりで歩いているような気持ちにさせてくれます。
私がそんな旅、そんな人生に憧れていないと言えば嘘になるでしょう。

草津の住宅街を歩いていると、寒冷地、積雪地であるせいか、ここにクリスマスの
イルミネーションを飾ったらさぞきれいだろうな、と思わせる見事な一軒家が
続いています。ただの「家」と言うよりは、その人の人生が作り上げた「作品」と
でも言うべき家。家のひとつひとつには、建てた人のこだわりが見える気がします。
いつの日か、そんな生活を自分も持つ日が来るのでしょうか?

ペンション街を抜け、住宅街を抜けて歩くと、ほどなく「ここより20m先は車両通行止め」
の看板があります。「車両通行止め」ってことは人間は通り抜けられるのだろう、
と考えて歩いて行くと、ほどなく全く知らない景色が広がりました。

一本の川筋に沿って重層的に並ぶホテル群。でも、どこの辺境の温泉街だろうと
思うようなひなびた景色。曇天の夕暮れ、温泉街のすぐ裏山まで厚い雲が迫り、
まるで川筋に身を寄せ合うように低い旅館の屋根が続いている。旅館は川筋に沿って
並び、川から段丘を上がった台地の上には一般の人が住む家々の明かりが続いている。
目の前に見えるホテルがどこのホテルなのか、しばらく分かりませんでした。

位置関係をようやく把握した時、草津の街は湯川の川筋に沿って発展した温泉街
なのだと言うことが実感できました。今までは街の中心がどこだか分からないような
印象がありましたが、そうじゃない。日本を代表する大温泉ではなく、日本の
どこにでもある、辺境の温泉街が目の前に広がっていました。

街の中心街では湯川は暗渠となるために草津の街はまとまりがなく広がって見える
のですが、川筋が見えていれば、車一台がまともに入れないような狭い川筋の道に
沿って温泉旅館が立ち並ぶ街、おそらく山形県の銀山温泉や秋田県の湯瀬温泉のような
街だったに違いありません。「あぁ、そうだったのか」と深く納得する思いでした。

崖を下りる道を下りて「煮川の湯」に着くと、毎日見ている景色が広がっていました。
でも、いつもと同じ景色なのに全然違っていて、とても好ましく見えました。
これこそが「旅」の至福体験なのだなぁ、と思いながら風呂に入りました。
| SHO | 旅行 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
森林インストラクター
大家さんと立ち話をしていて、「草津に通える範囲で住もうと思っているんだけど、
どんな仕事をしたらいいのか、自分の中でビジョンが全然思い浮かばない。まさに
『陸に上がったカッパ』です」って話をしてたら「森林インストラクターなんてどう?」
とのこと。さっそく調べてみたら、要するに「現代版:森のもの知り」を資格として
認定したもののようです。一次試験と二次試験があって、筆記の一次試験突破が
合格率6倍と難しいそうです。

全国森林インストラクター会
http://www.shinrin-instructor.org/


全国森林レクリエーション協会
http://www.shinrinreku.jp/top/index.html


う〜ん。
たしかに私は草津の自然環境は好きで、テクテク歩いて買い物や風呂に行く間に見られる
山の景色に毎日癒されているわけですが、これを仕事にするのか…?あんまり考え込んでも
仕方ないし、ビジョンがないなら素直に乗る、と言うのも手なんですが。

ちょっと、まだ考えています。

買い物に行こうとしたら、通販で頼んでいたTHE BOOMのアルバム『FACELESS MAN』が
届いていました。今は徳永秀明の『Realize』(これも名盤!)を聞きながら書いている
のですが、『FACELESS MAN』もこれからじっくり聴くつもりです。
| SHO | 再就職 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
懐かしきガールポップ
1990年代を通じて、ガールポップと言われる女性歌手のムーブメントがありました。
「ガールポップ」と言うテレビ番組もあり、同名の雑誌もありました。合同でライブを
行ったりもして、今はなき日清パワーステーションがいつも会場として使われていました。
特徴なのは、いわゆる「歌手」もいましたが「シンガーソングライター」が多かったこと。
少なくとも、作詞か作曲のどちらかは歌い手本人が行っているケースが多かったのです。

ガールポップの中でも、知名度で代表格を言うと森高千里、谷村有美、久宝瑠璃子、篠原涼子、
岡本真夜、華原朋美と言ったところ。雑誌ではMAXとか安室奈美恵も表紙によく取り上げられて
いましたね。でも、ガールポップらしいのはそれより少し知名度が下の人たちで、橘いずみ、
加藤いづみ、井上昌己、相馬裕子、西脇唯、鈴里真帆、篠原美也子、鈴木祥子、宇井かおり、
熊谷幸子などなど。ガールポップに該当する女性歌手はまだまだいますが、私が実際に聞いて
いたのはこのくらい。これだけ名前を出して全員分かるアナタは相当なマニアです。

私は1975年生まれなので彼女らの世代よりはやや下になります。なんで聞いていたかと
言われたら、彼女らのルックスのせいと言えなくもないですが、私は自分よりも少し上の
世代の身近な成功話や日常の話を雑誌『Girl Pop』で読むのが好きでした。この中でも、
特に鈴里真帆は私と世代がほとんど同じこともあり、同世代的な連帯感を感じていました。
やや奥手だった私は、10代後半はまだ恋に憧れている世代でもありましたし、同世代から
少し上の世代の恋愛の歌も魅力的でした。純粋に音楽も良かったですけどね。

彼女らのムーブメントの最盛期は1993〜1996年くらいでしょうか。1998年頃から2000年頃に
かけて続々とメジャーレーベルからの契約を切られる人が出てしまい、結婚して活動を
休止した人も多くいたので、活動休止の期間を挟まずに現役でメジャーレーベルに残って
いる人は多くありません。私が知っている限りでは、上に挙げた人の中では鈴木祥子だけ。
でも、彼女らの多くは現在は独立レーベルを立ち上げたりインディーズで生き残っています。

