藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
Wilson Phillips 『Wilson Phillips』
よく晴れた冬の一日、Wilson Phillipsのファーストアルバム
『Wilson Phillips』のまろやかなハーモニーに耳を傾けています。
もともとはカリフォルニアの光の下で出来たサウンドですが、
日本の寒い冬の晴れ間にもよく似合います。

Wilson Phillipsは、1990年代初頭に活躍したアメリカの3人組
ボーカル・グループです。ビーチ・ボーイズとママス&パパスの
娘たち3人で1990年にファーストアルバム『Wilson Phillips』で
デビュー。3曲のNo.1ヒットを出して活躍したものの、わずか
3年ほどの活動で終止符を打っています。その後はカーニー&
ウェンディ・ウィルソンの姉妹とチャイナ・フィリップスに
別れて活動しているようです。

アルバム『Wilson Phillips』は、No.1になった『Hold on』
『Release me』『Yor're in love』の3曲を含む全10曲。女性3人の
コーラスが重なりあう温かい雰囲気と、分かりやすい英語の歌詞、
そして一度聴いたら忘れないサビのメロディが特徴です。とにかく
分かりやすいポップスアルバムです。

私はABBAを音楽歴の下敷きにしています。父親がABBAの大ファンで
物心つく前からABBAばかり聴かされて育ったので、コンセプトの
分かりやすいアルバム、分かりやすい歌詞、楽しいポピュラー音楽が
大好きです。元阪神の選手で言えば、まるで新庄選手のような・・・。
真っ向から「楽しい!!!」と攻めてくる音楽には白旗を掲げて
降参してしまいます。

冬の一日、朝日を浴びながら一曲目の『Hold on』のサビの歌詞を
♪If you hold on for one more day
things'll go your way
hold on for one more day〜♪
と聴きながら出勤していると、さぁ、今日もヤルか!!と言う気が
モリモリッと沸き上がってくるのです。
| SHO | 音楽 | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする

この記事のトラックバックURL
http://ranjo.tblog.jp/trackback/2094
トラックバック