藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
相馬裕子『Recollections』
今日は、少し話題を変えて音楽の話をしようと思います。
今、聴いているのは相馬裕子のベストアルバム『Recollections』。
1995年の発売ですから、もう発売から10年になるんですね。

1990年代前半にガールポップ・ブームと言うムーブメントが
ありまして、当時10代から30代前半くらいまでの歌手や
シンガーソングライターがとても注目されていました。
相馬裕子はそんなブームを象徴する歌手のひとりです。
当時は「ガールポップ」と言うテレビ番組も雑誌も合同ライブも
あって、彼女はどれもレギュラーで出ていました。

1991年にアルバム『Wind Songs』でデビュー。音楽を聴くと
目の前にランドスケープが浮かんでくるのが特徴で、曲によって
大海原が浮かんできたり草原が浮かんできたりします。本人も
自然が好きらしく、浮かんでくる景色は雄大な景色が多いです。

1996年のアルバム『Prism』まではコンスタントにアルバムを
発表しますが、以後はインディーズで活躍しています。
ホームページもあって、
(http://www4.kiwi-us.com/%7Esohma/index.html)
私は時々チェックしています。

さて、ベストアルバム『Recollections』は1991年の1stアルバムから
1994年の4thアルバムまでの中から選曲された15曲が入っています。
シングルカットされた曲は入っておらず、アルバムからのベスト盤です。
家の中で、部屋の中で聴いていてもホッとする曲が多いのですが、
旅先で、自然の中や車の中、電車の中で聴いた方がより気持ちいいです。

他の人と交換の出来ない音楽、歌、本などは素晴らしいと思います。
相馬裕子の音楽は、「他の人」では絶対に真似の出来ないものを、
持っている音楽です。
| SHO | 音楽 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする

この記事のトラックバックURL
http://ranjo.tblog.jp/trackback/9315
トラックバック