私自身がGirl Popの多くのアーティストから離れていったのは1998年頃から。ちょうど
ムーブメントが終わりを迎える頃ですが、ある程度成功した彼女らの音楽が次のステップに
踏み出して、楽曲が私にはいいとは思えなかったことが最大の要因。同世代の連帯感みたいな
ものを感じていたのが、勝手にディープな恋愛の曲ばっかりになって、「別に恋愛の曲を
聞きたいわけじゃないんだけどなぁ。恋愛の曲なら他にいくらでも代わりはいるのに」と
別の人の曲を聞くようになった、と言うのが真相です。私の場合、TM NETWORKなど、
彼女らよりも少し上の世代の音楽を本格的に聴くようになったのがこの頃です。

ちょうどその頃、雑誌『Girl Pop』も売れ筋の人ばかり取り上げるようになって、あんまり
知られていないシンガーソングライターを探すのが面白かったのに、他の音楽雑誌と差別化が
図れなくなってきたことで余計に興味がなくなって行きました。生き残る道がなかったわけじゃ
ないのに、自分で自分の首を絞めて行った人が多かったのではないでしょうか。多くの人が
今も活動していますが、現在も新しいアルバムが出たら買って聞く、と言う人は少ないです。

今、この日記を書きながら西脇唯と鈴里真帆を聞いています。どちらも一時期は相当にハマッた
ものですが、今聞いてもやっぱりいい音楽。特に鈴里真帆のデビューアルバム『Girly』は、
1995年の青春のアルバムとして必聴の一枚です。
| SHO | 音楽 | 05:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
目ばちこ
さっき風呂に行ってきて、帰ってきて鏡を見たら右目に巨大な目ばちこが出来て
いました。「目ばちこ」とは関西弁らしく、関東では「ものもらい」って言いますね。
瞼の裏側に膿が溜まって大きく膨らむヤツのことです。

草津温泉は目にいいことでも有名で、町内に眼科は一軒もないそうです。風呂に
入りに行く前に鏡を見た時には何ともなかったのに…。即つぶしても大丈夫な
くらい膿の部分が飛び出していたので、即つぶしました。温泉のすぐそばに住んで
いなかったら眼科に行くところですが。目ばちこが出来たのは1年半ぶりのことです。

瞼や眉毛、胸など、どう見ても中身が薄そうな場所から膿が吹くことが多いんです。
今回も、どうして突然巨大な目ばちこができたんだろう。あんな大量の膿がどこに
隠れていたんだろうかと不思議で仕方ありません。今も右目の視界の隅に残骸が
飛び出していて、なんだか気持ちが悪いです。

また、スパムメールキラーが誤って必要なメールを消してしまうことが初めて発生。
幸いログが残っていたので削除したメールの内容は確認できましたが、許可リストに
加えていなかったメールアドレスからのメールだったので仕方ないですね。
| SHO | 雑談 | 03:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
willcomの大学生CM
先日、テレビを見ていたらwillcomのCMを見てグッと来てしまいました。
大学生になって上京(でしょ?たぶん)したのはいいけれど、友達ができなくて
コンパでも孤立してしまって、でもお父さんからは「元気か?」って電話が
しょっちゅうかかってくる、と言うやつです。URLはここ。

http://www.willcominc.com/corporate/gallery/cm/movie/chichimusume60.wmv

あのCM見て、なんで自分の生活がCMになってるんだ?と思った大学生が相当
いたんじゃないでしょうか。私もいろいろ憧れて大学生になったものの、
現実はうまく行かなくて大学時代は辛かったのを思い出しました。しかも、
私の携帯は本当にwillcomですし。私の大学生活もあんな感じでした。大学を
休学しちゃった今は、振り返ると大学時代の後半はサークルの後輩や先輩に
恵まれたなぁって感謝していますけどね。でも、同級生の友達は最後まで
あまりできなかったな。

willcomの前身だったDDIポケット時代からもう5台目になりますが、今は俗に
京ぽんと言われる、京セラのインターネットし放題の端末を使っています。
だから草津にいてもインターネットの接続は定額でつなぎ放題なんですけどね。
私みたいに長期で実家を離れていて、でも自宅回線引くような状態でもない…
と言う人には本当に便利。

大学生当時は仙台に住んでいたのですが、私が大学に入った当時はH"使いが
相当いたんですよ。私は大学1年の時にdocomoからH"に変えたんですが、大学時代も
後半になるとみんな機種変更でdocomoとかauにしてしまって、最後までH"で
残った人はあまりいませんでしたね。田舎に行くとH"は今もまだ通話エリアが
全然足りないので仕方ないですけど。

あのCM見てwillcomに入ろうかなぁ、って思った大学生が相当いたんじゃないかな?
少なくとも、大学生世代にはすごく身につまされるCMで大学生の共感は得たん
じゃないかと思います。大学生間での知名度も相当上がったと思うし。

安易に安きに流れることなく、でもあのCMの主人公がうまく幸せになってくれると
現実にはうまく行かなかった私としては嬉しいなぁ。ちょっと希望が持てる
気がします。
| SHO | 雑談 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(1) |
列島トラック3万キロを見て
今日、NHKスペシャルでトラックドライバーの同乗記録がありました。
私も運輸業界にかつていたのですが、見ていて辛かったです。時間に追われ、
睡眠時間の不足と戦い、家にも帰れず、事故を常に恐れながらの仕事。安全とは
ほど遠い環境でも安全を保たねば仕事にならない。私が運輸業界にいた頃に感じて
いたことが、さらに深度化して今は存在していると言う事実。私は仕事を辞めて
正解だったのかどうか、考えてしまいました。正解だったとは言えないけれど、
かと言って間違いだったともやはり思いません。

