藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
自分の夢と過去の夢
大学休学、という形で仙台を離れてから、もう2年近くになる。
まだ大学に籍は置いているし、今後大学のことをどう考えていくかについては、仕事をしながら考えて
行けばいい、と女将さんがおっしゃって下さったので、それに甘えさせてもらうつもり。ただ、現実と
して経済的にも学力的にも今の大学を卒業することはほとんど困難なので、せっかく入ったいい大学だ
けれど、この大学の卒業は断念せざるを得ないだろう。

せっかく半分以上の単位を取得してはいるので、どこかの段階でチャンスが来たら、転学して通信制の
大学に編入して残りの単位を取ろうかな、と言うことは将来目標として考えている。ただ、目下の目標
からは大学卒業を外さざるを得ない。経済的にも、キャリアを積み直す年齢的な問題からも、残り2年
ある全日制の大学生活を送ることは事実上不可能だ。

自転車日本一周も、残り2000kmある。残り1/4までこぎつけたまま中断しているけれど、こちらも自転車
と言う手段にこだわって日本一周することは断念するつもりだ。おそらく、残行程は原付を使うだろう。
こちらも応援していただいた方には「何年かかっても自転車でやって欲しかった」と残念に思われる方も
おそらくいらっしゃることを思うと、夢を純粋に応援して下さっていることに感謝しつつも申し訳ない。
大学卒業と自転車日本一周は、青春時代の遣り残しとして大きく引っかかっている。大学卒業は短期の
目標から外さざるを得ないのだけれど、日本一周については、どのくらいの休暇が取れるかにもよる
けれど、社会人になって経済的には多少の余裕ができるため、分割しながらの再挑戦を考えている。

どちらについても、種火は決して消さない。就職することで「日本一周」が再挑戦の対象に再び上がった
ように、大学卒業も、人生の中で再挑戦できるチャンスが来たら再挑戦するつもりだ。誰のためでもなく、
私は人生で未決着の課題に落とし前をつけたいのだ。ただ、数学と物理がとことん苦手なことは分かった
ので、日本一周の手段を「自転車」から「原付」に変えるように、大学の卒業学部もたぶん変えるだろう。
いくらやりたいことがあっても、工学部のように、わざわざ苦手な課程に進むのはもうこりごりである。

ひとつの方法、ひとつのやり方にこだわるのも美学であって、それはそれですごいと思うのだけれど、
日本一周が終わらないと私の中ではひとつ区切りができないし、大学も卒業しないとすっきりしない。
安易な手段に頼るな、と言う心の中の批判は当然あるし、日本一周の手段を変えることも大学卒業の
学部をおそらく変えるだろうことも、妥協したと言われればその通りだ。今回の就職だって、妥協したと
見る人は当然いるだろう。でも、年齢を考えれば、そろそろ私は自分のキャリアを作り始めるラスト
チャンスに来ている。大学にこだわって、30代前半のもう2年間を働かずに過ごすわけにはいかない。

今はもう、今度の職場でとにかく一流になってみせる、石にかじりついてもモノにしてやるんだ、と
思っているけれど、それは紆余曲折した青春時代の結末である。もう青春時代に時間的に後がない、
と言う状況に追い込まれているのだ。どんな批判を浴びようと、社会人として何者かに私はなりたい。
人生を信頼して、結果に過度に執着せずに、今与えられた環境の中で日々のベストを尽くすのみだ。

今の夢は、一流のホテルマンになること。その事が、今の私には全てに優先している。
| SHO | 再就職 | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする

この記事のトラックバックURL
http://ranjo.tblog.jp/trackback/64403
トラックバック