藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< January 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
出発延期
風呂から上がって、スタンバイ状態にしておいた自分のパソコンを
立ち上げてみると、何かおかしいのです。DVDドライブを認識しない・・・。
システムを調べてみるとレジストリが壊れている様子。2時間ほど
頑張ってみましたが、朝の5時にギブアップして寝ることにしました。

起きたのは結局10時。身体からボロボロと皮膚がこぼれ落ちていきます。
今日も用事がまだたくさんあるし、出発準備もまだ全然できていないので
草津への出発を一日延期することにしました。2月1日に草津入りする
ことになりました。

ブランチを食べたらまたウトウトして(無理もありません。2日間あまり
寝ていないので・・・)、午後1時くらいに出発。郵便局、ハローワーク、
鍼灸院、DDIポケットのサービスセンター、本屋、ヨドバシカメラと
回って来ました。

ハローワークで退校手続きが完了。職業訓練校を一度終えると一年間は
再び訓練を受けることはできないのですが、アトピーの完治に一年かかると
言う話ですので仕方ないですね。悲しいですが、退校手続きが終わって
ホッとしたのも正直な気持ちでした。

鍼灸院に行くと、『きっと、よくなる!(本田 健著、サンマーク出版)』と
言う本が置いてありました。読み始めるとどんどん引き込まれていって、
結局一冊読んでしまいました。この本と、アトピー等の治療の本を一冊
買うのが書店に行った目的です。私は秋葉原の書泉ブックタワーに行ったの
ですが、どこに目的の本があるのかさっぱり分かりませんでした。案内が
すごく漠然としていて分かりにくく、エスカレーターを結局最上階の8Fまで
上がってから下りて、書店の店員に聞いてやっと何階か分かった始末。
せめて書籍の検索コーナーでも置いてくれれば分かりやすいのに・・・。
紀伊国屋の方が良くできているな、と感じました。結局、『きっと、よくなる!』は
買えましたが、もう一冊探していた本は買うことができませんでした。

さて、最大の難関はヨドバシカメラ。ここのPC DOCKでパソコンを診てもらったの
ですが、レジストリが壊れているため、いろいろいじってもらったのですが
うまく行かず、工場出荷状態にリカバリしないとダメかも・・・と言う話に
なりました。ダメ元で一週間前の状態にバックアップを復元したところ、
なぜか回復したのでセーフ。2日前の状態に復元した時にはまだDVDドライブが
認識してくれなかったのですが・・・。とりあえず認識してくれて良かった。

そんなこんなで帰宅すると夜の8時半。ご飯を食べてから発送する荷物に取りかかり、
夜中の12時過ぎにコンビニで発送したものの、夕方4時の1日1回しか発送しない
んだとか。ガックリ・・・。どっちみち2回に分けて発送する必要があるので、
まぁいいか、と思いました。

結局、部屋の後片づけまでは手が回らず、また夜中の3時に寝る羽目になりました。
| SHO | 雑談 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
パソコン新替
昨日、お寿司を食べた帰りにヨドバシカメラで母がパソコンの物色を
していました。買ってからちょうど5年になる現在のパソコンは、
重たいし変な動きをたくさんするのでストレスになっていたのです。

今朝になって母と父でいろいろ打ち合わせて、どうやら昨日目星を
つけていたパソコンの最安値が見つかった様子。NECのLavieなのですが、
テレビ付き(我が家で唯一!)で無線LANを内蔵したものが欲しい様子。
私が明日からいなくなると、以降は3ヶ月間は古いパソコンを使わないと
いけなくなるので、思い切って買い換えることになりました。

午後に父が買ってきて、夕方から私がセットアップ開始。NECのパソコン、
それも初心者ユーザ向けのものはプリインストールのソフトが多くて
メモリをやたらと食うので私は敬遠している(だから、我が家では
母以外は全員がビジネスモデルを使っています)のですが、メモリ256MBでは
足りないようで、ウイルス対策ソフトを入れるとものすごく重くなって
しまいました。父はメモリ256MBで問題なく使っているから増設を考えなかった
ようなのですが、父のパソコンと母のパソコンではユーザの対象が違うので
そりゃそうなんだって。結局、もう一度メモりだけ買いに行くことに
なりました。

その後も母の旧パソコンから新パソコンへのデータ移行などを行って、
全部のセットアップが終わったのは午前2時になってしまいました。
ブツブツ文句めいたものを言っていますが、こうやって家族全員の
パソコンの管理をしていることが結局は私自身のパソコンをいじくる
能力を上げているわけですからありがたいことです。
| SHO | 雑談 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
私は『アダルト・チルドレン』です。
今日は、家族でお寿司を食べに行って来ました。お寿司を食べてから
錦糸町のヨドバシカメラで姉と母のパソコン関係の買い物につきあってから
帰ってきました。

