藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
海王丸離礁
24日に、先月下旬に台風のため富山湾で座礁した練習帆船『海王丸』が
漂着先の防波堤から離礁しました。大きなクレーン船に吊り下げられて。

海王丸のマストの高さは55mあり、船の長さも110m、総トン数も約2500トン
あります。決して小さな船ではありませんが、クレーン船に吊り下げられると
どこの小舟かと思ってしまいます。

私は海王丸の姉妹船、日本丸のメインマスト最上端に登ったことがあります。
海面上55mと言うのはとんでもない高さで、瀬戸大橋や横浜のベイブリッジの
桁下高さが、なんとかこのクラスの帆船が通れる高さです。そのマストの
上端をゆうゆうと超える高さに巨大な滑車を吊して、そこからワイヤーで
2500トンの船体を持ち上げているなんて。クレーンの高さはゆうに100mを
超えるのではないでしょうか。

写真を見ていると自分自身の身体で覚えている遠近感がすっかり狂って
しまって、作業の写真を見ても起重機船の大きさが分かりません。
大昔なら廃船にするしかなかったような重傷の海王丸を、いつも簡単に
持ち上げてしまう日本のサルベージ技術に、感心するばかりかポカンと
上を見上げて圧倒されてしまいました。

それにしてもお金がいくらかかるんだろう・・・。想像もつかない世界の
話です。
| SHO | 海事 | 04:42 | comments(2) | trackbacks(0) |

コメント
本日付の朝日新聞富山版に(Webで見ました)海王丸座礁についての検証記事が載っていました。三回シリーズのようです。
乗組員たちの生々しい証言が載っていましたが、やhり尋常な事故ではなかったんですね。定置網がある七尾湾に入るのを躊躇った船長の責任は重いということでしょうか。
| A3九段 | 2005/06/10 12:37 PM |

九段さん、こんにちは。

記事の紹介ありがとうございました。記事の存在を
知らなかったので、とても興味深く読みました。

私も乗船中の事故を経験したことがあって、
それが深く楔となって今も抜けないのですが、
みんな強いですね。

うまく言えないです。
| 西村一人 | 2005/06/11 1:41 AM |

コメントする

この記事のトラックバックURL
http://ranjo.tblog.jp/trackback/2893
トラックバック