藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
KAWASAKI KLE 250 ANHELO
車種について、さらに選んでいる最中である。

初めゼルビスで日本一周、というつもりで考えて調べていたのだが、私がバイクという道具に求める
ニーズにゼルビスは必ずしも合わないんじゃない?というご指摘を頂いて、ただいま再度選定中である。
どういうニーズかと言うと、移動感や速度感(絶対的な対地速度ではなく)の点で、ということ。
単なる移動手段ではなく、旅の相棒として考えた時にどうだろう、ということだった。

いろいろやりとりの末に何車種かご紹介いただいた中で、一目で「!」と来たのが、KAWASAKIの
250ccオンロードバイク「KLE 250 ANHELO(アネーロと読みます)」である。

ちなみにアネーロってこんなバイクである。ちなみにインプレッション集はこちら

見た目は「カウルのついたオフロードバイク」で、実際にgoo bikeなどではオフ車に位置づけられて
いるけれど、中身は立派なオン車なんだそうだ。オフロードに関しては「雰囲気だけオフロード車。
走れないことはないけれど、見た目ほどはオフロードを走れない」バイクだとか。

分かる人には、ゼルビスとアネーロという今までのチョイスで、私の好みが分かるかもしれない。
分かりやすい特徴は「カウルのついたオンロード車で、バリバリには飛ばさないマシン」ってこと。
実はカワサキ・エストレアやホンダGB250クラブマン、スズキ・グラストラッカーも勧められて
いたのだけれど、いずれもピンと来なかった。食わず嫌いだけど、カッコいいと思わなかったのだ。

ゼルビスとアネーロの共通点に戻ると、荷物の積載性が良いのもポイント。いずれも現在では
もう絶版車で、売られていた当時はどちらも超不人気車種だったそうだ。浅く広く、どこでも
一通り走れる代わりに尖った特徴がなく、性格が中途半端なところが人気なかったらしい。

自転車ではランドナーという伝統的なカテゴリーのバイクがまさにそうで、一部の人には絶大な
支持を誇るものの一般には全く人気がない。でも、素直な乗り味で疲れにくく、基本的にはどこでも
走れるランドナーは、日本一周や世界一周をするなら最もバランス良くまとまったバイクなのだ。
私が欲しいのは、ランドナーのコンセプトで設計された250ccの自動二輪なのである。

ちなみにバイク占いでは、アネーロが向いている人ってこんな人らしい。

● カワサキ アネーロが向いているあなたは、穏やかでものごとにこだわらないのんびり屋さん。
鷹揚でゆったりと構えているあなたは他人との競争を好みませんが、内面に秘めた情熱は人一倍。
狙ったものは時間はかかっても必ずゲットするという、着実な面も持ち合わせています。なによりも
心の充実を優先させるタイプですから、仕事や恋人を選ぶときも、見た目や条件などには見向きも
しないでしょう。中身を重視するあなたですから、仕事はどれだけやり甲斐を感じられるかに、
恋人は相手の個性にポイントを置くはずです。だからこそ、本当にやりたいことや好きな人が
見つかるまでには少し時間がかかるかもしれませんが、あなたらしい着実な歩みがきっと幸せを
呼び込んでくれます。マフラーガードぐらい修理しましょう。タイヤの交換はもっとマメに。


アネーロなどを勧められる前は「4ストの250ccで単気筒(ゼルビス、アネーロは2気筒ですが)
だったらオフ車しかないじゃん!(ホンダの現行車種で250ccの単気筒はオフ車のXR250だけ)」と
思っていて、やりとりの中で「こんなバイクですか?」と私が言ったのはスズキ・ジェベルだったの
だけれど、返ってきた返事は「オン車かオフ車かの選択なら間違いなくオンロード車。全走行距離の
数パーセントにも満たない未舗装路を視野に入れることはない」だった。

当初考えていたホンダ・ゼルビスはオンロード車であって、ゼルビス以外で250ccの単気筒で探すと
なると(ゼルビスはV型2気筒ですが)、オフ車以外の単気筒車を全然知らなかった(今まで興味が
なかった)こともある。それでオフ車を選んだこともあるし、私は現在のオフ車とオン車にそんな大きな
違いがあるのかな?と思っていて「丈夫そうだから」という理由でオフ車を考えていたのだけれど、
オンロードを超長距離乗るというフィールドにおいては大きな違いがあるそうだ。200ccとか225ccと
いう選択肢も外した方がいい、という話で、それはあまりに非力で長距離を乗るとイヤになるから、
とのことだった。実は200ccや225ccも視野に入れていたので、目からウロコが落ちた。

アネーロのエンジンは基本的にZZ-R250と同じ系列らしく、最大回転数13000rpmで最大トルクが
10000rpmのところに設定されている高回転型のエンジンらしい。現在の愛車であるCRMも高回転型の
エンジンなのだけれど、似たような感じなのだろうか。インプレッション集では2スト車みたいな
乗り方になるとも書いてあった。低回転ではトルクが全然ないらしく、250ccにしては燃費が非常に
悪いのも納得した次第。CRMみたいに常時高回転で使っていたら、4ストでも燃費がいいはずがない。
ちなみにアネーロは並列2気筒のバイクで、単気筒ではないのだけれど、その辺はどうなのだろう。

乗ったことがないので、とりあえずは実車を調査に行くことかな。幸いにして今朝現在、群馬県内では
アネーロの中古車が1台出ている。今週末の休みは無理だけれど、来週の休みには見に行けるだろう。
自動車教習所選びと合わせて、高崎・前橋まで出かけることになりそうだ。

バイク選びをしながら気づいたことがある。
それは「あんまり当たり前なバイク、売れ筋のバイクは嫌」って感覚。例えばヤマハ・セローとか
ホンダ・XR250とか、よくバイク雑誌のインプレに出てくるような車種の、その誰でも乗っている感が
私は好きじゃないのだ。どういう心の作用なのか分からないけれど、ゼルビスもアネーロも超不人気な
車種で(私はどちらの車体デザインも好みですが)、要するにあんまり誰でも乗っている車体じゃない。

グラストラッカー、エストレア、クラブマンと言った候補を落とした理由のひとつに、車体デザインが
好みじゃないという理由もさることながら、それらの知名度の高さがあったのは否めない。今の愛車も
そうで、実用性だけを求めるならばホンダ・スーパーカブが草津では一番実用的に決まっている。
でも、カブより燃費が倍以上悪かろうと荷物が積めなかろうと、私は原付オフ車が欲しかったのだ。
| SHO | バイク日本一周 | 13:57 | comments(0) | - |

コメント
コメントする