職業訓練校を辞めたことについて、親との関係がおかしくなっています。
今週から再び身体の毒素の排出期に入って、今は全身が真っ赤に腫れ上がって
います。本当は動くのも辛いほどで、職業訓練校を辞めたことを親を含めて
他人にどうこう言われる状態ではないんですが・・・。中途半端で放り投げた、
と言う結果が気に食わないようです。実際にはTOEICも終わっているし、目標と
していた数字には遠く届かなかったにしても2ヶ月半で一定の成果は得ているので
何ら恥じることはない、と自分では思うんですが・・・。職業訓練校を
泣きながら辞めて、一言のねぎらいの言葉もなかったのは親だけです。

最近、友人からアダルト・チルドレン(以下ACと略)についての本を何冊か
借りて読んでいます。あぁ、自分にも当てはまるなぁ、とすごく感じます。

ACの子供は
1,何でも背負い込む子
2,調整役になる子
3,順応する子
のどれかにだいたいなるそうです。3人兄弟がいれば上の子から1,2,3,の
順になる子が多いのだとか。私は3人姉弟の末っ子ですが、当てはまっていて
3番目のタイプです。

「順応する子」とは、たとえ両親や姉が大喧嘩していても、平気で部屋に閉じこもって
マンガを読んだり音楽を聴いたり、周囲にどんな状況があろうとも自分の世界を
守っている子のこと。私はまさにそうです。

このタイプの問題点は「友達ができない」ことだとか。どんな状況に出会っても
必ず自分を周囲から隔絶された状況に置いてしまうので、人と一緒にワーッと
盛り上がる楽しい場面でも、なぜか冷静になってしまいます。クールなんじゃ
なくて、血が冷たいのです。

私は家族で食事すると少し身を引いて警戒しながら食事をします。特に家族に
アルコールが入ったりすると、絶対に警戒をゆるめません。家族自体があまり
アルコールの量を飲まないのですが、家族とアルコールを飲むのは危険極まりないのです。

なぜ家族で食事するのに警戒するのかと言うと、警戒しないで突然何かが始まったら
食事そのものがつまらないからです。別に警戒して食べる食事がおいしいわけでは
全くないんですが、途中で悲劇に叩き込まれるよりは最初から予期して心の準備を
していた方が自分の心が安全、と言うだけです。

うちの家族は舌がみんな肥えているので、家での食事も外の食事もおいしいです。
でも、僕はもっとマズイ食事でも全然構わないから安心して安全な環境で食事を
食べたいな。僕は寮生活を長くしていたし、大学時代も学食生活をしていたので
マズイ食事をするのには慣れているんですが、「食事そのものがおいしいかどうか
よりも、警戒しないで食事を食べたい!」と言うのが絶対の望みです。食事を
しながら常に警戒しなきゃいけないのは、食事もおいしくないし本当に疲れるのです。

自分がもし親になったら、親が自分にしたようにするんだろうか・・・?と思うと、
怖くてとても子供を作ろうと言う気になりません。だって、子供が可哀想ですよね。
世代間連鎖が続いているのなら、何らかの形で自分の代で断ち切ってしまわなければ
ならない、と思っています。
| SHO | 雑談 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
職業訓練校退校
今日付けで、職業訓練校を退校しました。
だから、職業訓練について書くのはこれがたぶん最後です。

あと10日で修了と言うのに退校したのは、今週から再び毒素の排出が始まったらしく、
皮膚の状態が悪化して、これ以上の通学にとても耐えられなくなったからです。

昨日からずっと悪寒がしていて、皮膚科で打ったかゆみ止めと炎症止めの注射ですら
効いていないようです。悪寒がすると言うのは毒素の排出が始まるサインなので、
これが始まったら今度は覚悟しなきゃいけない、とは思っていました。
昨日は悪寒が激しく、身体もしんどくて、帰宅してご飯を食べたらそのまま
寝てしまいました。午後8時から午前8時まで、12時間も寝ていたことになります。

そして今朝、起きたら身体がまだ悪い状態で、全身が赤く腫れ上がっていました。
間違いなく毒素の排出が始まったようです。と言っても今回は化膿したわけではなく、
真っ赤に腫れた肌がボロボロと剥けて落ちて行っています。身体を動かすのも
辛く、昼過ぎまで身体が動かない状態でした。

自分の心の中で「どうする?」と言う言葉。もう何度も逡巡した科白ですが、
「もう限界だろう」と思いました。もう何度も「限界だろう」と思いながら
耐えてきましたが、もう、これが本当に限界のようです。

