藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
続きのさらに続き
ベースボールマガジン社から北海道日本ハムファイターズの誕生10周年メモリアルブックが発売されていたので買ってきた。

読みながら、「北海道か、群馬か」ということを考えている。昨年からずっと考えていることで、昨年は結果的に転職できずに会社内で人事異動したので沙汰止みになっていた。

アトピーの調子が今年は四国に来て5年目で一番悪い。異動してまだ1年なので今すぐ動ける状況ではないものの、四国に来て十分な強さの温泉がないことも再移住を考え始めた理由のひとつ。

それらの事情がなくても、北海道に住みたい希望が揺るがない以上、再移住の検討は時間の問題だったとも思うのだが。

3年前に結婚の話が実はあって、結果として結婚しなかった。その時点で結婚していたら進路が変わっていたかもしれないけれど、今となると再移住を検討し始めているのに結婚できないよね、と考えが変わってしまっている。

親は私が40歳になる前に結婚して欲しいらしい。でもそんな事を言うなら結婚の話が出た時に反対しなきゃ良かったんじゃない?結婚はできる時にしておかないと、タイミングを逃すとできなくなる。数年以内の再移住を考えているのに、今さら自分の行動を縛るようなことはできない。確実に移住の障害になるから。

30代も後半になって、もう結婚しないかもしれないなぁ、ともリアルに思い始めた。結婚したくて仕方なかった時期もあるけれど、真剣に望んでも上手くいかなかったのなら仕方ないじゃない。友人のなれそめとか聞いていると羨ましくも思うけど、残念ながらそんな甘酸っぱい青春時代でもなかった。自分のできることをその時々に精一杯やって来たら今の自分になっただけ。

旅は裏切らない。私は生涯現役の旅人でいたいし、生涯現役を続けることが究極の目標でもある。

座右の銘は?という問いに、数年前から

旅に病んで夢は枯野をかけ廻る 松尾芭蕉

を挙げている。この句は松尾芭蕉の辞世の句。私にはこの句が身近に感じられる。常に体の奥から旅に出たい思いが沸き上がっているので。

この句を思うたびに、私自身には「旅に病んで」じゃなくて「旅を病んで」の方がふさわしいかもしれない、と思う。自分でも私の放浪癖はビョーキだと思うので。

| SHO | 携帯から | 23:04 | comments(0) | - |

コメント
コメントする