藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
松村正直「駅へ」と、私の価値観
松村正直という歌人に「駅へ」という歌集がある。発売当時は「フリーターの歌集」として有名だったのだが、フリーターをしながら全国を転々と定住しないで暮らした暮らし、そして結婚へとつながる話が歌集のストーリー。歌集の時点では別居婚だったのだが、子供ができて奥さんの働く京都に今は定住している。私は著者と面識があるのだけれど、今はもう京都が最も長くなったと昨年メールで話していた。

今日もよく働いたよと誰にともなくつぶやいてタイムカードを

二年間暮らした町を出て行こう来た時と同じくらい他人か

逃げ回り続けた眼にはゆうやみの色がかなしいまでにやさしい

温かな缶コーヒーも飲み終えてしまえば一度きりの関係

「まだ」と「もう」点滅している信号に走れ私の中の青春

辞めていったたくさんの人を思い出す私自身が辞めていく日に

もう子供の生まれない春が来ないかな河口に続く空を見ている

こうやって家族四人が揃うのは十二年ぶり(きっと最後だ)

遠き日の三つの誓い「結婚しない・就職しない・定住しない」

七年で六つの町に暮らしたり僕は僕から出られないまま


これらの歌は、まるで私自身が詠んでいるんじゃないかと思うほど私は共感して読んでいる。私自身、最近の10年だけでも仙台、市川、草津、西条、そして丸亀と移り住んでいるけれど、私は結局私にしかなれなかった。

この歌集の解説で吉川宏志が「温かな〜」の歌について「人間関係についての(歌集前半部での)志向がはっきりとあらわれている歌である。(中略)ある理由から彼は、他者と濃密な関係になって傷つけあうよりも、お互いにドライな間柄でいたいと考えるようになったからだ。」と書いている。

私の中にも、同じ葛藤がある。結局、この歌集の後半部から著者は恋をし、結婚し、そして歌集の後で奥さんの住む土地に定住することになるのだが、私は36歳になった今も、この歌集の前半部から何ら変わることがない。「他人と深く関わることへの恐怖」という点では、むしろ著者より徹底している気すらする。

今の私は、世間的に見れば結婚はしていないけれど就職も定住もしている。でも、内面的な実態を言えば「結婚も、就職も、定住も」どれもしていない。20代からずっとそうで、今もそう。

それを放浪癖という言葉でくくって良いのかどうかは、私にも分からない。でも、本音で言って就職とは「旅に出るための資金稼ぎの手段」でしかない、のだし、定住とは「戸籍がないと生活に支障があるから」でしかない。

たぶん、今の仕事の、うまく行っていない状況の本質的な原因はここのような気がする。おそらく、私のいろんな部分に真剣味が足りないように周囲からは見えるのではないだろうか。本当はそれは違うのだけど、たぶん理解してはもらえない、と諦めている。

私にとって価値観の中心はずっと「旅」だった。今までもそうだったし、これからもきっとそう。私は自分の価値観に忠実なだけなのだけど、自分の価値観に忠実であればあるほど現在の環境とは軋轢を生み、現在の環境に順応しようとすれば自分の心が軋みを上げる。それが今の状態だ。

じゃあどうすれば良いのか。それが分からないから困っている。
| SHO | 短歌 | 06:29 | comments(2) | - |

コメント
>本音で言って就職とは「旅に出るための資金稼ぎの手段」でしかない

これ分かる!!
遊ぶために働いてるもん(^^;)
それの何が悪い(>_<)

まぁ、あたしの場合子供が二人いてるから
食って行くためってのがプラスαですが(^^;)

子供二人にも何時も言ってる事やけど
所詮あんたらの人生や
好きにしぃ〜(^_^)v

あっ!!勿論明らかに法に触れる事だったりは
シバイてますよ(^^;)

でもなぁ、親子であっても
兄弟であっても、家族であっても
所詮その一人一人の人生やん?
必要な時は集合して力合わせたらえぇし
それ以外はそれぞれの人生を謳歌したら
えぇと思っとります♪
| おかん | 2012/06/04 6:15 PM |

まったくその通りですね。

家族と言っても自分の人生は自分で選ぶものですから。私はやっぱり旅に出るために働いているので、そこは間違えたくないです。私の親には本末転倒だと言われるんですが。

| SHO | 2012/06/04 9:53 PM |

コメントする