藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
2012年GW東北・北海道ツーリングその3
5月3日 627.0km

夜中の3時前に目が覚める。5時間しか寝ていないのだけど、起き出して出発準備。4時36分に小樽を出発する。

今日は日高自動車道を通って襟裳岬経由で納沙布岬を目指す計画。だったのだが、雲行きが怪しい。小樽から札幌の間でも強風に吹かれたし、5時18分に輪厚パーキングエリアに入って様子を見ることにする。

ところで北海道内の高速道路には、24時間営業のガソリンスタンドが輪厚にしかない。つまり、このパーキングエリアは事実上のサービスエリア。道南〜道東を高速で抜ける場合、深夜帯にかかると有珠山サービスエリアもやっていないので燃料補給ができない。どこかで一般道に下りないといけないということになる。250km無給油で走行可能なR6でも、これは怖いねぇ〜。

結局、襟裳岬まで下りると雨雲に追いつかれる可能性大と判断。日高自動車道ではなく、道東自動車道で中札内を目指すことにする。道東自動車道も初めてだけど、交通量が少ないので快適。追分から山の中に入り、紅葉山からさらに山が深くなる。一気に狩勝峠を越えても良かったのだけど、せっかく十勝に行くのにそれではつまらない。そう思って占冠ICで高速を下り、日勝峠を越えることにした。

6時46分に着いた道の駅日高で朝食と給油を済ませ、昨年は夕方走った道を今度は十勝へ向かう。峠が迫るにしたがって両側に雪が積もり始め、霧に包まれたかと思うと雨が…。

そう。なんと峠の十勝側は雨だったのだ!合羽を着ていないし、濃霧で前の車のテールライトを見ないとスピードなんて出せない状態なので止まれない。本当なら楽しいはずの道なのだが、疲労困憊しながら十勝清水ICまで下りてきた。こんなことなら高速で一気に抜けるんだった…。

今日の目的地のひとつが昆布刈石のダートを走ること。ただしR6はオンロードバイクなので、路面が濡れていたらフラットダートでも走れない。ここへ行くためには路面が濡れていないことが絶対条件なのだ。

合羽を着てトイレに行って…としているうちに45分が過ぎてしまい、8時45分に十勝清水ICを出発。やっぱり体が疲れているみたい。とりあえず本別まで走って釧路に直行するか、可能性に賭けて池田ICで降りるか…。

結局、可能性に賭けて池田ICで高速を降りると、南下するに従って路面が乾いた!大喜びで池田町内へ。9時30分に池田のセイコーマートで休憩し、十勝川に沿って南下する。宮脇俊三の「ローカルバスの終点へ」に出てきた十勝川河口の大津の町をぐるっとバイクで散策して、十勝川河口大橋(14年前の日本一周の時はかかっていなかった!)を渡って昆布刈石に向かう。

続く
| SHO | バイク日本一周 | 05:41 | comments(0) | - |

コメント
コメントする