やっとの思いで辞めることにしましたが、まず親に知らせようと思って電話。
電話口で「職業訓練校、辞めてもいいか?」と聞くと「いい」との返事。
もう、それ以上こちらは言葉が出てきませんでした。悔しかったのか悲しかったのか、
それともホッとしたのか、涙が溢れて電話口で話ができなくなってしまいました。
すると親が「何か言いなさいよ!」と怒り出してしまいました。「だったら
早く草津に行って来なさいよ。書類なんて後から手紙でやりとりすればいい
じゃない」とも。子供が電話口で泣き出しているのに、それが怒るシーンか?
と思いながら電話を切り、職業訓練校に電話して退校することを告げました。
これから向かうので書類の準備をして欲しいこと、できる限り早く湯治に向かいたい
ので今日中に取れる手続きはできるだけ取りたいことを告げて(退校するには
3ヶ所を回って退校手続きしなきゃいけないのですが、案の定、全部の場所に本人が
直接顔を出さないといけないそうです。職業訓練校の趣旨から考えて、そりゃ
当然ですよね)、ヨロヨロ荷物をまとめて学校へ行きました。でも、荷物を
まとめながら部屋の中でだいぶ泣いてしまいました。

事務室で退校手続きを取ってから、クラスにあいさつに行きました。でも、先生に
「I leave here soon...」と言ったまま涙が溢れてきて言葉になりませんでした。
悔しくて、悲しくて、少しホッとして。事情を少し先生と話してから、全員の前で
退校のあいさつ。ここでも「I leave here...」と言い出したまま涙が出てきて
また絶句。泣きながら何とか話を続けて英語でのスピーチを話し終えました。
もう、みんな事情は分かっているので「Take care your health!」とか
「recover your health!」とか言ってもらって、また涙涙でした。あと10日
しかないのに、90日の訓練の80日まで頑張って来たのに辞めなきゃいけないなんて。

ワンワン泣きながらスピーチを終えると、夕方5時までもう時間がありません。
そのまま飯田橋の職業能力開発機構まで行かなきゃいけないので(午後遅くからの
退校手続きなので渋られたのですが、早く草津に行きたいので、と押して
許可してもらったのです)、急いで行きました。係官の人と「あと10日だったん
ですけどねぇ・・・」と話すと「でも、こうしてちゃんと言いに来て頂けたの
ですから」と言ってくれました。所轄のハローワークでも、やむを得ない事情で
ある旨の説明をした方がいい、と言ってくれました。

それから皮膚科に行って、皮膚が腫れ上がっている旨の説明をして、予定よりも
早く注射をもう一本打ってもらいました。薬は数日前にもらった通りです。

帰宅すると、母に開口一番「中途半端な辞め方をするんだったら、薬であと10日間
持たせたら良かったのに」と言われました。「息子が電話口で泣いているのに何だ」
とも思いましたが、これも子供に向かって開口一番言うセリフでしょうか?
なんらかのねぎらいの言葉はないの?息子が泣きながら大好きな職業訓練校の
クラスを辞めたのに!!

あと10日間、薬を(この場合の薬とは「ステロイド剤」のことです)使わないで
辞める方を選んだのは、10日間使ったにしても温泉治療に入ってからリバウンドが
あることは分かっているから。また、身体から出よう出ようとする毒素を無理矢理
身体の中に押さえ込んでしまうので、肌色そのものも(今でさえ保湿クリームが
一晩でカサカサになるほどガサガサの肌なんですが)今より悪くなるでしょう。
薬を身体から排出するのがどれだけ苦しいか分かっているので、もう追加して
薬を塗って10日間持たせることはしたくなかったのです。

それともうひとつ、職業訓練校は卒業できませんでしたが、主目的である
TOEICのテストは終わっています。職業訓練校修了とは書けませんが、TOEICの
スコアは今までよりも確実に上がっているので、TOEICを受け続けるのであれば
大きなマイナスにはならない、と言う判断もありました。何を捨て、何を選択するかの
問題になりますが、TOEICが終わった今となっては、「絶対にこれ以上薬を使わない」
と言うことの方が「履歴書に職業訓練校修了と書ける」ことを上回ったのです。

と理屈っぽく書きましたが、本当は「身体がこれ以上の訓練に耐えられなかった」
からです。誰が楽しく通っているTOEICのクラスを辞めようと思うものですか。
職業訓練校を辞めざるを得なくなって、一番悔しく悲しい思いをしているのは
この僕自身なのです。でも、身体のかゆさと言うか悪寒と言うか、とにかく
毒素の排出期が始まると服を脱ぎ着することすらしんどいのです。その状態で
これ以上訓練を受け続けることは不可能だ、と判断したからです。誰にも
恥じることじゃないと先生にも言われたし、僕もそう思っています。

結局11時には寝て、次の日は昼過ぎまで起きませんでした。悲しくて悔しくて、
でも「これ以上苦しまずに済む」と思うと少しホッとしました。
| SHO | 職業訓練 | 23:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
とうとう皮膚科
今朝は耐え難いほどの感じで、とうとう皮膚科の医者に行って来ました。
あと2週間しのげば草津温泉で湯治に入ることができますので、今回は
2週間だけ症状を抑えてもらうことに。アレルギー症状を抑える薬と
解毒剤と、それに加えて注射をしてもらいました。注射の効果はしばらく
「本当に注射したの?」と言う感じだったのですが、夕方からぐっと楽に
なってきました。でも、副作用なのか身体がとてもだるいです。