登場するトラックドライバーが一仕事の単位を「航海」を読んでいるあたり、
実際の船乗りだった私には気持ちが分かります。

長崎に住むドライバーが名古屋に住む娘さんの婚約者と会うシーンがありましたが、
仕事との兼ね合いで娘さんとの時間をなかなか作ってあげられず、一度キャンセルして
二週間してようやく会えたシーンがありました。私も乗船中に船長の娘さんが
突然結婚することになって、その電話の取り次ぎと第一報を当直航海士として
受けたことがありますので、その時のことを思い出しました。なかなか、家族の
大事な場面に立ち会えないんですよね。こういう仕事って。離婚して子供4人を
育て上げて、「娘は自分のことを許してくれないのではないか」と語っていた
シーンがとても印象的でした。

今、朝日新聞富山版で昨年の海王丸座礁事故を扱った特集をしています。
http://mytown.asahi.com/toyama/
私も乗船中に事故にあった経験がありますが、事故に遭わなければ仕事を辞めて
いなかっただろうと思う反面で、事故にあった後でショックと重責を天秤に掛けて
結局辞めた自分が弱かったとも思います。でも、一度事故を起こせば大変な結果を
招くことが分かっていて、自分がその当事者から逃れ得ることは仕事を続けている
限りあり得ないこと。私の回りにも船を下りた人が他にいますが、事故の影響が
社会的に甚大である大型船舶の場合、船を下りる決断が間違いだったとは到底言えない
とも感じます。

NHKスペシャルで最後に言っていた言葉がとても印象的でした。

「もし今が30歳くらいだとしたら、人生をやり直したい。運転手じゃなくて」

まるで私に向かって言われたような言葉。次の瞬間「どうやり直す?」とテレビに
向かって問うている自分がいました。答えは、まだ分かりません。
| SHO | 海事 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
記憶をとどめる
今、過去の記憶を急速に忘れて行っているのを感じます。机に向かいながら、
過去の記憶を短歌の形でとどめることを始めています。おそらく、あと10年したら
私の過去の記憶は相当消えていると思いますので。忘却は精神衛生上いいと
書きましたが、一方で残した方がいい生の記録もある。過去を忘却する前に
今一度思い出して短歌に記録しておくべき歌もある、と言うことです。
| SHO | 短歌 | 04:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
遠くなる過去
歌人の塚本邦雄さんが亡くなったそうです。
私は面識がなかったのですが、私が初めて短歌雑誌に依頼原稿で歌を載せたのは
今はなき『短歌朝日』の塚本邦雄特集だったので、ご冥福をお祈りします。

昨日の夜から今朝にかけて、軽い気持ちで詠み始めたら一気に40首あまり詠めて
しまいました。実働4時間くらい。今まで準備していた「心の花賞」の準備作品と
入れ換えるかもしれないので中身は公表できませんが、ほとんどが写生詠です。

忘れようとしていたわけではないけれど、過去がどんどん遠くなって行きます。
10年前の記憶なんて、ほとんど今は忘れてしまっていますね。でも、聞いている
音楽は10年前とあまり変わっていなかったりして。忘れることは精神衛生上
とても良いことだと思います。

そのうち取り上げるかもしれませんが、最近はTHE BOOMをよく聞いています。
彼らの音楽はカッコ悪いけど、聞きながら考えてしまいます。「生きているから
時間が過ぎるのか、時間を潰すために生きているのか」って。

過去を振り返らないために10年の時間が必要でした。そのために失った時間は
とても長く感じたけれど、今振り返ると嬉しくも悲しくもない。多くの人が
くぐってきた道を私もくぐるだけです。

人は個別に絶対的に孤独な存在である、と思います。それはどんなに人付き合いが
上手くなろうと回りにどんなに支えてくれる人がいようと変わりません。人の悲しみ、
苦しみは共感することができても、その人に成り代わって喜ぶことも痛みを
引き受けることもできない。

ただ、その人の道を行くだけなのだと思うのでした。
| SHO | 短歌 | 03:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
2006スキーカタログ
2006年版のスキーカタログ、第一弾が出たので、しばらく迷っていたのですが買ってきました。
私はまだスキーカタログを見て「あれがどう、これがどう」と言うことが言えるレベルには
達していませんので、カタログよりもむしろ他の記事、例えば選手へのインタビューとか
オフトレーニングのヨガとか、そう言った話題の方が面白かったです。

私も就職したらスキーセットを買いたいと思っているのですが、今のところ求めているのは
コブ、急斜面、整地、不整地いずれでも滑れるスキー。私は強く踏み込むらしいので、
踏み込みに耐えるトーションが硬めのスキー。そして機動が素直なスキー、と言った
ところでしょうか。モーグルは興味がありますが、パークやハーフパイプは今のところ
考えていません。

そう考えると、フリースキー以外でなら見た目の選択肢が多いんですよね。自分で
決めると訳が分からなくなりそうなので、私は自分の意見もしつつ私の滑りをよく知って
いる人に決めてもらおうと思っています。

まだ私が滑った経験は1シーズンの後半だけですが、草津で滑り込んで最後の方は
とにかく急斜面と未圧雪の斜面、そしてパウダースノーが好きでしたね。ゲレンデでも
ロングクルージングするよりはひたすら急斜面と未圧雪斜面に行っていました。
コブとアイスバーンは、今のところ好きとはまでは言いませんが、あれば滑れる
くらいの技術は欲しいところ。

正直の話をすると、私は高所恐怖症なのでアイスバーンの急斜面は怖いんです。
スピードが出て、止まれない訳ではないけれど余裕がなくなります。未圧雪の急斜面なら
大好きでしたが、こちらは止まるも止まらないもスピードそのものが出ないですからね。

あと半年で冬が来ます。その頃、私はどうしているんだろう。スキーは昨シーズンの
愛機だったOGASAKAのレンタル用がお気に入りなのでそれをレンタルすればいいですが、
スキーブーツくらいは買えるようになりたいな。不安な毎日ですが、身体を治すしかないです。
| SHO | スキー | 00:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
ご当地チェック
ご当地チェックと言うサイトがあります。

http://www.linkclub.or.jp/%7ekeiko-n/go.html/gototi.html

いろんな「ご当地の思い当たること」を挙げているサイトなのですが、めちゃめちゃ
面白くて笑えます。私自身は兵庫県の出身ですが、あちこち移り住んでいるので、
自分がどの都道府県のご当地チェックをするかの順番で自分の中の意識が分かって
面白かったです。ちなみに、私が覗いてみた順番は

