藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
ドライブよりバイクツーリングを
今、友人にメールを書いていた時に気づいたこと。

例えば彼女ができたとして、どんな関係でいたい?って聞かれたら、一緒にドライブするよりも一緒に
バイクでツーリングしたい。「中免持ちじゃないと絶対ヤダ!」って言っているわけじゃない。私も
中免はまだ持っていないしね。いずれ取るけど。相手がバイク持ちなら?もちろん私はOKです。

たとえば好きな人ができたとして、何を一緒に見たいですか?

という問いを考えた時に、自分の中で浮かんだのは「燃えるような夕焼けを一緒に見たい」ってことだった。
一緒に同じ感動をシェアしたいってことだ。それも、バイクで一緒に行けたら嬉しいな♪ってことも思った。

「燃えるような夕焼けを見ているとき」という答えは、

どんな時に幸せを感じますか?

の答えでもある。「爽やかな朝の景色を見ているとき」でも「オリオン座の骨格の中身まで見えるような、
満天の夜空を見ているとき」でも同じ。草津に住んでいたら自然の景色に感動することは毎日事欠かない。
それはもちろん、ひとりで見ても十分に楽しめるものであって、私は毎日感動しているのだけれど、その
感動を一緒にシェアする人がいて欲しいな、ってことも思うのだ。ひとりで見てるのって自己完結だから。
もうひとつ言うと、私はカウチポテトも大好き。って言うか、外に出ると感動することが多すぎるほどでも、
実際の行動は家の中でゴロゴロ…の方が圧倒的に多い。

話を元に戻す。
バイクツーリングと車のドライブの決定的な違いはいくつかある。大きくは、バイクは身体を直接
自然環境にさらして走ることと、バイクはそれぞれが自分のバイクを運転しなければならないこと、
の2つに集約される。密閉空間で同じ空気をシェアするのが車のドライブだとすると、開放空間で同じ
空気をシェアするのがバイクのツーリングだ。ふたりだけの世界を作りたいのなら車だろうけど、
自然とか空気感を共有したいのならバイクだと思うのだ。

「絶対に遠距離恋愛できないタイプ」の私は、本当はバイク派じゃなく車派なのだろうか?バイクだと
お互いの趣味が違う時は分離運転もできるし、私はそっちの方がいいと思うんだけど。
| SHO | 晩婚 | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする

この記事のトラックバックURL
http://ranjo.tblog.jp/trackback/57735
トラックバック