藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
おもろなってきた
今朝になって、ハローワークから両方の求人先に連絡を入れたところ、両方から「残念ですが…」の
返事が。状況が早く分かって良かったとは思わないけれど、面白くはなってきた。ハローワークと
相談していて、ガッカリしなかったと言えば嘘になるけれど「さぁ、これから職探しのフィルターの
能力がもっと上がるぞ」と思ったことも確かだ。

ベストを尽くした上での結果なので、それはそれとして受け入れられる。
今日も午後からハローワークだなぁ。どこか方向が間違っているのか、それとも方向は合っている
けれどフィルターの能力がまだ低いだけなのか。分からないけれど、日々のベストを尽くそうと
思った。その日その日のベストを尽くして、結果については過度に執着するな。それでいいのだ。

まだ仕事が見つかっていないということは、まだ職探しのフィルターの能力が上がるということだ。
フィルターの能力が上がったから信州移住の際に苦労しないとは限らないけれど、少なくとも
打たれ強くはなるだろう。今思うと、今までの方がうまく行き過ぎていたのだ(私は、就職試験で
落とされたことがほとんどないので)。

今日は、火山が爆発する夢で目が覚めた。火山が爆発する夢とは、感情が放出されてスッキリする
ことを意味しているそうだ。今、ブランチを食べているところ。午後からハローワークにもう一度行く。
…つもりでいたら、今日は午後から説明会があるそうで、ハローワークに行くのは明日にした。今日は
暇になったので、何か他の角度からこの事態を見ることはできないのかじっくりと考えてみよう。

昨日の話にもう一度戻る。昨日の記事で書いていたのは、こういうことだった。

実は、多くの人たちは【自分では気がついていないけれど】、
自分で自分自身を巧妙に今の現状から変わらないように
仕組んでいるんだということでした。


内面の変革で状況の全てが変わるわけではないけれど、いくら外的状況に変革が起こっても内面の変革が
行われていないと状況の変化をキャッチできない。十分条件ではないけれど、必要条件なのだ。だから
内的変革に目を向けることは必要だけど、一方で内面の準備が整っていても何かの都合で大いなる力が
「まだ」と判断していれば仕事は与えられないだろう。仕事探しにはシンクロシニティの側面もある。
いたずらに欠乏感をあおっても状況は変わらないのだ。旅行中に電車が不通になった状況と同じで、
常にアンテナを張り巡らして「衣食住」の確保に尽力することも大事だけれど、確保に失敗した時の
状況を考えた上で、運を天に任せることも大事だ。

そんなことを思っていると眠くなってきた。散歩に行こうかな、それとも昼寝しようかな。そんな選択が
できるのも今のうちだ。仕事がないのはつまらないけれど、私はまだ無意識では仕事をしたくないのかな?
人生の惰眠を、もう少し貪っていたい気持ちもあるなぁ。

「なぜ多くの人は、幸せな人生を生きるという選択をしないでいるんだろう?」

ってことが同じ記事には書いてあった。
今日は、とりあえずジタバタしても状況は変わらない。ヤケを起こすのは違うけど、いたずらに
「どうしよう」と不安がって見せたところで何か手が差し伸べられるわけでもない。草津の求人が一昨日と
今日で急に増えるわけもない。「幸せな人生を生きる」と言うことを第一義に考えると、人生の中で
今日は何ができる?と考えたら、ゆっくり寝るとか散歩するとか、『ガンダム』のDVDでも見るとか、
そういうことが一番幸せな一日を過ごせそうな気がする。
| SHO | 再就職 | 11:13 | comments(2) | trackbacks(0) |

コメント
さだまさしの「道化師のソネット」という歌があります。
僕達は小さな船に、哀しみと言う荷物を積んで 時の流れを下ってゆく 船人たちのようだね
というように流れに乗っていけば、絶えず変化は訪れるものです。でも、私たちは時に濁流や急流を恐れて、船を陸に上げてしまったり、その先に何があるのかを怖れて、流れに逆らったり。

「自分の状況を変えないというゲームから降りることに決めた」にしむらさんは、もうそのままでにしむらさんの船は流れ始めて。以前は「変えない」と思って変化を拒んだかもしれないけど、今は流れていく中での「変わらない」ポイントにいるだけのように見えます。

うまくいかない、ことには山程の理由や追求するべき自分像があっても、うまくいくことにはそんなものなかったりして。(だから、私などは逆境にいるときの方がイキイキしてます^^;)

大学時代、秋田の雄物川をイカダで下ったことがあります。
美しい景色でした。にしむらさんにも、すぐに新しい景色が見えてくることでしょう。
体に気をつけて頑張って下さいね。
| ライラ | 2005/12/08 4:12 PM |

私は逆境でワクワクはしないですねぇ。楽しむ心もありますが、やっぱり
ガッカリしてしまいます。今も、見た夢が全部「あなたは疲れていますよ、
エネルギーの補給が必要ですよ」ってサインばかりで「やっぱり」と深く
納得していたところです。

雄物川も、ライラさんのいた辺りだと下流ですよね。いいなぁ。
私にも、どんな景色がこれから見えてくるのか。とりあえずは、
ちょっと一晩ゆっくり休息したいかなぁ、と思いました。
| にしむら | 2005/12/08 6:53 PM |

コメントする

この記事のトラックバックURL
http://ranjo.tblog.jp/trackback/63508
トラックバック