藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
2012年GW東北・北海道ツーリングその9
5月5日〜6日 314.9km

夜中の1時に寝て、起きたら7時。焼きそば弁当(たらこ味)を朝ご飯に食べて、9時には就寝。起きたら13時で、また昼ごはんを食べて寝たのが15時。

とにかく体が疲れていたらしい。こんなけ走れば当たり前か。初めて「今回は、もういいや…」と思ったものね。昨年夏の東北ツーリング以来2回目の3000kmオーバーもすでに確定している。

寝ていたらエンジン音がおかしいので目が覚めた。船長から放送が入り、エンジントラブルのために舞鶴の入港が1時間半から2時間遅れる見込みという。舞鶴21時着だから、夜中の1時くらいに丸亀まで帰れれば翌日もそんなに辛くないなぁ…と思っていたのだが。

18時で風呂が閉まるのでその前に風呂に入り、1日インスタント食品で過ごしたので夕食はおいしいものを食べたくてレストランへ。日本海に落ちる夕日がきれいだ。

夕食を食べて19時半くらいには寝たのかな?22時に入港1時間前で起こされたのだけれど、本当にぐっすり寝ていた。寝ても寝ても寝足りないくらいで、相当に疲れていたらしい。

23時に舞鶴に到着。23時12分に舞鶴フェリーターミナルを出発。フェリーの船内でずっと一緒だったGB250クラブマンのライダーと連絡先を交換して、舞鶴東ICの手前で別れる。おかげで楽しい船内でした。本当にありがとう。

舞鶴東ICから舞鶴若狭道に入ったのだが、寒い!気温が12度しかない。これじゃ北海道と同じじゃん!すっかり夏用装備にしたというのに!

寒さにたまりかねて23時53分に六人部PAで休憩。厚着してようやく震えが収まった。日付が変わって0時20分に出発。定時なら、そろそろ四国には入っている頃だったのだが…。

四国に渡るのには、フェリーを使わない限り難所が必ずある。それは本四連絡橋。中でも明石海峡大橋は恐怖の道のひとつで、横風に弱いYZF-R6に乗る私は何回も怖い思いをしたことがある。でも今日は風で吹っ飛ばされることもなく、1時16分に淡路SAで休憩。

トイレに行って温かいものを飲んだら、すぐに1時30分。R6の実用航続距離は250kmなので(計算上は340km走るけど…)給油しておく。丸亀を基点にして旅に出る時、東に向かう時は淡路SAまたは西宮名塩SA、西に向かう時は小谷SAか宮島SAには、給油のために必ず止まる。1時42分に淡路SAを出発。後はいつもの鳴門西PAでの休憩を残すのみ。

四国島内だと、八幡浜に向かう時は入野PA、内子PA、東に向かう時は鳴門西PA、淡路SAという順に止まることが多い。北へ向かうなら岡山道の高梁SAに止まることが多い。何時間も止まらないで走り続ける人もいるみたいだけど、眼精疲労の持病を持っている私には無理。連続走行時間が2時間を超えることは滅多になく、普通は連続運転が1時間半以内で休憩を取る。

1日800〜1000kmも走っていると誤解されるけど、私は決して長距離を走るのに恵まれた条件の体の丈夫さではない。首には交通事故の後遺症の椎間板ヘルニアを抱えているし、いつ発症するか分からない眼精疲労という持病もあるし、むしろ他の人より身体的条件では劣るのでは?運転のセンスなんて全然ないのは自覚しているし、そんな人がR6なんかに乗りたいから、とにかくセンスのなさを走行距離と経験の量でカバーしているのが実情。「今の条件で、じゃあどうしたら日本一周できるか」を追求していたら、いつの間にか1日800kmオーバーでも走れるようになっただけのこと。

2時22分に鳴門西PAに到着。トイレ休憩して缶コーヒーを飲んで、いよいよラストコース。坂出ICで高速を降りて、丸亀に帰り着いたのは3時31分。2時間だけ寝て、また仕事に行かなくちゃ。