兵庫→宮城→山口→茨城→群馬で、実家のある千葉県は覗いていません。千葉県には
住民票があるだけで、実際に住んだ期間は短いし千葉のことは今も全然知りませんので。
実際に住んだ順番は大阪→神奈川→兵庫→大阪→兵庫→山口→東京→千葉→宮城→千葉
→(現在は群馬?住民票は移していませんが…)です。

私が見たご当地チェックの中に、私の住んでいない県がひとつあります。それは「茨城」。
深く納得してしまったのですが、宮城県のご当地チェックにはこんなものがあります。

● 東京(首都圏)には反骨心はないが、茨城には強いライバル心がある。

たしかに、私も含めて宮城の人って「茨城は南東北」と信じて疑いませんものね。
同様に、千葉県の人は「埼玉は千葉より田舎」と信じて疑いません。だって、
ディズニーランドも成田空港も千葉ですからね。「東京」では断じてありません。

以下、深く納得したものを兵庫県から並べてみます。

●  道路の北を「山側」、南を「浜側(海側)」という。
●  電車は必ず東西方向に走っていると思っている。

西宮出身の人は、普通にそう思っていますね。阪急今津線と甲陽線は例外。

● 大阪空港を伊丹空港と呼ぶ。

大阪では大阪空港と言うのかもしれませんが、兵庫県民は普通に「伊丹空港」です。

● 国道43号の防音壁は意味があるのかと思う。

阪神沿線の西宮・芦屋市民にはよく分かる話。

● 尼崎市は大阪府でもいいと思う。

そう思ってます。だって市外局番が06だもの。

● 六甲おろしの正式タイトルは「阪神タイガースの歌」だということは百も承知だ。

某アーティストのライブで「六甲おろし」を歌ったら会場内の全員が歌えたそうです。

● 阪急線を使ってる自分が好きだ

阪神間の住民は山側ほど偉くて、阪神沿線の人はヒエラルキーの最下層です。
かく言う私は阪神沿線の出身。阪急は一番山側を走っていて、ステータスが高いのです。

次は宮城県です。
● 牛タンには、必ず麦飯とテールスープをセットにしなければはじまらない。

仙台では、麦飯とテールスープなしで食べたことはありません。

● 大衆食堂「半田屋」と「はんだや」に一人で行けない。

これはどうでしょう?私はひとりで行ってましたが。

● 地下鉄南北線は成功したが、東西線はこのままではマズイと感じている。

マズイと思ってますね。この日記でも書いたことがあります。

● 水時計がなくなった今でも「待ち合わせは水時計」である。

今は「水時計跡」って言ってます。

● 「OH!バンデス」のペデストリアンデッキロケにでくわしても、平然と横を通れる。

毎晩のことです。

次に山口県。
● 会話の中で「ぶち」を頻発する。

「ぶち」とは「すごく」の意味。頻発しますねぇ。「ほい」もよく出ます。
「じゃあ」と言うところを「ほいじゃあ」って感じで。

● 語尾に「〜っちゃ」をつけまくり、「ラムちゃんみたい」と言われたことがある。

「ラムちゃんみたい」とは言われたことがありませんが「〜っちゃ」は今も時々出ます。

● 「やまぐち」の「や」にアクセントをおくと山口市、「ま」におくと山口県のことをいう。
● 「岩国」のアクセントは「イ」が高くなる。

どちらもそうです。ちなみに私は周防大島在住でした。

● 大島は、金魚の形に見える。

って言われてます。大島を正式名称の「屋代島」とは誰も言いません。

そして、どうしても付け加えたいのが大阪。これも深く納得…。
● 「スジャータ、スジャータ、白い広がりスジャータ。スジャータが9時をお知らせします」。
時報CMといえばスジャータである。

これ、私は今も歌えます。時報じゃないけど「放出中古車センター」もそう。
今もあのCMやってるのかな?

● 「バーン」と銃で撃つマネをされると「ううっ」っとやられたリアクションで返すのは礼儀だ。
● ボケた後、頭をしばかれても腹が立たない、というよりしばかれるのを望んでいる。

関東にいると、ボケても誰も突っ込んでくれなくてシラーッとした目で見られるので困ります。

● 「ABCDE〜す」正しい読み方を知っている。

「ABCで〜す」じゃないの?

● 家の自転車に「さしたまま傘を立てる棒」がついている。

関西以外では、これ付いてないんでしょうか?

● ♪腹減った〜めぇしくわせ〜♪と、お茶碗をお箸で叩きながら歌ったことがある。

あるある。

● 551という数字を見ると、豚まんかアイスキャンデーを連想する。
● 食べ放題は味わうよりモトを取ることが大切。

551懐かしいなぁ〜。また食べたい。大阪で豚まんと言えばこれ。
食べ放題、飲み放題でモトが取れないと悲しくなりますね。貧乏性?

● 「モータープール」という言葉が他地域では通じないことに軽いカルチャーショックを受けた。

これ「駐車場」のことです。

● 電車の接近表示は二駅手前から表示してあるのが当たり前だ。

関西の電車はみんなそう。東京はなぜ「前の駅を出てから」表示なの?意味ないやん。

● おつり300円を受け取るとき「はい、お釣り300万円〜」と言われたことがある。

これ、東京でも言うよ〜。浅草の浅草寺で言われたもん。

● なんばウォークのことを今でもたまに「虹のまち」といってしまう。
● 同様に、ホワイティ梅田を、今でもつい「ウメチカ」 と呼んでしまう。

今は「虹のまち」とか「ウメチカ」って言わないんですね。知らなかった。

私は一番長く住んだ関西ももう15年近く前に離れているので、本物の地元民には
「こいつ、知ったかぶりしてる」って思われるかもしれませんが、それはどうぞご容赦を…。
それにしても、誰がこんなの考えたんでしょう?うん?と首をかしげるものもありますが、
ほとんどは深く納得してしまいました。面白かった。
| SHO | 雑談 | 02:04 | comments(2) | trackbacks(0) |
W杯進出決定と今岡満塁弾とイカサマ内野安打と
今日は悲喜こもごものスポーツ結果でした。
まず、日本のワールドカップ出場決定!!これはやっぱり嬉しい。日本が決まったので、
私は次は韓国の応援です。韓国にもぜひ頑張って欲しい。02年の共同開催の時も私は
両方を応援しましたから。日本は青、韓国は赤とチームカラーも対照的ですが、
隣の国として心から応援しています。