あと2週間、長いなぁ・・・。職業訓練が早く終わって欲しいです。

P.S. 今、石嶺聡子の1996年に発売されたアルバム『GENERATION』の
 一曲目『Liberty Girl』を聴いています。この頃の石嶺聡子の曲は、まだ独自色が
 出ていなくて「歌わされている」感じなのでそんなに好きじゃないんですが、
 この一曲目だけは大好き。PHSの着メロにも入っています。
 それにしても、よくこんなマイナーな曲がPHSの着メロに入っているもんだ・・・。
| SHO | 雑談 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
爆発寸前
昨日、あまりに背中の調子が悪いので滞っている血を抜いてもらったら、
それが引き金になったのか、身体の皮膚がガサガサになってしまいました。
かゆみと赤みに加えて悪寒まで始まったので、これはもう限界かな、と
覚悟を決めています。2〜3日中には、再び皮膚の爆発が始まりそうです。
今日だけでも、つぶれた小さな膿は数え切れないほど。こうやって身体が
治っていくのだと知っていても、予想以上のつらさです。
| SHO | 雑談 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
相馬裕子『Recollections』
今日は、少し話題を変えて音楽の話をしようと思います。
今、聴いているのは相馬裕子のベストアルバム『Recollections』。
1995年の発売ですから、もう発売から10年になるんですね。

1990年代前半にガールポップ・ブームと言うムーブメントが
ありまして、当時10代から30代前半くらいまでの歌手や
シンガーソングライターがとても注目されていました。
相馬裕子はそんなブームを象徴する歌手のひとりです。
当時は「ガールポップ」と言うテレビ番組も雑誌も合同ライブも
あって、彼女はどれもレギュラーで出ていました。

1991年にアルバム『Wind Songs』でデビュー。音楽を聴くと
目の前にランドスケープが浮かんでくるのが特徴で、曲によって
大海原が浮かんできたり草原が浮かんできたりします。本人も
自然が好きらしく、浮かんでくる景色は雄大な景色が多いです。

1996年のアルバム『Prism』まではコンスタントにアルバムを
発表しますが、以後はインディーズで活躍しています。
ホームページもあって、
(http://www4.kiwi-us.com/%7Esohma/index.html)
私は時々チェックしています。

さて、ベストアルバム『Recollections』は1991年の1stアルバムから
1994年の4thアルバムまでの中から選曲された15曲が入っています。
シングルカットされた曲は入っておらず、アルバムからのベスト盤です。
家の中で、部屋の中で聴いていてもホッとする曲が多いのですが、
旅先で、自然の中や車の中、電車の中で聴いた方がより気持ちいいです。

他の人と交換の出来ない音楽、歌、本などは素晴らしいと思います。
相馬裕子の音楽は、「他の人」では絶対に真似の出来ないものを、
持っている音楽です。
| SHO | 音楽 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
TOEIC test 終了
今日はTOEICでした。雪が降りそうな寒い空の下でしたが、受験会場は
暖房が入っていたおかげで助かりました。

今回のスコアは450前後かなぁ、と予想しています。模試では485でしたが、
模試よりも実際のテストの方が少し難しかったです。模試ではほぼ満点を
取ったPart 1でつまづき、最後のPart 7も、模試では5〜10分残して終了した
ものが、実際のテストでは最後の問題にマークした瞬間にテストが終わった
と言う具合でうまく行きませんでした。これが今の実力ですね。

TOEICが終わってからジムに行って来ました。年末から皮膚が膿を吹いて運動禁止の
状態が続いていましたので、1ヶ月ぶりのジムでした。1時間半あまり汗を流して
スッキリしました。まだ身体の膿が出切っていないらしく、膿が身体から出たがって
いるのがハッキリ分かります。正月みたいな大規模なことはありませんが、
まだ膿の排出が続いていることも事実なのです。

膿の多くは汗として排出することができますので、長時間負荷をかけて老廃物を
排出する運動は今の私にとって必要です。平日は十分に時間が取れませんので、
TOEICが終わった今行って来たわけです。実際に汗をかくと、汗を拭き取った
タオルから膿の臭いがするくらい、身体の中にはまだ膿が溜まっているようです。

サウナにも行って、トータルで3時間ほど汗を流してスッキリと帰ってきました。
ジムが日曜日は8時で閉まることを忘れていて、サウナから出て着替えていたら
エレベーターを止められてしまい、業務用エレベータで帰る羽目になってしまいました。
| SHO | 職業訓練 | 23:38 | comments(0) | - |
駅弁大会その2と『列島縦断 鉄道12000kmの旅』追憶編その2
今日は家族がみんな夜遅くまで出かけているので、晩ご飯は駅弁大会の
駅弁を買ってきていい、と言う話になりました。

