藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
学習開始
今日、教材が届いた。
今日は日本旅行業協会と全国旅行業協会に願書を請求し、先日無くした
愛用の水晶の念珠の同型品を島根県の日御碕神社に注文した。睡眠時間が
2時間ずつ3回に分断されてしんどい。だから機嫌が悪い。

ものすごくストレスなのは、独立部署なのに最近はフロントのいいように
使われていること。残業問題も「原則として定時に上がるけれど、土日は
残業して手伝うことがある」はずが「お客の少ない日は定時に上がっても
良い」と書き換えられている節があり、私はフロントの部下じゃないのに
自分の仕事が終わっても自分の意思では帰れなくなっているのがストレスだ。

今はシーズンなので予約が多く、夜も予約台帳に書き込むだけで精一杯の
ことがある。フロントの仕事を肩代わりして予約者に確認書を発送すると、
本来は契約上の仮眠休息時間までずれこむことがある。仮眠時間は拘束時間
だけど労働時間ではないため、タイムカードではカウントされない。つまり
この時間は働いてもタダ働きになるわけだ。

今は単独で仕事をしているので仮眠は取れないのだけど、せめて待機時間
として勉強に充てようと思っている。

自分の労働条件は、自分で守らないと会社に際限なく食われるだけだ。
会社は決してセーフティネットではなく、私が倒れても助けてくれるわけ
ではない。だから仕事量や労働時間や体調まで自分で管理して守らないと
いけない。より良い労働条件で働くためには努力も必要だ。

いずれにしても、フロントには近々話をしなければならない。自分を守る
ために、私は闘わなければならない。闘わなければ自分の権利を際限なく
侵害されるだけだ。
| SHO | 雑談 | 02:23 | comments(0) | - |

コメント
コメントする