藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
ことの葉リーディング
今日は疲労困憊。
ボイラー講習そのものは10年ぶりなので、錆びついて蜘蛛の巣が張った頭の中の蜘蛛の巣をひとつひとつ
払いのけていくような一日だった。でも楽しい。あと2日、頑張って行こう。

疲労困憊の原因はこの後だった。別に悪いことではないからいいんだけど。
夕方にボイラー講習が終わってから、エッセイストの矢尾こと葉さんの「発芽*カフェ」まで
「ことの葉リーディング」に行って来た。「ことの葉リーディング」とは先月から始まった試みで、
ご本人による説明によるとこんなもの。

対面セッションで、クライアント様のお話を伺い、
出てきたキーワードへのOKサインや
感じたことをお伝えしていくというのが、
ことの葉リーディングのスタイルです。


どういうものなのか、説明が非常に難しい。ひたすら対面で楽しくしゃべっていたと言えばしゃべっていた
のだし、でも今回設定したテーマに沿ってしゃべっていた事も事実で、楽しいと言うか真面目な話をして
いると言うか…。売り文句にある通り「潜在意識にまでアクセス」していたことは間違いない。本当は
2時間の予定だったのだけれど、話がどんどん止まらなくて、気がついたら3時間半もセッションしていた。
3時間半は、「ことの葉リーディング」を始めて以来の最長記録だそうだ。光栄なのか申し訳ないのか。

完全集中モードで3時間半も話していたから、楽しく辞して家に帰ってきたらドカッと疲れてしまった。
もう本当にフラフラ。我ながら、ものすごく集中して話をしていたことになる。
今回のテーマは「短期的、中長期的なキャリアの構築について」だった。
どんどんキーワードが出てきたので、以下に列挙する。

1、五感で感じること。ボイラー、タービン、ディーゼルなど。
2、自然とダイレクトに関わる。帆船、波乗り、ヨット乗り。
3、エンジニアリングであること。
4、自然や人間が生み出したパワーを制御する部分こそがエンジニアリングの真髄だと思う。
  危険を含めて承知していることが大事。
5、人の身体、健康をエンジニアリングする。ヒーラー、マッサージャーなどもいいかもしれない。
  沖縄も(将来の移住先の)可能性あり。
6、重工業系に行ってしまうと(規模の大きすぎるエンジンを触るのは)違う気がする。1人で眼の
  届く範囲、気持ちの良いサイズ、規模であることが大事。
7、乗り物、交通の要衝で、大きな街ではない(移住先選びのキーワード。上田について)
8、五感が一番いいと感じる場所(本人は分かってないんだけど、非常に動物的に分かっている)
9、火と水と風を扱う仕事。
10、森林もキーワードか?五行に直結したこと。
11、呼ばれて行った、というのと、行って何かを感じるのとは、違うのかも(天河について)。
12、場所との相性がある。
13、エネルギーワーク(「感じる」ということにフォーカスする)。感じるということを自覚する。
14、感じることにフォーカスする。感じたことを言語化する。頭でふたをして否定しない。
15、「感じる能力」がテーマになっている。感じる能力を本人が認めるためには、何をしたらいいか?
  レイキ、瞑想など。(客観情報では私は「感じる能力」があるのに本人だけが分かってないこと)
16、感じ方が前回の断食道場と違った感じ方がないとしたら、レイキという方法もあり。
17、気持ちのいい責任の取り方のできる働き方を、上田に行った延長で探してみる。
18、感じる感覚を解放することに恐怖がある。
19、「感じることを解放すると、人生が全く変わってしまうだろう」ということは確実に言える。
  このことが、感覚を解放する最大のブレーキになっている。わざと自分のガイドラインを見ない方か?
20、天河に行ったのは、天河神社が目的ではなく、大峰山の女人結界の中の空気に触れるために行ったのでは?
  (初めて天河に行った時、私は何にも感じていないこと。その後、修験道とのつながりができたこと)
21、修験道の要地に縁があるのでは?
22、土地のエネルギーに直結している場所に行っている。そのことが、癒しとか感性を研ぎ澄ませることに
  つながっている。繰り返し行くことで「目的を明確化すること」に意味がある。
23、土地のエネルギーとエンジニアリングの間の、関連というか結びつきのあるものは?
24、私でないとできないことは?やってきたこと全てがアドバンテージになっている。
25、自分の描いているグランドデザインが、他人の目にはよく分かるらしいのに、本人には全然分からない。
26、感覚を解放すれば、自分の描いているグランドデザインがはっきり見えるのではないか。
27、人生のステージが上に行ったら、グランドデザインが変わるかもしれないし、分かるかもしれない、と
  ポジティブにとらえるだけで、今はいいのかもしれない。
28、今は、次に備えるために捨てるべきものを捨てる時期。来年以降動くために、いくつか捨てなきゃ
  いけないものがある。ひとつは航海士への未練、ひとつは大学への未練、最後に以前の恋への未練。
  年内に結論めいたものが出るのでは?
29、他人の口を通してメッセージやインスピレーションを受け取ることが多い。ご縁のある人がメッセージや
  インスピレーションを持ってやってくる。
30、草津にいる間に、病気にならないような働き方と考え方を身につける必要がある。
31、療養していたことは、すごく大きな経験である。
32、向こう9年間の締めと、来年以降への準備を始めている。今までやってきたことを、次のために備える。
  向こう9年間というのは、就職してから30歳になるまでの9年間のことを指す。

32が今日の結論として降りてきたことだった。
おまけ。今日のリーディングを通してどうなったか。

33、OfficerからEngineerへ転向することに対して迷いがなくなった。

私は3という数字に縁があり、30歳は激変の年になるだろう、ということも分かった。

帰宅してから、親に「あなたの夢はなんなの?」と訊かれた。答える必要がないから答えなかったし、
「ボイラー技士で正社員になって、本当にそれでいいの?旅行業とかの方がいいんじゃないの?」とも
言われた。もう動揺しなかったけど、リーディング前なら間違いなく動揺していた問いだろう。
私の夢は「卓越したエンジニアになること」だ。「卓越したエンジニア」とは、何も規模の大きな
エンジンを触る人、という意味ではない(個人的には、大型エンジンのエンジニアは尊敬しますが)。
文字通り「卓越したエンジニア」のことだ。

ことの葉リーディングについての案内はこちら
http://plaza.rakuten.co.jp/writer/diary/200510070000/
http://plaza.rakuten.co.jp/writer/diary/200509260000/
| SHO | 再就職 | 00:41 | comments(0) | trackbacks(1) |

コメント
コメントする

この記事のトラックバックURL
http://ranjo.tblog.jp/trackback/58320
トラックバック
リーディングの反響
●リーディングの反響東京は、昨日今日とサワヤカなお天気が続いています。こんにちは、こと葉です。昨日は「ことの葉リーディング」のお客様をおふたりお迎えしていました。別々のルートからでしたが、実はおふたりとも天河神社に行ったことがあるという方で、こんなと
| 【日記カフェ**ホトケとわたし**】エッセイスト矢尾こと葉がお届... | 2005/11/08 10:00 AM |