藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
道北スーパー林道、それが問題だ
アネーロかゼルビスか、最終選択は今週の金曜日以降にするつもり。
金曜日にレイキ・ヒーリングを伝授してもらうからで、ヒーラーとして
自分自身を自己ヒーリングできるようになってからでも遅くはないだろう。

ゼルビスとアネーロの選択で重大問題なのは、北海道の道北にある函岳と
いう山である。ここは北海道に興味のあるライダーなら一度は行きたい
スポットで、オホーツク海から利尻島まで一望できる絶景らしいのだ。
しかし道北スーパー林道の美深歌登線から函岳レーダー道路を通って、
最短でも往復55kmのダートを走らなければならない秘境の地にあるのだ!

フラットなダートらしいので、一応はオンオフ兼用車であるアネーロなら
入れる可能性があるが、純然なオンロードツアラーたるゼルビスでは
逆立ちしても道北スーパー林道を走るのはムリだ。

つまり、ゼルビスでは函岳をあきらめなければならないし、アネーロでも
入れない道なら他のバイクを探す可能性すらある。航続距離、燃費、積載能力と、オンロード
ツアラーとしての性能はゼルビスに水を開けられているアネーロの、最大の
アドバンテージは「オフロードも走れるオンロードモデル」という一点に
尽きる。オフ車としての性能は大したことないらしいが、とにかくオフ
ロードを走るための装備は持っている。オンロードがほとんどだけどオフロード
にもたまには入りたい、ということならアネーロがベストの選択だろう。

| SHO | バイク日本一周 | 05:19 | comments(0) | - |

コメント
コメントする