藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
覚悟の問題
今日はすごく良い天気で、夕暮れの空もすごく高かった。東京には絶対にない、この景色を求めて四国に移住する人は必ずいるはずで、確かにとても良い景色。

にもかかわらず私は北海道の札幌周辺に住みたいと(四国に住むずっと前から)言っていて、香川県に住んで4年になるけど、四国の良さも知った上で、やっぱり一生四国に定住する気にはなれない。

四国に住んでいる人には、四国から出たことがなくて四国に一生住むつもりの人、四国を一時的離れていたけど戻ってきて四国に定住している人が山ほどいて、四国在住5年目の今も私はカルチャーショックを受け続けている。香川県が人生で10都府県目の私とは、真逆の生き方だから。定住志向のない私には今でも驚異というより脅威で、慣れない。

昨日の話の続きになるけど、私は何かのプロフェッショナルなのだろうか?とは日曜日の会合以来ずっと考えている。もちろん今も定職には就いているし、目の前の仕事をないがしろにする気はない。でも、私は今の仕事の第一人者ではない。一生今の仕事を続けるのかと考えると、疑問符が大きくついてしまう。腰が一歩引いてしまう自分は間違いなくいる。

私に足りないものは何だろう?と考えたら、最初に出てきたのは「覚悟」。

旅に対しては、一生旅人を続ける前提で人生を考えているわけで、覚悟がきっとできているのだろう。バイクだって、今のバイクを乗りこなすのに一番必要なのは「覚悟」だと思う。

大型二輪の免許を取るのに正規は10時間なのに20時間かかった私なのだからセンスは人並み以下なはずで、私と同時期に免許を取った大多数のライダーと私を分けているのは「絶対にスーパースポーツを乗りこなす」という覚悟の問題。そして「絶対に日本一周する」という覚悟の問題。私は、これだけは他人に負けたくないのだ。

それだけの覚悟を今の仕事に対して持てているだろうか?と考えると、今の仕事をないがしろにするつもりは全くないけど、そこまでの覚悟を持てているとは言えない。さっき書いたことの裏返しで、私と第一人者たちを分けている境界線は覚悟の問題なのだろう。

じゃあ、どうする?と考える。短絡的に、だから旅に出ます、とはいかない。

| SHO | 携帯から | 21:44 | comments(0) | - |

コメント
コメントする