藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
転職して、何がしたいの?
転職したら何がしたい?どういう生活スタイルを実行したいから、どういう形の転職をするの?という話をよく考える。

転職直後は陸上休暇になっても研修があるだろうし、休みはそんなに取れないと思う。でも、それを過ぎたら?

連続1ヶ月の休暇が取れるなら、海外の帆船に乗りたい。日本の帆船でも別にいいけど、バイク日本一周が終わったら、次は海外に行きたい。日本も一生旅するとは思うけど、やっぱり次こそは海外に行きたい。最も現実的な形で海外の帆船に乗りに行ける方法が、転職するということなのだ。

結婚なんてしている暇が無いかも、と思ったりもする。もし「海外に行くな、旅行に行くな」という人が相手だったら、たぶん私とは結婚できないんじゃないだろうか。たぶん、私はそういう相手を邪魔に思うだろうから。

なぜかと言うと、私にとって人生で最大の価値観を持つのは「旅」だから。それは子供の頃からそうだし、今もそうだし、今後も変える気はない。

昨日は、一昨日の海技者フェアで履歴書を渡した会社の社長さんから電話があって40分くらい話をしていた。社長さん直々に電話してくるのは、組織が小さいのか、本気で私に興味があるのか、その両方なのかだろう。40分間の事実上の電話面接の後で、次回のアポイントが取れたから、次は対面しての面接になるのだろう。

今のところは、転職の候補は2社。まだどうなるか分からないけれど、希望の順番はある。緊急乗船が比較的少なさそうで、メインバンクを変える必要がなくて、陸上休暇(船上休暇では旅に出られないので)が多い方。「転職して何がしたいのか」と考えて即「海外の帆船に乗りたい」と答えるのなら、そのライフスタイルに合いそうな方を選ぶ必要がある。そして海外の帆船に乗るために必要なのは、時間とお金と英語力。

今回受ける2社は、どちらもせいぜい総トン数1000トンもいくかいかないかの船で、私が操船してきたあらゆる大型船舶よりも小さい。でも、そんな小さな船で大きな海を渡るなんて、怖いけど怖いのと同じくらいワクワクするじゃないか。何万トンもある船で大きな海を渡ってもワクワクしない。

外国航路の航海士をしていた時、休暇を使って「SAIL OSAKA '97」のレースに参加した時のカルチャーショックを忘れられない。私がレースに参加した練習帆船「海星」はせいぜい100トンそこそこの船だったけど、直前まで乗っていたヨーロッパ航路の6万トンのコンテナ船と比べて、海面が近いことが私はとにかく嬉しかった。五感で風を感じながら操船することが、とにかく楽しかったのだ。同じ不満を私は今も持っていて、小さくても28000トン、大きかったら95000トンもあるような船じゃなくて、もっともっと小さな船に私は乗りたい。

どうなるかは分からない。でも、いずれにしても船には再び乗船する。今も「履歴のつかない海上職」だけど、次は本当に履歴のつく仕事にしたい。

海技者フェアで、すごく人気のあったブースが津軽海峡フェリーだった。津軽海峡フェリーに魅力を感じないわけではなかったけど、私の求めるライフスタイルとは違う。私はまとめて休暇が欲しいし、毎日家に帰れる生活なんて望んでいない。

「北海道に住みたいのか、休暇になったらいつでも北海道にいれるライフスタイルでいたいのか」と考えると、私は文句なしに後者だ。「北海道に住む」のが目的なのと「北海道にいつでも行ける」のが目的なのとでは、ライフスタイルは似ているようで全く違う。私の場合、北海道には住みたいけれど、北海道に住んだから日本中のどこにも行けませんでしたでは本末転倒なのだ。私は北海道に住んでも、北海道を起点にして休暇になったら旅に出たいのだ。

だから、北海道にはいずれ移住するにしても、もしかするとそれが今ではないかもしれない。もし第一希望の会社に受かったなら、引越しはするけど、当座の住所は四国から出ないかもしれない。もっとも第二希望の会社に受かったなら、今度は四国を出る可能性が大きい。

Coccoの「樹海の糸」を聞いていると沖縄の海を思い出す。相馬裕子の「永遠を探しに」を聞いていると北太平洋の海を思い出す。どちらの会社に転職できても、その両方を見られるのではないかと期待している。だから、まず今は面接に受かるようにしなければ。
| SHO | 再就職 | 21:38 | comments(2) | - |

コメント
運も実力の内!!
運を引き寄せ味方に付けるのも自分の力!!

頑張れ〜(^^)/

ところで…
津軽海峡フェリーってそんなに人気なん!?
| おかん | 2012/06/15 9:04 PM |

あとは、うまく行って欲しいです…。なんとか受かってくれ〜〜〜!受かったらさっさと1ヶ月前宣言して転職します。

津軽海峡フェリーがそんなに盛況だった理由は分かりませんが、すごい並んでいましたよ…。
| SHO | 2012/06/15 10:44 PM |

コメントする