夕方、クラスが終わってからいそいそと駅弁大会の会場へ。山田線宮古駅の
「いちごめし」など、食べたい駅弁はたくさんあるのですが、今回は6年ぶりの
復活という根室本線厚岸駅の「かきめし」にしました。この駅弁、昨日食べた
函館本線森駅の「いかめし」と、今回は出品されませんでしたが函館本線長万部駅の
「かにめし」と並んで北海道では有名な定番駅弁なのです。

家に帰ってから箱を開けようとすると、開ける前から濃厚な牡蠣の香りが
します。ふたを開けるともう嬉しくって。せっかく一人なので、まだ全部
見られていない『列島縦断 鉄道12000km 最長片道切符の旅 追憶編』の
続きを見ることにしました。

日本各地を走る列車の映像を見ながら「かきめし」を食べるとひときわおいしいです。
本当に幸せ。今はなかなか北海道はおろか中部地方にも旅行することができませんが、
駅弁や列車の映像はその気分を呼び起こしてくれます。「かきめし」も本当に
おいしかったです。

前回は気仙沼まで見たのですが、今回は岡山まで見ることができました。
この間の放送時間が3時間!全部で6時間もあるから全部見るのは大変です。
| SHO | 列島縦断 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
駅弁大会
今、新宿の京王百貨店で第40回駅弁大会が開かれています。
ずっと興味があったので、行ってみました。

7階の催し物会場が全部駅弁だらけ!いい匂いが充満しています。
実演販売のものの他に、産地直送で今日送ってきた駅弁も販売して
いました。新幹線に積み込んで運んだりしているんでしょうか。
新幹線か飛行機でないと、北陸や北東北の駅弁が昼に間に合うような
ことはきっと出来ないですよね。大館の「鶏めし」、宮古の「いちご弁当」
広島の「しゃもじかきめし」そして何より厚岸の「かきめし」など、
私も食べたことのある駅弁が目白押し。もちろん食べたことのない
駅弁も。みんな、とてもおいしそうです。

あいにく私は昼ごはんを持ってきていましたので、考えた末に
北海道・函館本線森駅の「いかめし(470円)」を買いました。
これならあんまりお腹の足しにならないし、おいしいし安いし。
実演販売でしたので、作りたてホカホカのものを味わえます。

さっそく職業訓練校の教室に持って帰って食べると、うまい〜♪
自転車日本一周で立ち寄って以来、6年ぶりに食べる「いかめし」は
本当においしかったです。みんなの注目を浴びながら幸せを
噛み締めていました。「いかめし」はイカの中にもち米を詰めて
煮込んだ駅弁ですので、思ったよりももち米がずっしりと来て、
持ってきた昼ごはんにプラスして食べたらお腹いっぱいになりました。

でも、後でよく考えると教室に「いかめし」の匂いが充満して
良くなかったかも・・・。一応、教室で飲食を許可する条件として
「匂いのしないものを食べること」とあるんですよね。

| SHO | 雑談 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
GODIEGOの魅力
図書館からGODIEGOのベスト盤を借りてきています。

私はGODIEGOの曲でも「MONKEY MAGIC」や「ガンダーラ」はあんまり好きな
曲ではなくて、「ビューティフル・ネーム」「銀河鉄道999」「ハピネス」
「SALAD GIRL」「ホーリー&ブライト」と言った曲が好きです。

GODIEGOの魅力は、楽曲の明るさと前向きさ。メロディもいいし、25年前の
曲を今聴いても古さを感じません。私が小学生に上がるかどうかの頃に
流行っていたグループなので25年前ですが、給食の時間とかに流れてくると
嬉しかったですね。とても夢のある楽曲が多いので、子供心に夢を膨らませて
聴いていました。

私は、今年一年を病気療養に費やします。その後はまだ考えていませんが、
GODIEGOを聴いていると、「古い夢は卒業していったらいい。そして、また
新しく夢を見たらいいのだ」と思えてくるのです。そして、リスナーにそう
感じさせることのできる楽曲の力が素晴らしいと思うのです。
| SHO | 音楽 | 00:09 | comments(4) | trackbacks(0) |
腹の立つこと
電車に乗っていると、日野原重明93歳の『テンダー・ラブ』と言う新刊の広告が
目に入りました。

私は、彼の顔が嫌いです。その笑顔をそれ以上オレの口に突っ込まないでくれ、
って感じでお腹いっぱいになります。だって、あの人はいつも同じ笑顔で
本の章立ても愛だ恋だのオンパレードで気持ちが悪いじゃないですか。
広告を見ると背中がゾッとします。

私も幸せになりたいとは思いますが、幸せはなるものじゃなくて気づくものの
ように思います。あのうっとおしい笑顔を見ると「うるさい!」と手を振り
払いたくなるのです。

