藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
ストレングスファインダー
私の資質として「目標志向」「未来志向」「最上志向」というものがあります。

私が日常考えていることの8割くらいはこの3つではないでしょうか?

まず目標志向について。
「あなたの目標は何ですか?」と聞かれて間髪入れずに3つ返事できない、ということはほとんどありません。即答できない理由は、そのほとんどは質問者が私の回答を知ることが私の利益に反する場合。これはとても多いです。

私に何をするにも目標設定が必要なタイプで、目標は明確でなければなりません。目標に向かって今の自分が動けているかどうか、目標を達成するために今は何をするべきか、という自問自答は、1日に何万回と行っているでしょう。目的地も定めずにただ旅をするのが楽しいなんて、絶対にあり得ないタイプです。

次に「未来志向」について。
私の「目標志向」と直結していますが、私の考えることの大半は未来のことです。未来をどうしたいのか、そのために今この瞬間は何をするべきなのか、という自問自答も1日に何万回と行っています。

そして「最上志向」について。
今、私の最上志向が最も顕著に表れているのはバイクについて。私は決して速いライダーでも上手いライダーでもありませんが、でも自動車学校を卒業したままほどほどにしか乗っていないライダーよりは、はるかに上手いライダーではないでしょうか。

スーパースポーツで、2日以上のツーリングで1日1200キロ走れて下手なはずがないのですが、そう言えるのは同じことが普通にできるライダーはほとんどいないから。文句あるなら同じことをやってごらん、と思っています。

もちろんそういう人で私より上手いライダーは他にもいるのですが、私は平均的なライダーでは嫌なのです。競争したいわけではないけど、一番ではいたいのです。一番になれない競技なら、私にとっては参加する意味がないのです。

私が短歌の世界から手を引いた最大の理由がこれだと聞いたら、納得いく人はいるでしょうか…?

自分のもともと持っている、本質的な資質がこれだと分かった後で、考えるのは「では、どう活かせば私は北海道に行けるのか、選択の問題として居住地を自由に選べる暮らしができるのか、生涯現役で旅人の人生を選べるのか」ってこと。私にとっては、すべての事象はそこへ行き着くための手段に過ぎないのです。

| SHO | 携帯から | 19:20 | comments(0) | - |

コメント
コメントする