藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
3%の会と名刺
先週の土曜日に、3%の会という会の会合に行って来た。

それから一週間近く、いろんなことを考えていた。今後の将来設計の話、あきらめるつもりの全くない北海道移住の話、まだ叶っていない希望の話、などなど…。

昨年8月に異動して、それ以前よりは幸せになった。それは間違いないのだが、幸せになりきれてはいないと、ずっと感じている。幸せになった結果に意味があるのではなく、幸せになろうとする過程に意味があるのかもしれないが…。

人生お一人様一回限りと考えた時、どうしたい?と考える。それとセットで「もし誰とも出会わなかったとしても、どんな孤独にあっても人生の最後にそれでも幸せだと言い切れるためには、何をすればいい?」とも常に考えている。

今回、初めてプライベート用の名刺を作った。私の名前と肩書き、連絡先だけしか書いていない名刺で、ネットカフェでExcelを使って1時間で作ったのだが、肩書きは「旅人」とした。JR全線完全乗車と自転車・バイク日本一周達成者である旨も、名刺に書いた。

仕事で会う人と海事関係者以外に会社の名刺を渡す必要はないし、3%の会の方に会社の名刺を渡したところで、それがビジネスにつながることは期待していない。もっと言えば、自分自身と握手のできる人生を目指す人の集まる会合に、会社の名刺を渡すのはふさわしくない。私が彼らに知って欲しいのは、旅人という肩書きの私なのだ。私は今も会社員の傍らで、年間数十日は旅人に復帰している現役の旅人なのだから。

どこの会社に勤めているか、なんて私の本質にはどうでもいいこと。私が名刺で本当に知ってもらう必要があるのは、私はキャリアのある旅人で、旅人を一生続けることこそが私の人生の本業なのだということなのだ。

もしひとりで死ぬことになっても、納得のできる生き方とは何ですか?という問いの答えが私にとっては旅人を一生続けるということだった、ということ。子供の頃から旅が最大の価値観で、今もこれからもそうだということだ。

という人が、幸せな人生を目指す人の会合で会社の名刺を渡す方が不自然じゃないですか?ましてや3年以内の北海道移住を目指すってことは、今の会社の名刺を渡す意味が全くないでしょう?

| SHO | 携帯から | 21:29 | comments(0) | - |

コメント
コメントする