藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
天河・吉野行き決定
ようやく来週の予定が決定。11月23日に、天河神社の祭りに行くことが事実上決まった。9ヶ月ぶりだ。
天河神社に行くのは今回が3回目。3回来て初めて天河の本当の素晴らしさが分かる、とあるホームページに
書いてあったけれど、さて、今回はどんな感じになるのだろうか。アシタバ茶のおばさん、元気かな?

今回に備えて、テントとシュラフとテントマットは準備済み。自転車で行動するので、アタックザックを
今回は用意している。今の天河の気候では夏用のシュラフでは対応できないので、今回も春秋用のかさばる
シュラフを持っていくことになりそうだ。自転車を使うので、過去2回に比べると相当の自由度を持って行動
できる。24日が一日フリーになるので、前回は行けなかった丹生川上神社下社にも行きたいと思っている。
25日の夕刻までに吉野に行けばいいのだけれど、24日の夕食以後は断食修行に入るので、身体に負担の
かかる自転車での行動はしない。テントで2泊することになるので、さてどこで泊まろうか?

初めは「青春ドリーム」か長岡回りで急行「きたぐに」での天河入りを考えていたのだが、草津温泉の
バスターミナルへ行って、気がつくと「ムーンライトながら」の指定席を押さえてしまっていた。今回は
自転車を持っているので、往路は珍しく近鉄特急を名古屋から使おうかな。

天河神社へ直通するバスは1日に3本しかないし、午前中に天河神社に着きたければ8時45分下市口発の
始発に乗る必要がある。自転車だと洞川温泉行きに乗って天川川合から自転車という手も使えるので、
9時15分か10時15分に下市口を出るバスに乗ればいい。どちらの便に乗るにしても名古屋からだと
特急を使う必要がある。3年前の初訪問時は名古屋から津まで乗って急行に乗り継げば良かったところが、
近鉄特急の時間が10分繰り下がったため最低でも名張まで乗らなければならなくなった。それなら
下市口まで全区間特急を使っても300円しか変わらない。だったら今回の往路は全区間特急かな、と
思ったのだ。天川川合まで行ってしまえば、天河神社まで自転車なら15分か20分くらいで行ける。
天河神社で検索をかけていて思い出した。「ネクブサ」とか「ことの葉リーディング」は、全て
30's style」というサイトからつながっていったのだが、そもそもは天河神社について検索していたら、
30's styleの中でウルヴォイ彩佳さんと言う方が書かれていた天河神社紀行がヒットしたのだった。だから、
全ては天河神社から繋がって縁が広がったことになる。面白いことだ。求めれば与えられる感じがする。

それにしても思いのほか寒さが厳しい。今朝の6時の気温は天川村が3度で黒滝村や下市町はなんと1度!
日中の気温は10度以上まで上がるから草津よりはるかに暖かいのだが、それでも明日の天川村の予想
最高気温は9度。草津は今晩は乾雪の予報だから天川とは10度近く違うけれど、今の天川の気候は
一週間前までの草津の気候だと考えてほぼ間違いない。これだと春秋用のシュラフでも対応は難しいので、
夏用シュラフをインナーとして使うしかないかな。風邪を引いて修行に差し支えては本末転倒だ。
そんなの馬鹿馬鹿しいから、防寒対策はしっかりしなければ。
| SHO | 修験道 | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする

この記事のトラックバックURL
http://ranjo.tblog.jp/trackback/60182
トラックバック