藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
『列島縦断 鉄道12000km 追憶編』
先週末に、土日の2日間に渡って『列島縦断 鉄道12000km 追憶編』と
題して『最長片道切符の旅』の総集編がBSハイビジョンで放送されました。
土日とも3時間ずつと言う超大作です。

私は土日とも放送時間帯に家にいませんでしたので、父親にビデオを
撮ってもらうよう頼んでいました。私は家を出てから長いので、家の
ビデオの操作の仕方が未だに分からないのです。だいたい、ビデオで
何か録画するなんて何年かぶりです。

それで、今日は晩ご飯を食べながら稚内から気仙沼までの旅を見ました。
私はJR20000km全線完乗のタイトルを持っているので全ての路線に乗った
ことがありますが、とても懐かしい・・・。JRに乗り終わったのも2年半前なら、
積極的に北海道の鉄道を乗り回っていたのは10年近く前の話です。
宗谷本線も釧網本線も、もう5年以上行っていません。自分が乗り回って
いた頃の感覚を思い出して、思わずジーンとしてしまいました。

旅人の関口知宏さんが、とても謙虚で見知らぬ人を訪ねるときに
礼儀正しいことに好感を持ちました。テレビの旅番組で、地元の
お年寄りに「お母さん」とか「おばあさん」とか気安く呼びかける
ものを見かけますが、お年寄りをちゃんと敬いなさい、と思います。
その点、この番組は安心して見ることができて好感を持ちました。

私も最長片道切符の旅をしたい・・・なんて思ったりもしました。
JR20000kmに乗り終わっても、自転車で日本を3/4周したことがあっても、
やっぱり最長片道切符の旅は「憧れ」なのです。私がやるなら、
自転車を持ち込んで途中下車しながらあちこち行きたいな。

私は、この番組のテーマ曲も大好きです。
パソコンから、CDウォークマンからカズンの『風の街』が流れてくる
たびに、旅に出たい感情を呼び起こされます。それもどこか遠くに
行くだけが旅じゃなくて、毎日の自宅最寄り駅から職業訓練校までの
30〜40分間の都心の景色もまた旅のひとつなのだと思い起こさせて
くれるのです。

旅をしている時の感情を、旅に出たい、と思う感情を呼び起こしてくれる
この番組を、ビデオに撮っておいて本当に良かった。まだ気仙沼までしか
見ていないのに「良かった」と過去形で表現するのも変ですが、
もし撮れなかったらきっと悔やんだことでしょう。

6時間ぶっ通しで見るわけにはいかないので、これから少しずつ見て
いきたいと思っています。とても楽しみです。
| SHO | 列島縦断 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする

この記事のトラックバックURL
http://ranjo.tblog.jp/trackback/4844
トラックバック