6日間の総走行距離は3268.5km。私のツーリングの歴史上では走行距離No.1を更新した。一昨年GWの宗谷岬、昨年GWのとどヶ崎、尻屋崎、大間崎、昨年夏の竜飛崎、冬の沖縄本島荒崎、瀬長島に続いて、最後の難関だった納沙布岬に到達。いよいよ日本一周は浜松〜久里浜を残すのみとなった。14年ぶりの久里浜まで、残す旅はあと1回!
| SHO | バイク日本一周 | 21:10 | comments(4) | - |

コメント
長丁場のツーお疲れ様(^^)/

あと少しで日本一周も終わりかぁ…
寂しいようなでも次の夢に向かって
新しいスタートでワクワクするような
気持ちかな?

限られた時間、限られた予算
その中でどれだけ走り倒すか!?

むか〜し、うら若き乙女の頃
旅先で知り合ったおっちゃんに言われた

「旅が楽しいのは帰る場所があるからだよ」

ホンマそれこの年になってヒシヒシと分かるわ(^^;)

最後まで気を抜かずに
完走だ〜!!
| おかん | 2012/06/15 9:01 PM |

おかんさん

たぶん、おかんさんも同じだと思うのですが、限られた予算、限られた時間の中で最大限に遠くまで行こうとしたら、長距離を走るしかなかったから長距離を走れるようになったんですよね。

日本一周に関しては、14年間追い続けた夢ですから、達成させたいです。14年前に一旦挫折してから、よくここまで漕ぎ着けたと思います。

「旅が楽しいのは、帰るところがあるから」

これは、その通りだと思います。私は帰るところもありませんが…。もちろん一応の住所も実家もありますけど、定住者ではないですからね。実家も出身地じゃないですし。

どこに辿り着くのか分からない旅を続けていますが、私には放浪癖があって、一生定住するなんて本当は望んでいないと気づいたのは、旅して25年目になる、つい最近のことです。
| SHO | 2012/06/15 10:56 PM |

いやいや~
帰る場所ってのは必ずしも実在の家?とかでは
無いと思うで~(^_^)v

例えば、こうしてSHOさんが
ツーリポアップするやん?
それを楽しみに待ってくれてる人居てるやん(*^▽^*)
その人達も帰る場所(^_^)v
って思うんよ(^_-)

だから笑顔で無事帰還(^_^)v
帰って沢山の方々に自分の見たもの
感じた事、発信しよ~って(^O^)

自己満足かも知れない
でも自己満足で何が悪い~!
たった一度の人生や!
全力投球しよ~(^_^)v

あっ!でもSHOさんの場合
辿り着く場所を探す旅でもあるんかなぁ?
| おかん | 2012/06/15 11:41 PM |

必ずしも帰る場所が実在の家ではない、というのはそうですね。

うちのブログ、最近まで何年も更新していなかったのになぜかアクセス数は多くて、1日平均で270〜280件、多い日は1日500件弱のアクセスがあります。それだけの人が見ているんですけど、誰が見ているのか正直全然分からないんですよね(^^;。

ツーレポはそうでもないけど、湯治とか仕事の話になるとヘビーな話題も多いし、見てくださって嬉しいなぁと思うのと同じくらい、こんな文章でいいの?と思ったりもしたりします。写真もほとんどアップしないし、何がおいしかった、どこの景色がきれいだった、って話題もほとんどしないですし…。ツーレポなのに内面的な話もすごく多いですしね。

それでも、こうやって反応が返ってくると嬉しくて、それで励みになってブログを発信している部分も大いにあります。「友人の友人まで」に限定しているmixi向けのクローズドの日記と、文章の大半は同じなんですけどね!

辿り着く場所は、私は心のどこかで探しているのかもしれません。ただし、それは特定の場所ではない気がします。たぶん、特定の場所で一生同じ生活をしろと言われたら、私にはできないのではないでしょうか。
| SHO | 2012/06/16 12:33 AM |

コメントする