藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
なんでもない話題で長話するのが好きな人、求む!
さっきのバイクの話から続く。

こんな記事によると、

■相手があることで、なかなか思ったとおりのことにならない場合、
ひとつのやり方に固執してしまっている場合がある。

■そこから抜け出すには、
1:「それをする、手に入れることで、何が得られますか」という質問を
  繰り返していき、最終的には何のためにそうしようと思ったのか、に気づく
2:その最終的な目的のために、他に出来ることはないか探す

■関係なさそうに見えても、そうしたほうが早く最初望んでいた結果を得られる


のだそうだ。自分について考えてみた。

例えば、私は「バイクに乗りたい〜!」とも言っているし、「彼女が欲しい〜!」も言っているけれど、
彼女の方は自主規制中(笑)の状態である。当分は自分の生活を立て直すのが優先で、来年の2月に
空亡が明けるまでは「とにかく、これからに向けた土台作り!」の時期である。(いくら私が「常に誰か
隣にいないとダメなタイプ」でも、自分でこうやって納得している場合はストレスが少ないそうです)
まず、【バイク編】。
「バイクを手に入れることで、何を得られますか?」
自分で好きなときに好きな場所へ行けるようになる。
爽快感。

「好きなときに好きな場所へ行けるようになることで、何を得られますか?」
自由、かなぁ…。

「自由を手に入れることで、何を得られますか?」
生きているっていう実感。

「生きているっていう実感を感じるために、バイクを手に入れる以外の方法はありますか?」
彼女を作る。
窓の開くローカル線に乗る。
帆船のセイル・トレーニングに参加する。
草津の街を散歩する。
ツーリングに出かける!
近所の定食屋兼甘味処に出かけて、店のおばちゃんとバカ話で長話する。
うちの1階に住んでいる大家さんのところに遊びに行って、バカ話で長話する。

次に【彼女編】。
「彼女ができることで、何を得られますか」
なんだろう…。生きていると言う実感。安心感。

「生きている安心感を得るために、彼女を手に入れる以外の方法はありますか?」
え〜、思いつかない。

「じゃあ、小さなことでいいから、生きている安心感を得られるものは?」
人と話すこと。なんでもない話題で盛り上がって何時間でも長話すること。

そうか。バイクにしても彼女にしても、私は「一緒に、なんでもない話題で盛り上がって長話できる人」を
求めているわけだ。つまり、私は「なんでもない話題で盛り上がって長話するのが好きな人、求む!」って
言えば良いわけだ。たしかに、常に隣に誰かいないとダメなのは、私はおしゃべりで、話すのが好きなので、
バカ話で長話をする相手がいないと、毎日張り合いがなくてつまんないのである。

私と文通やメール交換をする誰もが驚くのは「にしむらのメールは、長い」ってこと。「にしむらとメールを
やりとりしていたら、他の誰かから『長文でごめんね』って書いてあるメールが来ても全然長いと思わない」
くらいには、私のメールは長い。もちろん、メールの中身の95%はバカ話がどんどん広がっていったもの。
私のブログも記事一件当たりの長さがすごく長いと思うけど、私がメールを書くと一事が万事この調子だ。

どんな親しい友達でも、私のメールの返事に対する返事が、私が書いた長さの半分もあればありがたいと
私は思っている。「世の中のほとんどの人は、どうしてこんなにメールが短くてメールの頻度が低いんだ!」
って言うのは私にとって大いなる不満であるが、あんまり言うと友達を無くすので黙っている。

高専時代に山口県の瀬戸内海の島に住んでいた頃は、寮から歩いて5分の店にはがき一枚買いに行って
2時間は時間がつぶせた。朝の10時の開店直後に本屋に行って、雑誌一冊買うだけで閉店まで店の
お兄ちゃんと話した挙げ句の果てに、晩ごはんまでごちそうになって帰ってきたこともある。私にとって、
山口とはそういう環境だから今も懐かしく、いつも「あそこは良かったなぁ」と思い出すのである。

就職して東京都内(当時)の実家に帰ってきて、何よりもつまんなかったのは「ふらっと出かけてバカ話を
する店がない」ことだった。だって、コンビニやスーパーでバカ話するわけにはいかないでしょ。草津は
コンビニでもバカ話するけれど、それは草津がそれだけ田舎だからできることだ。東京は、私にとっては
あまり人情が感じられない街なのである。
| SHO | 晩婚 | 04:23 | comments(5) | trackbacks(0) |

