藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
どこに住もう?の続き
職場で旧知の人と仕事の話をしていて、ひょんな話から仕事論というか社会人論みたいな話になった。

私ではない人の話からなったのだが、仕事から逃げる人、転職癖のある人の話になって、私もそうではないだろうか?と考えた。

私の場合、人生で最優先の価値を旅が占めているのは昔からで間違いない。一生旅人を続けることが究極の目標とも言っていて、これも今に始まった話じゃない。

北海道に住みたいとも、高専時代から言っていたことでもう20年以上も言っている。インターンもわざわざ希望して北海道の企業にしたくらいで、北海道に住みたいと考えているのも間違いない。

私の職業的アイデンティティは?と考えた時に、今の私には職業的アイデンティティがないと気づく。昨年異動したことで、航海士という元々の職業とは完全に縁が切れてしまったし、だからといって今の仕事はまだ1年足らずだから職業的アイデンティティにはなり得ない。

私はいったい何者なのだろう?仕事という枠を外せば「旅人」という一言で片づくのだが、仕事という枠をはめた途端に分からなくなる。

ある程度は我慢して仕事を覚えないと、北海道に行くための転職ができなくなる。という言い方は正確じゃないな。ある程度の年齢になれば、ある程度の知識と経験を最初から期待されるので、今いる環境で精一杯身につけておかないと転職すらできなくなる、ということなのだ。

だから目の前の仕事を精一杯やらないといけないわけだけど、だからといって自分が何を考えているのかも大事。

私の場合は放浪癖というのかもしれないけど、漂泊の思いは止まない。旅に出たい。

アトピーの調子が悪化していることもあり、どこに住む?ということは毎日考えている。

旅の拠点にする。
体の調子を整える。治す。
旅に出ていない間、そこで暮らす。

という3つの機能が要求される。北海道に暮らしたいのは本当だけど、これらの機能を満足しているのだろうか?それはいつも考えている。

群馬に戻ったら?ということも常に考える。あるいは新潟県か。私が日本中を回ってきて、次はどこに行きたい?と考えると新潟県北部から山形県、秋田県にかけての日本海側というのは常に上位に挙がる。何回行っても好きな場所なのだ。

実家のある千葉県ではなく、群馬が北海道以外では筆頭の候補に挙がるのは日本海側東北、北海道、そして中部、北陸、関西へのアクセスの良さという理由がある。そしてもちろん東京へのアクセスの良さも。自分が4年住んでいて良さも土地勘も分かっていることもある。

群馬に次に住むんだったら渋川か中之条、と思っているけどね。昨年は前橋か高崎と言っていたけど…。四国に住む前に住んでいた草津温泉は不便過ぎるのと、今は草津温泉が合っているわけではないので、考えていない。

| SHO | 携帯から | 07:22 | comments(0) | - |

コメント
コメントする