藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
僕が移住に求めるもの・草津の嫌なところ編
今日の草津の最高気温は17度。明日の最高気温は15度の予報。7月中旬で
この気温とは恐るべし草津。やっぱりこの気候は捨てがたく、自分に合った
気候という点で草津には文句のつけようがない。100%の満足度と言える。
本州の山岳地帯か北海道以外でこの気候はあり得ないだろう。

さて、その草津で不満な点はこんなところ。
・労働条件が悪い。労働条件の改善が望めない。
・基本的に生き延びるのが精一杯の土地であって、何かを生み出す土地じゃない。
・もう少し景色に広がりが欲しい。やや窒息感がある。
・あまり世界に対して広がりがある土地じゃない。
・良くも悪くも伝統のある町。祭への参加を強制されないのは良いところ。

草津への不満は「いろんな意味で広がりがない」と「労働条件が悪い」の
ふたつに集約されそうだ。このふたつは、草津ではどう頑張っても解決しない。
買い物の不便さは、休日に群馬原町や上田、あるいは一気に東京まで出れば
済ませられるので、そう感じない。

じゃあ、北海道に住めばこれらの問題は解決するのだろうか?

解決するかもしれないし、解決しないかもしれない。場所にも仕事にもよる、
というのが現実的な答えだろう。ただし、何を求めて北海道に移住するのか、
自分が人生に求める絶対の価値観が何で、なぜこの土地なのかがはっきり
しないと移住の土地探しはうまく行かないだろう。どうしてもこだわりたい
ポイントがひとつやふたつはあるはずで、それを満たさないと移住そのものが
失敗する可能性が高い。草津への移住がある程度は成功と言えるのは、
どうしても草津でなければならない理由があって、その中で比較的条件の
合う仕事を探したからだ。

じゃあ、私が仕事に求める条件ってどんなものだろう。
・定時で上がれること。
・休日や有給休暇を消化できること。
・海外に出張できる仕事だといいな。
・給料が良いといいな。
・「私はこの仕事に就いてます」と胸を張りたい。

以前も書いたことだけど、具体的な業種がさっぱり浮かんで来ないのだ。
でも、これらの条件を満たしたければどんな仕事が良いのだろう。以前は
船乗りで、海外にも行けたしその仕事には本当に誇りを持っていたけれど、
働きすぎで心身ともにおかしくなったから辞めたのだ。

私は過度に仕事に人生を支配されたくない、というポリシーを持っていて、
だからこそのIターンなのだけど、このポリシーがくせ者で、ある程度以上の
実力がないと、自分の意思で自分の人生をコントロールすることは実現
しづらいのだ。だから努力しなくちゃいけないのだ。
| SHO | Iターン | 23:37 | comments(0) | - |

コメント
コメントする