コメント
すご〜くよく分かります。今日もふらっと出かけてバカ話をする店がなくて帰ってきました。
田舎はいいなぁ、うらやましい。札幌も東京に比べれば田舎なんですけどね…。私は電話が長いと言われます。メールも長いですけどね、ブログ同様^^;
生きている安心感を得られるもの、がにしむらさんと同じなようですよ。
どこにでもありそうで、ないものですよね。
| ライラ | 2005/11/01 6:56 PM |

札幌は、大学時代に企業実習で2週間ほど住んだことがあります。
個人的には好きな、いい街です。

ライラさんも私と同じような体験をお持ちだと拝読しました。
どういうわけか共通の体験が多いようですね。不思議なものです。

私も、電話もメールも長い方です。安心感を得られるもの、本当に
よく似ているようですね。そちらのブログを拝見して、そう思います。
| にしむら | 2005/11/02 1:12 AM |

札幌にいらしたことがあるんですね。過去のブログを拝見しても北海道にもよくいらしているようで。やはり、北海道の人間として、北海道を好きと言ってもらえるととても嬉しいです。

これも何かの縁なのでしょうね。これからも拝見させていただきます。よろしくお願いします。
| ライラ | 2005/11/02 12:25 PM |

まったく意外なところから、このサイトにぶつかりました。残念ながら、私はバイクの趣味もありません。
野球もわかりませんし<笑> 
ごめんなさい。<m(__)m>
実は、私のブログにすごくアクセスしている方がいまして、それがどうしても不思議で、いったいどこからどんな理由で?と気になりまして、ちょっと調べてみましたら、どうもその方は西村さんのブログにもよく訪れているということがわかったのです。私のブログは本名も住所も公開されているので、不安というか、、いったいどういう種類の人たちがみているのだろうと気になってというのが始まりなんですが。
それで、ここにたどりついたわけです。スミマセン。

男の人の趣味はわからないので、ふ〜んと眺めていたところ、晩酌!というコーナーを見つけたので、この方ももしかして日本酒とか飲むのかなってってクリックしましら、、、、、、晩婚!の見間違いでした(>_<) 超そそっかしいですね。
でも、実は、ここを読んでいくうちに、とってもおもしろくて、はまってしまいました。
納得いくことが多かったのです。私は、ほとんど書き込みというのをしたことがないのですが、思わず、タイプをしています。私は、西村さんより年上で、夫がおり、彼は、バイクが大好きですよ。私は、私の仕事をもっていて、<小さい自分の事務所です>彼は、やはり彼の大好きな仕事に燃えています。お互いを高めあっているかどうかは、わかりませんが、お互いにお互いの仕事とかやることには敬意?をもってはいると思います。あと、家事は協力しあってます。ちなみに子供も二人居ます。
私もメールは長くて、周りにいる女友達は、いいのですが、
男友達の中には、メールをだしても返事をすぐかかないとか、
一言で終わりっていうような人が多いので、
ホントに、こういう時はとってもむかついてしまって<笑>
電話して、注意してあげることもあります<笑、、、ほとんど嫌がられますが 笑> でもそれができるのも親しい友達だからなんですが。
 まず、西村さんのように男の人でメールが長い人がいるんだということに、びっくりと感動もします。
私もブログも長いし、メールも長いです<笑>
夫と結婚したことも、手紙がきっかけだと思います。彼が手紙を書く人だったので。国際結婚なので、英語の手紙は大変でしたが(>_<)
私は日本に仕事で時々帰りますが、いつかは日本で暮らしたいっと思ってます。
メールは海外で暮らす私にとって、
唯一の友達との繋がりにもなるので、私にとってはとっても大切で、今の時代に生まれてよかったって思う日々です。
日本に一時帰国しているときは、日本の携帯メールにはまります。海外のは日本語が打てないので。
すっかりやっぱり!長くなってしまいました<笑>
又、これからも時々のぞかせていただきますね。
ところで西村一人さんというのはペンネームですか?
とてもいい名前ですね。
まったくわけのわからないところから、大変失礼いたしました。
| J | 2006/05/16 6:06 PM |

Jさんはじめまして!ようこそいらっしゃいました。
まず名前ですが、ペンネームです。というか私は歌人ですのでそちらの名前を使っています。
海外にお住まいとのことですね。わざわざ内地のブログに出向いて下さってありがとうございます。私も若い頃に海外で働いていました。また海外にも行きたいです。
うちのブログも決して訪問客は少なくありませんので、どなたがJさんと私の両方のブログを読んでいるのかは存じませんが、不思議なご縁だと思います。
最近の記事は全て携帯で打ってまして、このコメントも携帯からですので長文でなくてすみません。これからも、どうぞよろしくお願いします。
| にしむら | 2006/05/17 2:30 AM |

コメントする

この記事のトラックバックURL
http://ranjo.tblog.jp/trackback/57032
トラックバック