次に、タイガースは今日も勝ち。藤川が追いつかれたところで9回に今岡のプロ初の満塁弾で
勝ち越し。メデタシメデタシですが、阪神では最多登板の藤川も今日は救われたでしょう。
いつも藤川がピシャッと抑えてくれたおかげで勝てていたわけですから、今日は恩返しですね。

そして…マリーンズ対巨人の戦いでは、信じられないプレーがありました。キャッチャーが
バント処理しようとしたところに右のバッターボックスから一塁に向かう矢野が接触!と言うか
見た目にはタックル。どう見ても明らかな守備妨害だと思いますが、これが何と守備妨害を
取られずに内野安打の判定。打った矢野がキャッチャーを避けるのが下手なだけなんですが、あれが
守備妨害にならないとはねぇ…。たとえ故意ではないにしても、あのプレーは守備妨害でしょう。

交流戦をテレビで観戦していて、巨人の試合は審判の判定に首をかしげるものが多すぎます。
これで100%公平に試合がジャッジされていると考えるのは、あまりにお人好し過ぎるでしょう。
こういうところから球界改革をしていかないと、本当にプロ野球の人気が回復するとはとても
思えないのですが。ナベツネ氏の球団会長就任と言い、巨人とそれを取り巻くプロ野球に
関わる人たちの意識は、いまだに悪い意味で古い時代の意識から覚めていないようです。
| SHO | 阪神タイガース | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
携帯から更新
今までモブログの使い方を知らなかったのですが、このほどやっと覚えたので初更新です。
私は京ぽん使いなのでもともと携帯からのブログ更新ができるのですが、メールを送る感覚で
ブログ更新ができたらもっと便利ですね。


| SHO | 旅行 | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
80年代洋画サントラの面白さ
フラッシュダンス ― オリジナル・サウンドトラック
フラッシュダンス ― オリジナル・サウンドトラック
サントラ, アイリーン・キャラ, シャンデイ, ヘレン・セント・ジョン, カレン・カモン, ジョー・エスポジト, ローラ・ブラニガン

最近、80年代の洋画のサウンドトラックを聞いていることが多いです。私が持っているのは
『Flashdance』『Footloose』『The Never Ending Story』『Top Gun』『Ghostbusters』
と言ったところ。いずれもテーマ曲が抜群に良くて、純粋に音楽CDとして聞いても素晴らしい。

私が生まれて初めて買った音楽CDは『Top Gun』のサントラでした。私が小5の時に『Top Gun』が
公開されて、その時は見られませんでしたが、中2の時にテレビで初放映されたのを見てハマリました。
文庫本も買ったし、それはもう毎日のように『Top Gun』を見てました。オープニングで、
空母艦上のF14戦闘機の発鑑シーンをバックに盛り上がっていくテーマ曲と、Kenny Logginsの
『Danger Zone』が子供心にカッコ良かったなぁ。映像もあの映画はカッコいいんですが、
音楽もカッコよかった。でも、サントラを買ったら映画には入っていない曲が入っていて、
逆に映画の中で好きだった曲が入っていなくて少しガッカリした記憶があります。

それと、忘れられないのが『The Never Ending Story』。オープニングで流れる、Limahlが
歌うテーマ曲が限りないファンタジーの世界へ引っ張っていくようでワクワクしました。
今、ちょうど原作のミヒャエル・エンデ作『はてしない物語』を読んでいますが、原作を
読むときのワクワク感と同質のワクワクを音楽でも味わわせてくれて、これも素晴らしい。
亡くなった姉がこのサントラをレコードで持っていて、その意味でも私には思い出深い一枚です。

次に、テーマ曲が大好きなのになぜか見ていないのが『Flashdance』。これは純粋に音楽として
好きになったからで、父がこのサントラをテープで持っていたこともあり、子供の頃から不思議と
馴染んで聞いていました。テーマ曲のIrene Cara『What A Feeling』はイントロがとても印象的で、
私はこの曲を聴くと曇天下の空港をいつも思い浮かべます。遠くに行く時の緊張感を感じるのです。
この曲は今も私の着メロに入っていて、サビからとイントロからの2バージョンの着メロを相手によって
使い分けています。両方揃えるほど『What A Feeling』は好きな曲です。

残り2枚はサラッと流しますが、『Ghostbusters』は私が中学生の時に流行っていました。
おかしいなぁ?この映画、公開されたのは1984年なので私が小学生の時なんですが。
この映画のテーマ曲は英語初心者が聞くのには最適な中学生英語で、中学生でも簡単に
聞き取って意味が分かるからだったんでしょうか?『Ghostbusters 2』は私も現役世代なので、
たしか見たこともあるはず。少なくともストーリーは知ってます。

『Footloose』は、この手の有名アーティストの未発表曲を集めたサントラの成功例として
有名らしいのですが、私は草津の図書館でこの映画のサントラを見つけるまで、どんな映画なのか
知りませんでした。今も知っているのはあらすじだけ。でも、このアルバムから受けるアメリカに
対する印象は、私が高専時代に交友のあったアメリカ海兵隊岩国基地の人たちの印象と一致して
いるなぁ。私はアメリカと言う国に対して好意的な方ですが、それは当時の印象がとても良かった
からなのです。海兵隊岩国基地も現地で問題がなかったわけではないんですけどね。

