藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
タイヤとこだわり
今日はバイクの点検のために新居浜へ。

月末から八戸まで往復3000キロ近く走るのに、リヤタイヤとリヤブレーキが心許ないので点検に行ったら、案の定あと3000キロはもたないとのこと。ゴールデンウィークに札幌でリヤタイヤをダンロップのスポーツマックス・クオリファイヤーに交換してから、5ヶ月でほぼ1万キロ走っているので妥当な数字。

交換のタイヤとして、ピレーリのエンジェルSTを勧められた、というよりお願いされた。私はお店で最も長距離を走るお客さんなので、実際に使ってテストして欲しかったらしい。

性能やらいろいろ調べて、安かったけれど断った。理由は2つある。

1つは、これから冬場に入るので未体験のピレーリを履いて冬を越えるのは怖かったから。

積雪路面でも高速道路を走れる傑作タイヤだったブリヂストンBT-016が生産中止になった昨夏以降、後継のS-20はレイングリップが悪くて冬を越えたいレベルではなく、次に履いたメッツラーM5は問題外なグリップの悪さで、怖い思いをしながら冬を越えたのだ。昨冬と同じ思いはしたくなかった。

M5の次に履いたダンロップ・ロードスポーツ(フロントタイヤ)とダンロップ・クオリファイヤー(リヤタイヤ)は満足できるタイヤだったので、冬を越えるなら実績のあるロードスポーツにしたかった。

そしてもう1つ、エンジェルSTはブリヂストンならT-30やBT-023に相当するスポーツツーリングタイヤというカテゴリーのタイヤだから嫌だった。私が今まで履いてきたタイヤは全てスポーツタイヤで、スポーツツーリングタイヤより1つ上のランクのタイヤだったのだ。

私の乗るヤマハYZF-R6はスーパースポーツであって、どんなにツアラーとしても優秀としてもツアラーではない。R6にスポーツツーリングタイヤを履かせるのは、私のこだわりが許さない。

私はSS乗りであって、ツアラー乗りではない。SSをツアラー以上に乗りこなして長距離を走るストイックさがSS乗りとしての矜持なら、R6にスポーツツーリングタイヤを履いて楽できます♪というのは邪道ではないだろうか?

くだらないこだわりかもしれないけど、それを譲ったら何のために大型二輪教習に20時間かかって卒業できなかった劣等生が、SSで1日1200キロ走れるまで成長したのか分からなくなる。

ツアラーで1日1200キロ走れたって、そんなのは当たり前であって自慢にならない。だってもともと長距離を走るためのバイクなんだから。

常に正しい乗車姿勢で乗らないと私にも容赦なく牙を剥くバイクだからこそ、乗る価値がある。そこまで乗りこなすことに価値がある。1日で1200キロ走れる能力に価値がある。私はそう思ってバイクに乗ってきた。

整備が終わってから西条市内のいつものクレープ屋さんへ。いつ食べても、何回食べても美味しい。

| SHO | 携帯から | 14:55 | comments(1) | - |

コメント
 最近さっぱりtigers-netに出てこないので、いかがしたはりますか?
なかなか乗れないのですがNC700Sを楽しんでいます。今度、教習所向け専用の750嬌任帽腓擦董∩瓦750佞砲覆襪気Δ任后
| 北大路 堀川 | 2013/12/01 10:45 AM |

コメントする