藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
本棚の本
もう15年以上前の新卒の頃によく読んでいた本を、本棚から引っ張り出して読んでいる。

黒木安馬さんの「出過ぎる杭は打ちにくい!」という本。当時、著者は日本航空のシニアチーフパーサーをしていて、「一万メートル上空から観た人生成功人間学」と副題がついている。

という話を書いたのは著者が来月高松に来るからで、私は即座に申し込んだのだけど嬉しくて仕方がない。

私がスマートフォンを買ったのを期に北海道新聞を購読したのは、いろいろ考えたけどやっぱり理屈抜きで北海道に住みたいからで、北海道に住むなら札幌周辺が良くて、時期的には今は社内で異動してキャリアを積んでいる時期なので準備はするけどまだ先の話で、今は着々と準備をすべき時期だ、ってこと。

例えばフェラーリが欲しかったら、一番良いのはフェラーリのディーラーに出かけて欲しい車の運転席で写真を撮ってもらって年がら年中見ること。私は日本一周したかったし、スーパースポーツというジャンルのバイクに乗りたかったから年中そのことばっかり考えていたら、本当にスーパースポーツで日本一周してしまった。私が実は自動車学校でとんでもないダメ生徒だったなんて、そのバイクで関西から北海道まで1日で走れる今となったら笑い話だ。

なぜ札幌周辺なのか。私は北海道に住みたいけど旅人であり続けたいので、大きくあちこち行きたかったら札幌周辺しか選択肢がないのだ。それに北海道らしい暮らしがしたかったら札幌周辺でも十分に味わえる。

要は北海道で暮らしたいだけで田舎暮らしは望んでいないから札幌なのだ。

高専時代を通じてJR北海道の車内誌を購読していたし、大学時代のインターン先はそのJR北海道だった。自転車日本一周では全期間の半分を北海道で過ごした。そして今は毎年ゴールデンウィークを北海道で過ごしている。

棒ほど願って針ほどしか叶っていないけど、それでもバイクで日本一周を達成して毎年北海道に通って今でも北海道に住む希望を持ち続けている人がどれだけいる?と考えてみれば、棒ほど願って針ほどは叶っているよなぁ、とも考える。

だから北海道新聞を選んだわけ。数ある新聞の中で、専門新聞として読んでいる日本海事新聞以外の一般新聞が北海道新聞でなければならない理由がある。私が北海道日本ハムファイターズのファンという事情もあるけど。

というのは私の話だけど、今書いた話のかなりの部分、似たような話が「出過ぎる杭は打ちにくい」には出てくる。私だって旅人としては相当なレベルまで行っていると思うけど、まだまだ本人的には棒ほど願って針ほどしか叶っていないレベル。でも棒ほど願っているから実現したのだ。

自分で言ってりゃ世話ないけど、JR全線完乗とバイク日本一周を両方達成するには単なる腕と思い込み以上の鋼鉄の意思が必要だった。特に日本一周は自転車で中断してからバイクで再開するまでの9年半の間、せっかく入った大学は中退するわ体を壊して働くこともできなくなって4年も湯治するわで、チャンスを模索しながらあがき続けた時間は本当に長かった。今だから言えるけど、普通なら諦めてもおかしくない状態だったんじゃないだろうか。諦めようと思ったことは一度もないけど。「絶対に日本一周してやるんだ」というのを心の支えにして9年半を耐えたんだけどね。

自分で書いていて、だから北海道移住だってできるはずだ、と勇気が湧いてくる気がする。

| SHO | 携帯から | 20:56 | comments(0) | - |

コメント
コメントする