藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
スーパースポーツは旅バイクになりうるか?
昔の「モーターサイクリスト」誌の「リッタースーパースポーツは、はたして旅バイク足りうるのか?」という特集を読んでいる。

リッタースーパースポーツは乗ったことがないけど、ミドルスーパースポーツに関しては、私は「旅バイク足りうる」と思っている。軽くてパワーがあって速くて、ある程度は荷物が積めて、風を受けなくて運動性能が抜群で、何より長距離、長時間乗るほどに楽。

私のバイクがたまたま長距離の楽なバイクだから、というのはあるけど、私は日本一周の相棒としてミドルスーパースポーツを選んだので、やっぱりスーパースポーツは旅バイク足りうるんじゃないか?と感じる。

ただし、本質的に荷物を積むことは考えられてないスーパースポーツは、一括の日本一周には向いてない。逆に分割の日本一周には、車体が軽くて1日の走行距離を稼げるスーパースポーツは、とても向いている。

私はどんなに大荷物でもダッフルバックとタンクバックの2個で荷物を収めるし、テントと自炊道具は原則として持ち歩かない。最大でも10日くらいだからスーパースポーツで十分だけど、もしテントと自炊道具を満載して一括の日本一周をするなら、ツアラーの方が向いているだろう。

もっとも、1日1000kmを走るのにスーパースポーツより楽なバイクはたぶんたくさんある。それでもスーパースポーツにこだわる理由は、バイクに乗る基礎がきっちりとできてないと長距離は乗れない車種だと思っているから。誰でも乗れるバイクでやっても意味がない、ということ。

もともと運転の才能があるわけじゃない〈はっきり言えば、才能はない〉ことに、大きくコンプレックスもある。だからこそ、基礎ができてないと乗りこなせないジャンルのバイクにこだわっている部分も間違いなくある。
| SHO | 携帯から | 21:23 | comments(0) | - |

コメント
コメントする