藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
こだわること
明日は面接。寝ても覚めても考えるのは面接と、そして将来のこと。

バイクに関しては、希望が通ったら逆に走行距離が今までよりも落ちるんじゃないだろうか。次こそはきっと海外にも行くと思うし。バイクを降りるつもりはないけど、もし関東に移るのなら、弐号機以外の車とバイク(弐号機と原付2台と車で、計4台!)は全部処分すると思うんだよな〜。特に車は、毎月の駐車料金だけで馬鹿にならないし、自動車重量税だ車検だ保険だと維持費が大変だから。

もしかすると実家近辺に戻るかもしれないけれど、東京都内の隣の千葉県なら、弐号機はガレージを借りて保管する必要があるから、なおさら維持費がかかる。群馬に住むとしても保管場所の問題があり、いっそバイクの長期保管サービスが充実している札幌の方が問題はないのかも。

取らぬ狸の皮算用をしても仕方がないから、明日の面接を頑張ろう。

もっとも、実はまだ明日休むって会社には言ってないんだよね〜。今日は松山泊の予定だけどホテルもまだ取っていないし。今日の朝のミーティングで上司に言うとしよう。

ネットサーフィンをしていると、いろんなブログがある。それぞれのブログの名前には、名づけた人の個性がきっと反映されている。

自分の人生を振り返る時、私はこういう人生もありなんじゃない?と感じる。他人から見たら私の人生って(社会人的には)あちこちと漂流しているように見えるみたい。今の上司にはよくそのことで馬鹿にされるのだけれど、JR全線完乗とか日本一周とか、そういう話は会社じゃしないからね〜。

船乗りをやっている友人にも、なぜか私の友人は機関科の人が多いのだけれど、外国航路の大型船で一等機関士をしている人もいれば、紆余曲折の末に母校で教鞭を取っている人もいる。そういう人生も素晴らしいと思うけど、私のようにいったん仕事を辞めても、それでも結局は船の仕事を選び直して、時間はかかったけれど船に乗る道を選ぼうとしている人生も、それはそれで素晴らしいんじゃないかと思うのね。

効率の悪い人生だし、私はたぶんエリートにはなれないんだけど、それでも船にしがみついて、結局は海が好きだから今の仕事をしている、という人生も、それはそれでありだと自分では思う。船を完全に降りてしまった友人も多い中で、私はまだ生き残っているのだから。私はまだ生き残っている、ということが大事なんだ。

私は自分がこの仕事に適性があるなんて思っていない。どちらかと言えば苦手な分野の仕事だと思う。他の人と同じようにやっても同じようにできない。どうして今もこだわり続けているのか?と自問自答していることもしょっちゅうある。

それでも、海と船にこだわり続けることで今まで人生が開けてきたことも事実。そして今もね。人生の潮流というものがあるとしたら、それが私は海のほうを向いていたし、今も向いているんだろう。そうでなければ説明ができないくらい、たくさんのミラクルの末に今の私がいる。

プロ野球で言えば元阪神の野口や元カージナルスの田口、今も現役の選手では日本ハムの木田や中嶋のような人に、今は惹かれる。
| SHO | 再就職 | 06:37 | comments(2) | - |

コメント
エリートになるだけが人生じゃない!!

あたし色々あって鬱で沈んでた時に見つけた言葉で

「あなたが産まれた時、あなたは泣いて
周りの人は笑っていたでしょう?
あなたが死ぬ時はあなたは笑って
周りの人は泣いている…そんな人生を送りなさい」

byアメリカのことわざ

ってのがあるんやね
ようは自分が納得できて、自分が幸せって思えるなら
それで良いと思うよ(^_-)-☆
他の誰のものでもない!!
自分の人生やもん!!
| おかん | 2012/07/04 8:06 PM |

自分の人生は自分のものですからね。自分では、今これから取ろうとしている進路には120%納得しています。

こういう人生も、それはそれでアリだと思うんです。
| SHO | 2012/07/04 9:02 PM |

コメントする