幸せになりたいけれど、いかにも幸せ100%なものを見せられるとうんざりします。
嘘っぽいと言うか、喧嘩売ってんのかお前、って感じがするのです。見ていて
たまらないのです。

私自身にもある意味で呪いみたいなものがかかっているのかもしれません。
でも、幸せかそうでないかで人生の勝ち組と負け組を他人に判断されている
ような感じがして、「うるさい!」って言いたくなるのです。
| SHO | 雑談 | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
Iターンに思う
今日から一週間ぶりに職業訓練に復帰しました。
身体をおかしくしていたもので、なんだかまだ慣れていません。
耳も英語耳だったものが戻ってしまったし、まだ身体からは
膿が少しずつ出ているのでケアも欠かせません。

今日は、帰宅してから久しぶりにIターン関連サイトをのぞいていました。
もともとIターン指向の強い私は、草津でのプチ移住生活(って言うか、
ただの湯治です)をそれなりに楽しんでいました。毎日が雪に閉ざされる
生活も初めてでしたし、一日の最高気温が毎日零度に達しないと言うのも
初めて。雪の降る中を体調不良の身体で歩くのは辛かったですが、
色濃い自然の風情に毎日感激していました。

ところで、Iターンするに当たって問題なのは仕事もそうですが、
一番心配なのは「新しい人間関係を築けるだろうか・・・?」と
言うことです。私自身、昨年から今年にかけて草津という雪深い山里に
2ヶ月ほど住んで、土地の人にいろいろ優しくしてもらいながらも
都会とは何かと違う田舎のシステムに戸惑いを覚えているところです。

私は出身大学の関係で宮城県のIターンに登録しているのですが、
とりあえず今年いっぱいは身体の治療のために働けそうにありません。
宮城県からは求人情報が定期的に送られているのですが、どんな形で
何をして働く?と言うことが見えないので、なかなか手につきません。

他にメールで定期的に情報を送ってもらっているのは島根県。
今日、見ていたIターン関連のサイトは島根県に関するものでした。
なぜ島根?と言うのは自分でもよく分かりません。身体が治ったら、
お金をなんとか貯めて島根県にも旅行に行きたいものです。

どんな土地にIターンするにしろ、最終的にはピピッと来るものを
信じていくしかないのでしょうか。まだ決めなくていい立場ですが、
決めなくていいと言うことが何となく不安です。
| SHO | Iターン | 00:24 | comments(2) | trackbacks(0) |
旅に出る目的
草津から帰る電車の中です。

青春18きっぷを使いたければ、どうしても草津を出るのが昼前になってしまいます。
町内循環バスの始発時刻と吾妻線の列車の関係でそうなるのですが、仕方ないので
出発前に温泉にもう一度入ってから吹雪の草津温泉を後にしました。

そのまま高崎に着くと昼の1時半。真っ直ぐ帰宅するには早すぎるし、かと言って
日没までの時間も限られているので八高線に乗ることにしました。

八高線に乗るのは数年ぶり。関東平野の西の端を走るローカル線です。群馬藤岡を
出て、大きくカーブして鉄橋を渡り始めると、まるで北海道に来たみたい。高い空の
下を走るディーゼルカーは最高!次第に山が迫り、秩父鉄道乗り換えの寄居を
過ぎると山の中に入ります。もうちょっとお金があれば秩父鉄道にも乗りたいなぁ〜。

行動半径は数年前よりずっと縮まった私ですが、「こんなところにも人がいて、
生活があるんだ〜」と、日常とは別世界に身を置いて感じる経験は貴重なもの。
それこそが旅に出る目的であり、旅の価値ではないでしょうか。

八王子まで乗り通しても良いのですが、のんびりしたし帰宅後の予定もあるし、
今日中に鍼にも行きたいので高麗川から埼京線に乗り換えました。武蔵浦和から
武蔵野線に乗り換えれば、高崎から真っ直ぐ帰ったのとそんなに変わらない時間に
帰れます。すぐに帰りが気になってしまう自分が悲しいですが、明日もう授業だし、
変なところで大人なんですね。

ヘッドフォンのボリューム下げて初春の八高線の音を聴きにゆく
| SHO | 旅行 | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
『エロスの国・熊野』
体の具合は、日一日と良くなってきています。
現在、最も良くない両肩と頭部についても、膿の下から新しい皮膚が再生
しつつあるようです。場所によっては、もうかさぶたが剥がれ落ちかけて
います。生気を失って死に絶えた皮膚が生まれ変わっていくまでの過程は、
まさしくrebornという言葉の通りです。

今、草津で『エロスの国・熊野(町田宗鳳著・法蔵館)』と言う本を読んでいます。
著者は現在、東京外国語大学の教授ですが、この本はアメリカ在住の
1996年に書かれていて、アメリカ・プリンストン大学助教授と言うのが当時の
肩書きになっています。14歳で京都の臨済宗大徳寺に出家、34歳で寺を飛び
出してハーバード大学神学部へ留学、のちに博士号を取得してプリンストン大学
助教授に就任しています。

