藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
我ら、10万k mクラブ
別冊モーターサイクリストに「我ら、10万kmクラブ〜1台のモーターサイクルといつまでも、どこまでも〜」という連載がある。

愛車で10万km走るというのはけっこう難しく、年間2万km乗っても5年、年間1万kmで10年、年間5000kmなら20年かかる。それを1台のバイクで走り続けること自体がすごい。本人は努力とは思っていないかもしれないけれど、努力を継続しないで達成できる距離ではない。

私とR6の付き合いは4年2ヶ月目の現在で77300km。順調に走れば今夏にオドメーター100000kmを迎え、来夏にも私自身にとっての100000kmである117000kmを超える。

だいぶ見えてきたけれど、まだまだだなぁ、と思うのだ。

昨夏に念願のバイク日本一周を達成して、私の目標は「まずオドメーター10万km、次にオドメーター117000km」に変わった。そこまで走ったら自分の目標がどう変わるのかは分からないけど、積み重ねの目標なので自分が乗ろうと決めないと1kmも距離は増えない。努力しないで達成できる目標ではない。

最近よく考えるのは「10万km走ることが大事なのではなく、そこまでの過程にこそ価値があるんだ。致命的な事故を起こさなかったこと、情熱を持続させ続けたことに本当の価値があるんだ。」ってこと。

私だって残り22700kmのどこかで致命的な事故を起こす可能性もあるし、交通事故の後遺症の左腕の痺れと左肘の痛みが耐えきれなくなる可能性もあるし、昨年末に交通事故で強打した右肩もまだ治らない。10万kmを走りきれる保証はどこにもない。
| SHO | 携帯から | 19:59 | comments(0) | - |

コメント
コメントする