藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
自分への許可ということ
さっきの記事を書いていて、いや昨日気づいたことがある。

それは「なぜ、私には彼女ができていないのか?」って疑問。
気づいたのは「自分で、自分自身に対して、彼女を作っていいという許可をしていないから」。
そう、そうなのだ。

別に出会いがないわけでは今も昔も全くないし、むしろ魅力的な女性との出会いは多いはず
なのに(つまり、私が「いいな」と思う女性が、私の回りにはかなり多いってことです)
どうして彼女がいないのか?という疑問が、思いも寄らぬ方向から解けてきた。

気づいたきっかけになったのは、自分の中の優先順位がどうなっているかに気づいたから。
現段階では

第一位 バイク日本一周
第二位 上田への移住と仕事探し
第三位 幸せな結婚

って優先順位になっていて、つまり恋愛関係は現時点では第三位の優先度なのである。これらの
順位はそのまま先に実現すべき優先順位になっていて、時間的にもおそらくこの順になるだろう。
同時に全て実現してしまう可能性もないわけではないけれど。

でも、冷静に考えてみると特に「第一位」は「第三位」のためにはものすごく重要な条件で、
時系列がこの順なのはまさしくそうだろうなぁ、と思う。バイク日本一周という冒険は、
内なる敵と対峙して夢を実現していく、という作業の体験であって、思春期から青年期の男の子が
結婚前に通過するべきイニシエーション(通過儀礼)だと自分で思うから。私は、過去に挑戦した
ことはあるけれど、まだ人生におけるこのステージをクリアしていないのだ。だから30歳に
なった今、私は一刻も早く人生において現在通過すべきイニシエーションをクリアしたいのだ。

私の最大の親友が結婚することになった(実は口止めされていたのだけれど、もういいよね?)。
彼に現在の彼女ができたのは、まさしく彼が最大の宿願としていた挑戦を完了させた直後で、つまり
そういうタイミングで人は出会うように出来ているのだろうと思う。つまり、彼は無意識か意識的に
かは分からないけれど、自分自身に対して彼女を作る許可をその段階でしたのだと思う。そして、
彼は人生の次のステージに進むために宿願の完了を必要として、最後は猛スパートをかけたのだ。

私は彼の宿願の始動と達成の瞬間に立ち会っているのだが(だから我々は最大の親友なのだ)、
私も早く今のステージをクリアしたい。そして、そのための2年間の挑戦がこれから始まるのだ。
| SHO | 晩婚 | 18:38 | comments(0) | - |

コメント
コメントする