章立てを見るとこの本の狙いがつかみやすいと思いますのでご紹介します。
初めから順に「追放と復活」「民族の原郷」「神と自然」「死と自然」
「エロスの国・熊野」そして「熊野の現代的意味」です。

さて、この本は最初に「追放と復活」をうたっています。自己を取り巻く、
ことごとく全てのものから、そして自分自身のあるべき姿から追放されるこの
状況を、どう受け止めて、どう復活のための「折り返し点」を見つけ出すのか、
心の中の長い長い旅がこの本のテーマです。そして、日本国内で歴史的に
「折り返し点」としての役目を背負ってきた場所のひとつとして「熊野」を
紹介しています。

「折り返し点」を経て復活するまでの過程に必要なものとして、この本では
エロスと言う要素に焦点を当てています。そして、そのエロスとは生きる環境を
取り巻く自然に他ならない、と言っています。

また、最終章で「熊野の現代的意味」と言うことに一章を割いています。
そして最終的な意図として「熊野の話をきっかけにして宗教と自然の関係を
明確にし、われわれ一人一人が混迷の時代を生き抜いていくための方向を
模索することにある」と書かれています。つまり、紀伊半島にある熊野と
言う地理的な場所に本の主眼があるわけではない、と言うことです。

そして、「本当に個人が自己発見するためには、人口過密の都会では無理なのでは
なかろうか。熊野における山林修行もその典型の一つだが、昔の修行者は
深山幽谷に入り、霊的エネルギーとしてのエロスを受けることによって自分たちの
意識を深化していった。現代の宗教家だけが自然から遊離していて、なおかつ
精神を啓蒙できるとは考えにくい。」とこの章を締めています。

今は山深い温泉で湯治に入っていますが、身体の快復もさることながら、
最近特に感じるのは心の快復です。毎日身近に雪の山岳地帯を臨み、林の中を
歩き、温泉の流れる音に耳を浸していると、自然と自分自身が一体になるような
体験、と言うものが確かにあるのです。この本の内容と自分自身の現在の
体験を重ね合わせて、心身ともに本当に快復を遂げるためには、自然と一体だと
感じる体験が必要なのではないかと思えてなりません。あまり意識していませんが、
人間だって自然の一部なのですから。
| SHO | 修験道 | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
餓鬼阿弥を思う
結局、風呂に3時間も入ってきてしまいました。すっかり夜中です。

私の身体の中で、今もっとも劇症化しているのは頭の上半分と
両方の肩です。頭は髪の毛が生えている部分も膿が吹き出して
いるので、うっかり髪も切れません。両肩は、大晦日から来た時は
左肩が酷かったんですが、今は右肩の方が酷いありさまです。
まともな皮膚の面積よりも膿の吹き出ている傷口の面積の方が、絶対に
大きいと思います。自慢になりませんが、こんなに身体の中で我慢していた
ものが今ようやく出てきたんだなぁ、と思うと感嘆のため息が漏れます。
劇症化している部分だけをお湯につけていると、まるで子宮の中に戻った
ような気持ちよさ。それでも、できるだけ熱いお湯でないと後からかゆく
なるので、お湯に傷口をつけてから馴染むまではかなりの痛みです。

シャーリー・マクレーンの『ダンシング・イン・ザ・ライト』に書いてあった
と思うのですが(はっきりしませんが・・・。彼女の本であることは確かです)
人間の各細胞には、それぞれ古い時代からの記憶が詰まっているそうですね。
湯治をすると言うことは、身体を癒すことでもあるけれど心と言うか精神と
言うか、もっと大きく言えばその人の抱えてきたカルマみたいなものを癒す
ことでもあるんじゃないか、と草津のお湯につかっていると思います。

自分の身体に「今まで辛かっただろう。もう我慢しなくていいよ。」と語り
かけると、身体がそれに応えてくるのを感じます。ものすごい量の膿が私の
肩と頭から出続けていますが、肩や頭の部分の記憶と言うか、カルマを浄化
しているような気さえします。今までずいぶん無理をして負担をかけていた
んだなぁ、と思うと驚くほどです。皮膚をそのままつけるとかなり痛いの
ですが、肩の緊張をゆるめるために、肩をゆるめるツボにお湯を注いでやると
必要のない膿は自然と引っ込んでいきます。

以前は膿が吹き出していた左目の横や左肘からは膿の噴出が止まりました。
まだ完全に止まったわけじゃありませんが、膿の噴出が止まると跡形のような
ものが残ります。そして、膿が出尽くすと自動的に傷口がふさがります。
最終的には、これがかさぶたになって、その下に新しい皮膚が再生される
そうです。

