藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
平原綾香に夢中
The Voice
The Voice
平原綾香, 吉元由美, 小林信吾, 坂本昌之, 戸田昭吾, 沢田完, 服部隆之

今日はスキーの話題はやめて、音楽の話です。
実は、寒くて晴れた絶好の一日だったのに、起きたら昼前だった…。とほほ。

先週、初めて草津町の図書館の利用者カードを取得してから、遅まきながら平原綾香に
ハマッています。『Jupiter』の頃から名前とジャケット写真だけは知っていたのですが、
特に興味もなく今まで来たのですが…。ビックリしました。

なぜ、興味もなかったのに平原綾香を草津町の図書館のCD貸し出しコーナーで借りてきたのかと、amazon.co.jpの中のマイページの「ミュージックのおすすめ」で、
ずっと平原綾香の1stアルバム『ODYSSEY』が表示され続けていたのです。amazon.co.jpは
私がどんなアーティストのどんなアルバムのレビューを読んでいるかを追跡していますので、
「このアルバムに興味がある人は、統計的にこんなアルバムにも興味を示す可能性が高い」と
言うアルバムを表示してくれるわけです。私の場合は石嶺聡子の最近のアルバムに高い興味を
示していることが平原綾香を「おすすめ」に表示された原因のようです。

先週、草津町の図書館でアルバム『ODYSSEY』を見かけたので、「コンピュータが統計的に弾き出した
おすすめミュージシャンなら、聞いてみるかな」と借りてきて、『Jupiter』でハマりました。
今、2ndアルバムの『The voice』を聞いているのですが、『BLESSING 祝福』と『虹の予感』を
ヘビーローテーションで聴いていて、その先の曲をまだ聞けていません。まるでミュージカルを
聞いているみたいに、イヤホンから入ってきた音が全身の身体の内側を跳ね回っています。
まるで空洞と化した身体を内側から音で洗浄しているみたい。実際に『BLESSING』はミュージカルの
テーマ曲なんですね。

私の音楽の原点はABBAです。ABBAと言えば各楽曲がミュージカル『MAMMA MIA!』に
使われたことで有名ですが、平原綾香の曲も、まるでミュージカルのサントラを聞いている
みたいだ、と思うのです。曲そのものもそう思うし、詞もまるでミュージカルで歌われる曲みたい。
曲の展開がとてもドラマチックで、人生そのものへの賛歌や応援歌のように私には聞こえます。

平原綾香の曲には、ABBAの楽曲(正確には、ABBAの男性陣、ビョルン・ウルバースと
ベニー・アンダーソンの楽曲センス)にすごく似た要素を感じるんです。私はABBAの
4人のメンバーのうちでも、A&A(女性陣・ボーカル担当)よりもB&B(男性陣・作詞作曲と
アレンジ担当)のファンなので、ABBAの楽曲の雰囲気を強く感じさせて、しかも女性の
シンガーソングライター、と言うのがすごく嬉しいんです。一人でABBAの4人分の仕事を
こなしているようで。この人も、将来ミュージカルの仕事をするようになるといいな。

ABBAの話と絡めましたが、ABBAの楽曲が好きな人なら平原綾香の曲を気に入る可能性が
高いんじゃないでしょうか。ABBAと同じ音楽ではないけれど、楽曲のエッセンスにすごく
似たようなものを感じるのです。「音の壁」と呼ぶのがふさわしいようなアレンジや、
まさにこれがポップでしょう!と言うポップな楽曲。ABBAの楽曲を通して、私は人生の喜びも
悲しみも含めて味わうことを楽しもう、と言うメッセージを感じるのですが、平原綾香の
音楽にも同じような感覚を、そう「楽しさ」を感じるのです。

なんだか、今の自分に必要な音楽です。今、人生に対するポジティブなメッセージこそが
自分に必要なのだと感じるのです。岡村孝子の最近の楽曲もポジティブメッセージを発して
いるけれど、あんな歯の浮くような音楽じゃ気持ち悪いだけ。私が本当に必要としているのは、
自分の心を後押ししてくれるような音楽、今生きていることを、喜びも悲しみも含めて楽しいと
感じさせてくれる音楽なのです。平原綾香の音楽は、聴いていてワクワクします。
彼女の楽曲は、聴いていてとても「楽しい」のです。
| SHO | 音楽 | 20:38 | comments(2) | trackbacks(0) |

コメント
 実は今「明日」を楽器のソロで演奏できるようにと、個人的に練習しています。

 「Jupter」も去年の1月末(まだ、ヒットチャートのベストテン圏外だった頃)に、CATVの音楽チャンネルで視聴して私も感動して、「Jupter」「明日」「ODYSSEY」を持ってます。

 「Jupter」も楽器でやりたくて編曲したのですが、一人で演奏できない曲(キーが狭い楽器なので(^^;)なので、相方に恵まれない私は、いつか演奏できる日まで、寝かせてます。(苦笑)

#結構、勢いで編曲したけれど、オールドファッションになってしまった、お蔵入りの曲が山積してます>うちのPC(苦笑)
| 慎之助 | 2005/04/15 12:11 AM |

こんばんは。平原綾香、もしかして好きかなぁ、とは思っていましたが、やっぱり(笑)。
私は聴きませんが、宇多田ヒカルが好きな人なら平原綾香も好きかもしれませんね。

『明日』は、スキー場でさんざんかかっていました。誰が歌っていたかは
知らなかったけど、なんとなく「この人が平原綾香じゃないかな」とは
思っていました。彼女、音大って聞いていましたから。『明日』は、聞いていて
クラシックを知っている人の音作りだなって思っていたので。

本当に、いつかこの人の楽曲がミュージカルで歌われるのを見てみたいですね。
『虹の予感』も、あれがそのままミュージカルで歌われてもおかしくないなって
思います。
| 西村一人 | 2005/04/15 1:07 AM |

コメントする

この記事のトラックバックURL
http://ranjo.tblog.jp/trackback/19687
トラックバック