これらの音楽は、いずれもほぼ20年前のもの。でも、今聞いても全く古さを感じません。
全米No.1を獲得した曲がこれらの中に何曲もあるのもうなずけます。でも、実は、
これらのうち私が見たことがある映画は『The Never Ending Story』と『Top Gun』だけ。
他の映画も見たいと思いつつ、まだ見られていません。草津にいれば見る時間は山ほどある
はずなんですが、うちにはビデオデッキがありません。でも、いずれ見たいですね。

これらのサントラを通じて感じるのは、いいサントラは音楽として素晴らしいだけじゃなく
音楽を聞いて「この映画を見たい!」と思わせてくれると言うこと。もちろん、すでに映画を
見ている場合は、いいサントラは映画の印象を決定づけると言うことでもあると思います。
| SHO | 音楽 | 03:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
蕎麦つゆ入れ忘れ事件
今日の晩ご飯は天ぷら蕎麦。おいしそうなかき揚げがスーパーで安く売っていたので、
家に帰ってからいそいそと作って食べました。

ところが、どうも味が足りない…。蕎麦はちゃんと入っているし、辛味も効いているし、
なぜだろう…。よくよく考えてみて思い出しました!「そばつゆを入れるの忘れた!!」

道理で味が足りないわけです。ドボドボとそばつゆを入れると、なんとか食べられる味に
なりました。食べ終わる前に気づいて良かった〜。

今日はマリーンズが2-1で勝ち。数字以上に少ないチャンスを活かして勝った試合展開でした。
エラーがらみのランニングホームラン(エラーがからんでいるのでホームラン認定は
されないみたいですが)と1アウト2,3塁からスクイズでの2点。せこい点の入れ方と言う
人もいるかもしれませんが、スキあらば点を取っていく姿勢は高く評価されるべきでしょう。

群馬ではタイガースの試合を中継してくれなかったので見られませんでしたが、タイガースも
4-2でオリックスに勝ったようで何より。アニキの31球場目の本塁打は明日におあずけのようですね。

短歌結社の結社内短歌コンクール「心の花賞」の〆切が今月末。リニューアルしてから
もう5年目なんですね。かつて安藤美保さんが第一席を取った結社内賞のリニューアル版です。
今回、初めて応募予定で準備を進めています。短歌研究新人賞の応募詠草に納得が
いかなかったし、まだまだ余力もあるので次の賞に応募することにしました。
短歌研究新人賞は30首詠でしたが今回は20首詠。2/3の量だから詠いやすいかと言うと
そんなことはありませんが、着々と準備を進めていきたいです。

それにしても、良かったと思うのは6月1日〆切の短歌研究新人賞に応募していたこと。
30首をまとめるのに100首以上詠みましたが、その積み重ねがなかったら結社賞に
応募しようとは思わなかったでしょう。先月と今月だけでも歌が少しずつ変わってきて
いるので、今度こそ納得いく作をまとめたいです。

なんて言って、納得いかな〜い!と一生言っているかもしれませんが、それはそれで
いいでしょう。自分の今に落ち着いてしまったら転落するだけだと思います。
| SHO | 雑談 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
9連戦終わり
昨日で怒濤の9連戦が終わりましたね。3勝5敗1分だから、せめてロッテかソフトバンクの
試合でもう1試合勝ちたかったですね。今日からオリックスとの3連戦。勝ち越して
ひとつでも順位を上げていってもらいたいものです。

ところで、マリーンズは明日から巨人との3連戦ですが、交流戦では海浜幕張駅に
挑発的なポスターを毎回貼っていると言う話を以前したことがあります。かなり
出そろってきて、こんな文句が並んでいるようです。

セリーグファンの皆様へ
ため息をつくときはフラボノガムを忘れずにね。

マリーンズの選手たちへ
「交流」ってたしか「打ち負かす」って意味だよね。

マスコミの皆様へ
今なら人気でもセに勝てるんじゃない?

にわかメジャーファンの皆様へ
本物のベースボールを私達がお見せしよう。

マスコミの皆様へ
注目されるのってやっぱ気分がイーネ!

セリーグファンの皆様へ
マリーンズ・ファンクラブのお申し込みは、駅前のマリーンズ・ボールパークにて待ってるよ。

巨人びいきのマスコミに、ぜひ読ませたい文章が並んでいますね。サラリと皮肉が
こもっていて、私はこのポスター大好きです。

今、オールスターのファン投票のパ・リーグ1位は渡辺俊介じゃないですか。先日の
甲子園戦でも阪神が1点に抑え込まれたマリーンズのサブマリン投手ですが、
「もう関西に来るな!」と言うヤジを飛ばされるのは、それだけの好投手だと言うこと。
私も一度実際に球場で渡辺俊の投球を見てみたいと思っています。

ホークスにしてもマリーンズにしても、若手とベテランががっちり噛み合っていて
見ていてカッコいい選手が多いですよね。イケメンが多くて巨人は選手の顔で負けてますね。
日曜日のホークスと巨人のゲームをテレビで見ていたんですが、今の巨人はピッチャー以外に
若手選手が全然出てこないですものね。あれでは応援のしがいがないでしょう。
若手選手が登場してきて、やがて大打者なり好投手なりに成長していくのを見るのが
ファンの楽しみと言うもので、出来合いの名選手を他のチームから引っ張ってきて、
「史上最強打線」と銘打っているどこかのチームでは、人気が下降するのも当たり前。
ベテランの味も大切だけど、若手の溌剌としたプレーをもっと大事にして欲しいと
思います。

明日からの千葉マリンでの3連戦は、マリーンズが3タテする展開をぜひお願いします!
タイガースとマリーンズではタイガースを応援しますが、巨人とマリーンズでは
もちろんマリーンズでしょう!いい試合を期待しています。
| SHO | 阪神タイガース | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
四柱推命と空亡その他
今日は日曜日。雨が降ったりして出かける天気じゃないので、ゆっくり朝寝坊してから
久しぶりに四柱推命の占いコーナーを覗いていました。