ところで、餓鬼阿弥ってご存じでしょうか。古典『小栗判官』に出てくる、
主人公の小栗判官が毒殺されて行ったあの世から戻ってきた骸姿のことです。
目も耳も口もつぶれて、ただ車に乗っただけの姿で相模国から熊野の壺湯へ
向かうのです。

雪の中をトボトボと湯に向かう自分自身を考えると、まさに餓鬼阿弥そのもの。
顔は瞼の上下とも膿で潰れていて、額もどこにまともな皮膚があるのか探さないと
いけないほど。かさぶたなら可愛いもので、一面に膿が浮き出ています。
行動も、とても20代の俊敏な動きとはほど遠いもので、まるで70歳か80歳に
なったような気分。ひとつひとつの行動をするだけで身体に負担がかかります。
顔を歪め、息を切らさないと着替えもできません。悪寒が酷いのでヨロヨロと
お湯に行く姿もお湯から帰る姿も、とても人目にさらせる姿ではありません。
まさに現代の餓鬼阿弥です。

この劇症期を乗り越えれば快方に向かうと聞いています。いつ私の頭と肩から
膿の噴出が止まるのか分かりませんが、まずは自分の身体に「いつでも、
いくらでも膿が出てきていいよ」と言うことかな、と思っています。
| SHO | 雑談 | 03:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
一日爆睡
昨日は夜に3時間ほど入浴してから即寝てしまい、朝ご飯を食べてから夕方5時まで
寝てしまいました。途中で何度か起きたんですが、疲れて外に行く前に布団へ
逆戻り…で昼ご飯も食べませんでした。今も体がしんどいです。

昨日、風呂に入った瞬間に「体が今まで、こんなに我慢していたんだなぁ」と
感じました。2日分の膿が出ていくのは快感でしたが、風呂から上がって宿まで
戻る道は足腰が立たなくて大変でした。今日もこれから行ってきます。三連休
なのに宿はガラガラで、ゆっくり休めそうです。
| SHO | 雑談 | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
再び草津へ
ただいま高崎駅にいます。

4日に草津を引き上げて家に戻ったのですが、膿の噴出がなおも続くことと、
今が劇症期なのは分かっているので、一刻も早くその状態から抜けるために
たった1日いただけで草津へ戻ることにしました。熱も多少あるし、顔と肩は
無惨に膿が出てきているし、とても人前に出られる顔ではないのですが、
なりふりかまっていられません。悪寒はするし、荷物は重いし、湘南新宿ラインの
特別快速と吾妻線の高崎駅での接続は神業に近いくらい接続が悪いし、とても
しんどいのですが、とにかくあと2時間頑張れば草津です。

普通の人の肌ならなんでもない草津温泉・白旗の湯なんですが、今の私に
とっては全身にオキシドールを塗り込まれるような痛さです。でも、東京に
いてボーッとする頭を抱えながら職業訓練校の授業を受けていても健康になる
わけじゃないし、とにかく頑張って、草津に行って来ます。

| SHO | 雑談 | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
謹賀新年
明けましておめでとうございます。ただいま草津温泉で静養中です。
朝の6時に初詣&初風呂に行ったところ、宿の前の道は一晩で膝下まで
雪が積もっており、立ち往生しかけの車がいる始末・・・。膝下まで
積もった雪をラッセルして白根神社まで初詣に行って来ました。

白根神社でお参りしてから階段を下りて初風呂へ。私は白旗の湯へ
通っているのですが、湯気で全面的に濡れていてびっくり。
昨日からの左腕に加えて、右腕も化膿が始まっているのでさっそく
お湯につけると気持ちいいです。でも、気持ちいいのはつかの間。
だんだんオキシドールを擦り込んだように痛くなってきました。
風呂に入るたびに顔を歪めながら入らないといけない始末です。

それでも風呂から上がり、宿に戻る途中の道がまた辛かった。
本当ならそんなに大変ではないはずの道ですが、体調が悪いので
一歩一歩足を踏み出すたびに背中で疲労物質が揺れているような
感じ。宿に帰ってから朝ご飯を食べて、スキーに行く同部屋の
人を見ながら寝てしまいました。

それでも、2時間半ほど寝てから目覚めると両腕の化膿した部分は
かさぶたに変わっていました。さすがは草津のお湯。白旗源泉だから
これで済んでいますが、他の源泉なら激痛がもっと長く続くんでしょうね。

しばらく実業団駅伝を見てから、草津に一軒だけある無線LANが使える
カフェに来て昼食を取っています。これから風呂にもう一度入って、
宿に帰ってもう一眠りします。しばらくちゃんと眠らないと、すぐに
体調を崩して化膿しかねないような、体調不良の元旦です。

今年も頑張って更新していきますので、「晴れ時々日記」をよろしく
お願いします。
| SHO | 雑談 | 14:49 | comments(2) | trackbacks(0) |