藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
絶対のこだわり

先日、鳴門スカイラインの四方見展望駐車場で写真を撮ろうとしたら、4年6ヶ月使ったF706iの画面に縦線が走った。

外装を2回全交換して、電池も毎年交換して使い続けた愛機ではあるけれど、そろそろ寿命が近いみたいなのでクラッシュする前に機種変更することにした。

昨日から検討して、決めたのはAQUOSフォンのSH-04E。在庫切れで予約発注したので月曜日に機種変更の予定。

後継機種選びの条件はこんなもの。

防水携帯であること。
電池容量が大きいこと。
スマートフォンであること。
制服の胸ポケットに入って取り出しやすいこと。
外装の色は絶対にピンク。(ショッキングピンクは不可)

自分で自分のこだわりがあるんだなぁ〜と思ったのは外装の色。性能に大した違いがない中で、AQUOSフォンにした最大の理由はピンクの色設定があったこと。

白の本体に半透明のピンクのソフトケースでも良かったのだが、ハードケースもソフトケースも、ピンクの設定はショッキングピンクだった。趣味が悪い色だし、長く付き合いたい色でもない。

私は絶対に、白みがかった柔らかいピンクの携帯が良かったのだ。そんな「絶対」のこだわりが自分にあるとは思わなかったので、意外な感じがした。

でも今の携帯を4年半も使った最大の原因のひとつはストレスを感じない色だったことだし、私はウォークマンもピンクを選んで半透明の白のソフトカバーをつけている。今度買う携帯も同じ仕様にするつもり。飽きない色だし、淡いピンクは私にとっては一番好きというより一番ストレスを感じない色。

考えてみれば私はバイクの色にも絶対のこだわりがあって、YZF-Rシリーズなら絶対に黄色と黒のUSインターカラーが、GSX-Rシリーズなら絶対にトリコロールカラーが良い。私がR6の買い換えを検討した時に筆頭に上げたのは06年型R1のUSインターカラーだし、そもそも私のR6が03年型なのは、私のR6と同じデザインのR6でUSインターカラーは03年型のヨーロッパ仕様以外に存在しないからなのだ。

このこだわりは、いったいなぜなんだろう。自分でも分からない。
| SHO | 携帯から | 20:22 | comments(0) | - |

コメント
コメントする