藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
短歌研究新人賞の応募詠草を昨日提出したのですが、なんとも歯切れの悪い中途半端な
感じが今もまだ拭えずにいます。今の実力と諦めてまた精進するしかないのですが、
成果が全くなかったわけではありませんでした。

一番の成果だと思うのは、今回の壁にぶち当たったことで佐藤佐太郎、与謝野晶子、
佐佐木信綱と言った、今までより上の世代の歌を読むようになったこと。今までは
読む必要を感じなかったから読まなかっただけですが、現代の歌人の歌を読んでいても
なんかしっくり来ない。特に思わず書写したくなるような写生詠や叙景歌と言うのは
全然見かけないので、上の世代の歌を読むようになりました。

今の流行りからは外れているのかもしれませんが、写生詠や叙景歌は作歌の基本だと
思うのですが。情報を手に入れるチャンネルが増えたからかもしれませんが、
バーチャルリアリティはあくまでもバーチャルに過ぎない、と言うことを考えた上で
使わないと情報に振り回されるだけだと思います。

これからまた精進だなぁ。それにしても首が痛くて本を読めないのは困ったものです。
| SHO | 短歌 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする

この記事のトラックバックURL
http://ranjo.tblog.jp/trackback/28257
トラックバック