藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
インターネット予約デビュー
もう何年も愛用している旅行計画ノートが、残り少なくなってきた。

この仕事、3泊までは休みが普通に取れることが分かったので、九州だの四国だのに出かけても
十分に楽しめることが分かって楽しい。今まで乗ったことのないローカル線に乗るのは楽しい。
今まではお金がなくて私鉄ローカル線に積極的に乗ることはできなかったものの、これからは
私鉄のローカル線にも乗ろう、と時刻表を相手に計画を立てているところだ。

社会人になって、積極的にビジネスホテルや特急、新幹線を使うようになった。学生時代とは
時間とお金の価値が逆転したなぁ、と自分で思う。昨日は生まれて初めてインターネットで
ホテルの予約を取ったのだけれど、職場で毎日受け取っているインターネット予約のFAXの
原本を自分が書いていると「みんな、こうやってウチの旅館に申し込んで下さっているんだなあ」
と感じて感慨深かった。なんでも経験してみるものだ。

もう1年も前からインターネットの予約サイトには登録していたのだが、泊まると言ったら
『全国安い宿情報』で探して電話をかけるか、あるいは寝袋を持っていって駅で寝る、と言う
パターンが多かったので実際に使ったことはなかったのだ。世の中の人は、みんなこんな風に
予約を取っているんだ、と感心したのだけれど、実際にやってみるとすごく時間がかかった。
次回からは、今回よりも時間短縮するのかもしれない。

宮脇俊三さんの『時刻表二万キロ』を最近また読んでいる。石川啄木の『一握の砂』なども。
旅行記や旅の短歌を読むのは楽しい。『時刻表二万キロ』を読むなら姉妹編の『汽車旅十二ヶ月』も
併せて読むと、同時期の違う旅行の記事が書いてあって楽しい。JRは全部乗ってしまったけれど、
次は第三セクター鉄道と私鉄のローカル線を中心に乗りたいな、と考えている。幸いにして
廃止になった国鉄転換路線には全て乗っているのだが、11月廃止予定の神岡鉄道は未乗なので
近いうちに乗りに行かねばならない。

神岡鉄道と一緒に愛知環状鉄道、明知鉄道、長良川鉄道に乗って2泊3日のコースを考えて
いるのだが、1泊は高崎で泊まるので、これなら休みが2泊でも乗れそうだ。中部、北陸方面から
夜行で帰ってくるのなら、前夜のうちに高崎まで戻ってきて泊まった方がはるかに楽だし、
朝もゆっくりできる。値段は夜行を使うのに比べて高くなるけれど、それは仕方がない。
あるいは、富山から前橋か桐生まで夜行高速バスを使うか、かな。急行『能登』を使っても
いいけれど、値段はともかく、早朝着なのでゆっくり眠れるかどうかが問題だ。朝の4時に
高崎で叩き起こされるのは、正直つらいものがある。それなら富山からいったん金沢に出て
『北陸』に乗った方がいいかなぁ、とか思ってしまう。

さて、もう昼の3時だ。風呂に入ってから、もう一眠りすることにしよう。あと5連勤で
次の休みが来る。
| SHO | 雑談 | 15:17 | comments(0) | - |

コメント
コメントする