四柱推命とは生年月日からその人の総合的な運勢を占うと言う占いのひとつで、その人の
現在や未来、あるいは人との相性まで占えると言う占いです。けっこう良く当たるので
私はよく参考にしています。

四柱推命を簡単に紹介すると、生年月日と生まれた場所、時間から運命式と言うものを
構成して、(運命式は一生を通じて不変です)バイオリズムを見るなら見たい時間の
運命式と、相性を見るなら相手の運命式と対照して、その関係から吉凶を占う占いです。
素人では正確に参照することが難しい(すっごくややこしい)ので、私は占いサイトとか
占いの本で出たものを見ています。

四柱推命によると私は昨年と今年が空亡だとか。空亡と言うのは俗に「天中殺」とも
呼ばれている人生のエアポケットで、新規事業とか結婚とか(どちらも幸か不幸か予定が
ありませんが)には凶と言われる時期です。ちょうど私は昨年から今年にかけて体調を
崩して、全ての人生の予定をストップして湯治に入っているので、それで空亡の割には
いい一年を過ごせているのかも。そう考えると、再始動は来年の2月以降なのかなぁと
(四柱推命の「年」は旧暦なので、2月初旬の立春で切り替わります)思っています。

話が変わりますが、スキー行きたいなぁ〜。スキーシーズンが終わって1ヶ月あまり
経ちますが、久しぶりにスキー関係のページを覗いていたら猛烈に「スキー行きたい…」と
気持ちが高ぶってきました。でも、この近辺のスキー場が開くまではあと半年あります。
あと半年、半年後に私は何をしているんだろうか…。

次のスキーシーズンが始まる前には就職していたいと思っていますが、これって、もしかして
四柱推命ではマズイのか!?だって「来シーズンが始まる前」ってまだ空亡ですものね。
あぁ、どうなるんだろう。私の1年後は。

未来を考えても仕方ないので、早く身体が治ることを(&早く社会人に復帰できることを)
祈りつつ、今日もこれから風呂入りに行ってきます。白旗の湯はちょっと食傷気味なので、
今日も煮川の湯。ここは風呂に入った瞬間からものすごく汗が出てくるので、汗をかくことが
治すのに大事なアトピーにはとてもいい源泉です。首の痛みはあまり消えないのですが、
ここはむち打ち症の首にもいいのかなぁ。一応、適応症の中には入っているみたいです。
| SHO | 雑談 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
矢井田瞳『daiya-monde』を聞きながら
daiya-monde(ダイヤモンド)
daiya-monde(ダイヤモンド)

この記事、一度書き終わって投稿ボタンを押した瞬間に消滅したのでもう一度書きます。

今日、図書館で矢井田瞳の『daiya-monde(ダイヤモンド)』を借りてきました。矢井田瞳は
amazon.co.jpの私向け「おすすめの音楽」に入っていて、それで気になっていたので
借りました。平原綾香の時も同じ動機で借りて大当たりしましたし、コンピュータが
弾き出した「おすすめの音楽」もけっこう馬鹿にできません。

『daiya-monde』は矢井田瞳の1stアルバム。2000年に発売されて74.5万枚売れて、
オリコンNo.1も獲得しています。収録曲のうち、シングルにもなった『B'coz I Love You』と
『My Sweet Darlin'』は私が大学時代に流行っていて、私も知っています。ヒットチャートに
興味がなかったので誰の何という曲なのかは知りませんでしたが、CDプレーヤーから
流れてきた曲を聴いて「あぁ、この曲か〜」と納得。大学生協とかTSUTAYAでよく流れてました。
2000年当時に大学生とかその周辺だった世代の人なら、「ダーリン、ダーリーン〜」と言う
サビの部分を聞けば「あぁ、この曲ね」と知っている人がたくさんいるんじゃないかな。

今は『My Sweet Darlin'』を一曲リピートで聞きながら書いています。アルバム全体を
通して曲のテンポが速くて、11曲入っているのに40分くらいしかありません。歌詞は
曲のテンポが速すぎてよく聞き取れないのですが、曲そのものの雰囲気はプリンセス・プリンセスに
似ている気がします。プリ・プリが好きな人ならYaikoも気に入るんじゃないでしょうか。
プリ・プリほど野暮でもないし曲のテンポははるかにYaikoの方が速いですけどね。

私にとっては、Yaikoはある意味で大学時代を象徴するような音楽です。すごく懐かしい。
この曲が「懐かしい」って感じるのは、私にとって大学時代が過去の思い出になりつつ
あるってことなんだな〜と、このアルバムを聴きながら思いました。まだ厳密には私の
大学時代は終わっていないんですが、休学2年目ともなると、もうずいぶん昔の話です。
| SHO | 音楽 | 00:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
T-Blog投稿時のブラウザエラー
昨日から2日連続で、日記を書いて「記事を投稿する」ボタンを押した瞬間にブラウザが
エラー画面になってしまいます。おかげで何十分かかけて書いた日記が2日連続でパー。
投稿できているならまだいいんですけど、投稿できてないんじゃねぇ…。たぶんブラウザの
エラーだと思うのですが、なぜだろう?T-Blogを使い始めて7ヶ月経ちますが、こんな
エラーは初めて。ちなみに使っているブラウザはI.E.ver.6.0の最新バージョン。困った話です。
| SHO | 雑談 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
雷雨。
昨日から草津はずっと雷雨が降ったり止んだりの天候です。
昨日の夜遅くに風呂に入りに行った頃は降っていなくて、家に帰ってきたら
また降ってきて、起きたら止んでいて二度寝したら今度はガラガラドッシャ〜ン!!と
言う具合。コンピュータに大電流が流れたら一巻の終わりなので、今は部屋にいるにも
関わらずコンセントを抜いてバッテリーを使ってこの日記を書いています。

昨日は、久々に煮川の湯に入りました。私はずっと湯畑前の白旗の湯に入っていたの
ですが、本当は硫黄の匂いが好きじゃないので昨日はどうしても嫌(金曜日なので
人も多いし)と言うわけで煮川の湯へ。本当は今日晴れていたら川原湯温泉でも
行こうと思っていたのですが、この天候では自転車を動かせないので今日も煮川の湯に
行くでしょう。

