藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
この数日思うこと
今、藤村忠寿の「けもの道」を読んでいる。

藤村忠寿と聞いてピンときたアナタはHTBのローカル深夜番組「水曜どうでしょう」のファンでしょう。著者は同番組のチーフディレクターです。

今まで読んだ「どうでしょう本」の中ではこの本が一番面白かった。読んでいて、いちいち納得できるし共感できるのだが、どう納得してどう共感できるのかが説明できない。「納得できるんです」、「共感できるんです」としか言えない。もし興味があるのなら、ぜひ読んでください。悩んでいる人に「こんな本もあるよ、読んでみたら」とオススメします。

先日、ある人から北海道ツーリングについて相談と私の北海道ツーリングへの同行の申し出を受けた。よくよく考えた末に、相談先を勧めた上で断ったのだが、今でも引っかかっていて、この数日ずっと考えている。

断った理由は簡単で、相談先として、あるいはツーリングの同行者として私が選ばれた理由が分からなかったし、その方の相談先あるいは同行者として私がふさわしいとも思えなかったし、もっと言えば、本人のプロフィールと日記を読んだ上で、ちゃんと私の日記を読んだ上で相談してきた、あるいはツーリングの同行を申し出たとは思えなかったから。

「北海道ツーリングの経験が豊富だから」では、私を選ぶ理由にならないのだ。なぜなら北海道で何がしたいかでアドバイスの内容は全然違うからで、さらに今までのツーリングの経験値によって、北海道ツーリングに際して絶対に押さえておくべき注意点も違う。

私はたしかに北海道に20回くらい行っているけど、私の持っている情報は偏っている。グルメや温泉や出会いや語らいを求めて北海道に行くのなら、私は素人以下に何も知らない。

基本的に長距離を走って景色を見ることしか考えていないし求めていない人に、一般的初心者北海道ツーリングのアドバイスを求められても答えられない。ましてや同行など願えるものではない。私の旅は、あれは私が自分でやるから楽しいのであって、世の中のほとんどの人にとっては単なる苦行だろう。

北海道を丸4日走って一度も温泉に入らなかったことすらあるし、小樽で3回も泊まって一度も寿司を食べたことがない。結局はセイコーマートのお惣菜とサッポロクラシックというのが毎度のパターン。私はそれでも十分に楽しいけど、一般的な初心者北海道ライダーがそんな旅に満足できるとは思えない。

「北海道のツーリング経験が豊富」という理由では、私を選んで相談する理由にならないというのはそういうことなのだ。

私は普通に自分のバイクで1日1000km走るスケジュールを組むけど、私の日記を読めば分かるように、いくら長距離が楽なバイクでも1日1000kmも走れば心身ともに疲労する。それを翌日も同じように走るのは、私は自分の責任でやるけど一般的には危険だ。おそらく私と同じように1日1000kmを超えるツーリングをする人は全員が、自分の体調が悪ければツーリングの日程を自分で調整して自分の能力の範囲内で泊まったり帰還するくらいの技量と覚悟を持っているだろう。

その技量と覚悟がありますか?わざわざ私を選んで、私の旅に同行したいと言う以上は、何があっても自分の責任で行動してくださいよ?ということなのだ。

こちらはお金をもらって旅するプロでもガイドでもない。自分の休暇では一年に1回しか行けない北海道を最大限に楽しみたいから渡道するのであって、他人のために旅するわけじゃない。
| SHO | 携帯から | 19:57 | comments(0) | - |

コメント
コメントする