藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
スキー上達本の難しさ
この2日ほど、スキーをしていませんでした。
今日は初めて草津町立図書館に行って来ましたので、スキーの教本をいろいろと
借りてきました。それらを今、乱読しているのですが、よく分からないなぁ…。
何が分からないかと言うと、自分が今どの程度のレベルにいるのか分からないので
どこを参考にしたらいいのか分からないんです。特に内容が詳しければ詳しいほど。

今の私は、初心者ではないし中級者ではあるんでしょうけど、まだ技術の中には
「一年目だから」と言う理由で習っていないものも多くあります。基礎固めの段階、
と言う意味では、まだ上級者ではないんです。いくら上級者向けのコースで練習を
してても、それは基礎技術を使えている結果です。

私はスキーを本で覚えたのではなく、スキースクールで習ったので実践的なんですよね。
だから細かいことを読んでも身体で覚えたスキーなので分からない。コツだけ教えて
もらえれば、それを使って自分で応用するんですが…。細かいことは先生に見て
もらった方が早いので、自分で練習する時にはコツだけ教えて欲しいんですよね。

どこが上級者と違うかと言えば、例えばショートターンの精度が私は悪いです。
ショートターンは練習途中なのですが、まだ上手くできないと言うか、ロングターンで
身体が慣れていて、その調子で滑ると何か違うと言うか…。大斜面を滑るのは急斜面でも
問題なくても、コブでは上手く滑れないと言うのは、その辺りも一因なのかな、と
思ったりしています。

教本を読んでみると、カービングスキーとノーマルスキーの滑り方の違いが書いて
あるのですが、私はカービングスキーを履いていても、滑り方そのものはノーマルスキーで
滑れるように習ったみたいです。細かな姿勢の違いが書いているのですが、自分の
習った滑り方を読んでいると、どうもそんな感じ。だからノーマルスキーを履いても
全然違和感なく滑れるんですね。

明日は、とりあえずショートターンの練習から始めることになりそうです。必要なコツを
メモして持っていこうと思います。
| SHO | スキー | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする

この記事のトラックバックURL
http://ranjo.tblog.jp/trackback/18826
トラックバック