藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
Original Cast Recording 『MAMMA MIA!』
Mamma Mia
Mamma Mia
Original Cast Recording

これはミュージカル『MAMMA MIA!』のロンドン初演のキャストがレコーディングしたオリジナル版の
サウンドトラックである。最近、5周年記念盤も発売されているが(そちらはアンコールのWaterlooも
入っているので、欲しい!)、今回紹介するのは、私が持っているオリジナル版である。

ミュージカル『MAMMA MIA!』は1999年にロンドンで初演され、世界各地に飛び火して大ヒットした
ミュージカルである。日本でも2002年の暮れから劇団四季が公演を行い、現在は大阪劇場でロングラン
公演中。1970年代に大ヒットしたスウェーデンの男女4人組、ABBAの曲を使っていることで話題になったが、
ABBAの曲がもともと持っているポップさやストーリーの明快さ、メッセージなどのエッセンスがそのまま
ミュージカルでも再現されている。

ストーリーはいたって単純。結婚式を控えた主人公ソフィー(日本版では主人公が母親のドナになって
いるけれど、正しくは娘のソフィーであろう)は未婚の母親ドナから生まれたのだが、父親が誰だか
知らずに育ったのだ。結婚式のバージンロードで一緒に歩くべき、父親の可能性がある男がなんと3人も
いて、ソフィーはその3人全員に結婚式の招待状を出す。母親のドナに内緒で、母親の昔の男を3人も
連れてきたものだからドナは驚き、ドナが若かりし頃に組んでいた女性3人組のグループのメンバーも
巻き込んで、娘と母親、それぞれの世代の男女間で物語が展開する…と言うストーリー。

このミュージカルには悪役がひとりもいなくて、それぞれがそれぞれの深い事情を抱えて生きている。
人間の幸せとは、結婚とはどういうものなのか…というテーマで物語が展開していくのだが、人生の
大事なテーマを扱いながらもいたって軽快に、時に笑い、時に涙を誘いながら展開していくストーリーに、
何度聞いても引き込まれてしまう。もともとあった、ABBAの曲の歌詞の持つメッセージに加えて、
ミュージカルのストーリーがプラスアルファの魅力を加えていて、ついつい聞いているうちにホロリと
泣けてきてしまう。最後は涙で心が洗われるようなハッピーエンドが待っている。

このアルバムはオリジナルキャストなので全て英語だけれど、分かりやすい英語なので、ある程度の
英語力があれば直接聞いても理解できる。サウンドトラック単体でも相当楽しめるけれど、機会があれば
本体のミュージカルも見ることを強くおすすめする。日本公演は歌詞も全て日本語に直されているが、
サウンドトラックと私が見た東京公演を聞き比べる限りでは、そのエッセンスは変わってないと思う。
| SHO | 音楽 | 17:41 | comments(2) | trackbacks(0) |

コメント
こんにちは!12月になりました。今月も宜しくお願いします。
来週、長野に出張です。毎月一週間は滞在しています。5年前は
1年間、単身で長野市に住んでいました。四方八方、山、というイメージです。冬景色は墨絵のようで、さすがに3月くらいには
疲れてきたように記憶しています。と、言ってる今は札幌ですが・・・
当時よく温泉にも行きましたよ。
| 春団治 | 2005/12/01 6:34 PM |

春団冶さん、こんばんは。
今月も、どうぞよろしくお願いいたします。

長野にご縁があるとのこと。長野も雪のシーズンが近づいてきましたね。
私は長野で泊まったことは一度しかなくて、冬景色は一度も見たことが
ありません。いずれ見てみたいです。草津スキー場の最上部からは
妙高が見えるので、景色を見ているといえば見ているのですが…。

札幌も寒くなってきた頃かと思います。10月や12月に来札したことが
何度かありますが、空気がキーンと冷えて気持ちが良かったのをよく
覚えています。そろそろ風邪の季節ですが、くれぐれもお体お大事に。
| にしむら | 2005/12/01 6:42 PM |

コメントする

この記事のトラックバックURL
http://ranjo.tblog.jp/trackback/62378
トラックバック