藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
R6入院(たぶんオーバーホール)
今日、会社帰りに新居浜まで行ってYZF-R6を入院させてきた。ただいま帰りの電車の中。

久しぶりに乗ったけど、やっぱりとても良いバイク。ポジションが楽だし、パワーもあるしトルクで走ることもできるし、10万キロも走らないで手放すのはやっぱりもったいない。今日は走りながら、手放さないでエンジンを修理することにして良かったな、としみじみ感じていた。

R1に乗り換えるか迷ったけど、自分のバイクで10万キロを超えてみたいし、もし今ここで手放したら絶対に後悔すると思った。仮にR1に乗り換えたとして、もう一度10万キロに達するまで私はバイクに乗れるだろうか?

あと何年バイクに乗れるか分からない以上、乗れる間に乗るべきだ。10万キロを超えるチャンスが、もう一度来るとは限らないのだから。

「あと何年バイクに乗れるか分からない」と日記によく書いているけれど、左手の痺れが常時ある以上、意識しないわけにはいかない。昨年の秋に左手の激痛でR6に乗れなくなった時は本当に覚悟したし、首の古傷は今年もし乗れなくなっても全然不思議じゃない。バイクには乗れる時に乗るべきなのだ。

たぶん今回の点検でR6はオーバーホールになるだろう。「もしエンジンをバラす時は、もう9万キロはエンジンをバラさないで走れるようにエンジンを整備してください」とお願いした。20〜30万円かかるかもしれないと聞いているし、覚悟もしている。

YZF-R1に乗り換えるか、R6を手放さないでもう9万キロ乗るか、という選択で私はR6に乗る方を選択しただけの話。どちらを選択しても相当のお金がかかるし、4年間で74600km走って日本一周を共にした愛機を手放すには忍びなかった。

私のR6は、数あるR6の中で何台あるか分からない、日本一周を達成してオドメーター100,000kmを達成しようとしているバイクなのだ。どうして手放せるだろうか。

帰ってきたら、またたくさん乗ろう。R6は沖縄から北海道まで走ったけど、まだまだ行っていない場所がたくさんある。

2月21日
走行距離 81.0km
オドメーター 91548km
| SHO | 携帯から | 21:01 | comments(0) | - |

コメント
コメントする