久々に煮川の湯に入ると、すっかり熱くなっていました。冬場は私にとっては温いお湯で、
だから白旗の湯に入っていたのですが、この温度ならちょうどいいかな、と言う温度でした。
源泉なので、季節によっても日によっても温度が微妙に違います。これからの季節は
暑くなってくるので、お湯も熱くてなかなか温度が下がりません。

一昨日から痛み始めた首は、今日もまだ痛いです。毎日打たせ湯しているのですが、
それでもなかなか良くなりません。
| SHO | 湯治 | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
地味な歌
先日提出した短歌研究新人賞の詠草について、ある歌人との話の中で

「今回はおとなしい歌が多いねぇ〜」

と言う話になりました。
新人賞の受賞と言うと、人目につくような歌と言うか、パッと印象に残る歌を詠めるか
と言うことも大事だと思うのですが、地味でもいい歌と言うのはあって、そういう歌の方が
自分らしい歌だと感じます。一首一首の完成度の高い歌を生み出す打率は上げていきたいと
思っていますが、人目につく歌にこだわる必要はないんじゃないかと思うんですね。

今回は、いろんな意味で中途半端に終わってしまった感があるので、それが今の実力だと
認めるしかありませんが、一首一首の歌の完成度と言う点では最後に入賞した3年前よりも
進化していると思っています。ただ、今回は自分自身の中での歌を評価する軸がフラフラ
ぶれていたと感じるので、歌を読んで評価する訓練が必要なのでしょう。今後の課題です。

野球でも、体幹がしっかり残っていないといいバッティングはできないと言いますが、
目線がぶれているとしっかりボールを見て捉えることができない、と言うわけです。
やっぱり、そう考えると歌をよく読むことが大事、と言う平凡な結論になります。
平凡ですが、重要な結論ではないでしょうか。歌をよく読むためには、一首を深く読む
能力を磨かなければ、と思います。
| SHO | 短歌 | 17:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
短歌研究新人賞の応募詠草を昨日提出したのですが、なんとも歯切れの悪い中途半端な
感じが今もまだ拭えずにいます。今の実力と諦めてまた精進するしかないのですが、
成果が全くなかったわけではありませんでした。

一番の成果だと思うのは、今回の壁にぶち当たったことで佐藤佐太郎、与謝野晶子、
佐佐木信綱と言った、今までより上の世代の歌を読むようになったこと。今までは
読む必要を感じなかったから読まなかっただけですが、現代の歌人の歌を読んでいても
なんかしっくり来ない。特に思わず書写したくなるような写生詠や叙景歌と言うのは
全然見かけないので、上の世代の歌を読むようになりました。

今の流行りからは外れているのかもしれませんが、写生詠や叙景歌は作歌の基本だと
思うのですが。情報を手に入れるチャンネルが増えたからかもしれませんが、
バーチャルリアリティはあくまでもバーチャルに過ぎない、と言うことを考えた上で
使わないと情報に振り回されるだけだと思います。

これからまた精進だなぁ。それにしても首が痛くて本を読めないのは困ったものです。
| SHO | 短歌 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
梅雨近し
昨日から、交通事故で昨年捻挫した首がどうも痛いと言うか重いと言うか、急に調子が
悪くなってきました。どうやら梅雨が近いようです。

昨年の今頃はまだ1kgの荷物すらまともに持ち上げられなかったので、それに比べれば
今はかなり改善しています。2月に長期の湯治に入ってから今まで、首を痛めている
ことなんてほとんど意識したことがなかったのに、やっぱり完全には治っていないん
だなぁと改めて実感しました。交通事故の時に、首の可動範囲を超えて首の関節が
引き伸ばされたと聞いているので、100%治ることは一生ないと知ってるんですけどね。

頭を支えている首の筋肉を痛めているので、しばらく起きて本を読んでいると首が
辛くなってきます。頭を前に傾けて本を読んでいると、首にズキッと痛みが走って
元に戻すのが一苦労。梅雨になると、これから毎年この重くて痛くて辛い感じが
続くんでしょうか。

阪神は3連敗ですね。星野監督の頃から思っていましたが、藤本って言う選手はここぞと
言う時にエラーやバント失敗をしたりポップフライを打ち上げて試合をぶち壊しにしますね。
それで流れが阪神から相手に行ってしまったことが何度もあるように思います。もっと
頑張って欲しい選手ではあるのですが、タイムリーな場面でミスを犯す癖は何とかして
欲しいものです。

それと、面白くなかったのは日本ハムと巨人の3連戦。なんとも締まりのない試合で、
3試合とも打者が点を入れても入れてもピッチャーが抑えられずに点を入れられて
逆転される展開。かと言って打撃戦でもなく、残塁も多く、3連戦で毎試合あんな試合を
見せられたんじゃ視聴率が落ちて当たり前、と言う酷い試合でした。プロなんだから、
日本ハムも巨人もヘボ試合してるんじゃなくて、いいプレーを見せて欲しいものです。
| SHO | 湯治 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
原稿終わり
今日、〆切ぎりぎりで短歌研究新人賞の応募詠草を送りました。やれやれ…。
間に合ったのはいいのですが、不満たらたらです。あと一首、どうしても交換したかった
歌があったのですが、これを置き換える歌が百何十首の中に一首もありませんでした。
やむを得ず、今日の午前中いっぱいで切り上げて原稿用紙に起こし、送ることにしました。
ベストを尽くしたとは思いますが、これが今の実力か、と思うと充実感や達成感と
言うよりは苦い思いでいっぱいです。

おまけに、今日は阪神が大差で負けている…。今、見ているのですがなんとも不満たらたら。
日本ハムは攻めきれないで巨人に同点にされているし、あぁ〜不満だ〜(叫び)!!
| SHO | 短歌 | 20:55 | comments(2) | trackbacks(0) |