藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
仕事がない…!
今日も少し早い時間からハローワークに行って来た。
2件の求人がほぼ同時に断られたと言う衝撃の一昨日から、求人票を読み返し、草津の求人は、
と考え、あと1年で予定では草津を出る予定であることを考え…ているうちに、徐々に衝撃の
大きさが実感できてきた。

いつものハローワークの係官と2人、顔をつき合わせてもう一度草津の求人を見てみるも、3日前と
今日で状況がそんなに変わるはずもない。選択肢は

1、応募しなかった、もう一件のボイラー技士に応募する。
2、ホテルのフロントの仕事しかないので(事務系はほぼ全件がそうだ!)、そちらに就く。
3、レンタルスキー屋で春まで期間限定で働く。
4、おとなしく別の資格か何かに向けて勉強する。

ちなみに、ハローワークの係官が勧めたのは3。なぜなら私の趣味がスキーだから。実際に一件
紹介されて、そこのレンタルスキー屋は一回だけ使ったことがあって、う〜んと言う感想なので、
自分でレンタルスキー屋を開拓する、と言う手もあるかな、と思っている。

正社員と言う選択肢を係官が外した理由は、私の頭の中には初めから「草津はあと1年のつもり」
と言う腹づもりがあるから。正社員で入って1年で辞められる、と言うのは雇う側にとってもニーズが
合っていないし、私にとってもニーズが合わない、と言う判断からだ。かと言って、お金を貯める
ことを考えると現状の契約社員ではお金が全然貯まらない、と言うことも分かっていて、だから
正社員を考えたのだから、両方で私は板ばさみになってしまった。

どうしよう。職探しが暗礁に乗り上げてしまった。Iターンを目指すほとんどの人が一度はぶつかる
問題とは言え、身動きの取れない状態は本当に辛い。

それにしてもストレスが溜まった。すごく久しぶりに顔にアトピーが出てきた。帰りのバスの車内では
お腹の調子も悪くなってきたから、相当のストレスが溜まっているのに違いない。この冬、せっかく草津の
スキー場の目の前に住んでいながら、いつまで経っても滑りに行けない、と言うのも強烈なストレス源だ。
今のやり方のどこかが間違っているんだろうか?

とりあえず今は草津にいるとしても、基本戦略を練り直すことも必要かもしれない。今のところ、
移住先の最有力は上田なのだけれど、仕事がある場所、と言うことを考えたら、春以降は高崎や長野も
考えた方がいいのだろうか?ただし、高崎や長野だと車の購入が必須だ。原付で草津まで会社帰りに
往復できる距離ではないからだ。

帰宅してから、ハローワークのインターネットサービスを見ている。今日はハローワークにいて、
それこそ顔から血の気が引くのが分かったのだけれど、今も顔の血の気は引いたまま。自分でも
これからどうしたらいいのかが分からない。頭を殴られたみたいに思考能力が停止しているのが
自分で記事を書いていて分かる。

草津には仕事がない、と言う言い方は正確ではない。ただし「職業の選択肢が極めて限られる」と
言うことは言える。ホテルのフロントしか正社員登用の道が事実上ないなんて。いかに単一産業に
依存した町かということだけど、観光の他には産業がないのだから仕方がない。残念ながら、
私がどうこう言って解決する問題でもない。

わずか数時間のうちに顔にアトピーが出てきて、身体は正直なものだと改めて思った。意識しまいと
無意識のうちにしまおうにも、私のショックは相当なものだと認めざるを得ない。「これから、自分の
人生をどう生きて行きたいんだろう」そんなことを考えてしまう。あぁ、やっぱりストレスに強い身体
ではないんだ。今回のことで、そのことはよく分かった。

ちょうど、BAR ANGEROSESの今日の記事に、こんなことが書いてあった。

ほとんどの人が、豊かになろうとした時に、
安心が欲しいという「欠乏感」が正常な判断を狂わせていることから、
目をそむけてしまって、肝心なものがみえてきません。


私は、なぜ草津で正社員になりたいと思ったのだろう。「安心が欲しい」と言う部分は非常に大きい。
正社員でないと十分な収入が稼げないから、と言う事情も大きいのだけど。ここまで治ってなお草津に
1年は留まることにこだわっているのだって、「より完全に治る」と言う安心が欲しいからだ。事態を
先延ばしにしたい心境が心のどこかにあるのは否めない。アトピーの再発が私にとっては恐怖だし、
腰が重いと言うか、代償を払っても現状を変えたくない気持ちがどこかにあるのも否めない。

もし、あなたが今より、より経済的に豊かになりたいと願っているなら、
今の器がどのくらいのものなのか、
今の器を維持していることで得ているメリットはどんなものか、
その代償として支払っているツケはどんなものかをみてみてください。


ってことも、同じ記事には書いてあった。
もうそろそろ、春になったら草津を出たほうがいいんだろうか?草津を出るとしたら、どんな仕事を
したいんだろう?自分の中で、私はまだ草津を出てから何をして食べていくと言う具体的なプランが
出来上がっていないのだ。二級ボイラー技士は草津にいる間のつなぎのつもりだったのだけれど、
現状では発揮のチャンスがなさそうである。何か資格の勉強は冬の間にしなければいけない。

つまるところ、自分はどう生きて行きたいのか、私は自分自身が分かっていないのである。自分の器が
どの程度のものであるのかも知らないのだ。行動した結果にエラーが発生した今、私は自分の底力を
天から試されている。私にとっては何が幸せなのだろう?何があれば豊かなのだろう?
| SHO | 再就職 | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする

この記事のトラックバックURL
http://ranjo.tblog.jp/trackback/63714
トラックバック