藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
スキースクール再び
今日もスキーに行って来ました。
久々に今日はスキースクールに行って来ました。

私は前回までのレベルがクラスC。「ボーゲンが出来て止まれる」レベルだったの
ですが、今日もそれで申し込もうと思ったら、先生の都合がつかないとのこと。
許可は別にもらっていないのですが、既に青葉山第一、第二ゲレンデという中級者向けの
一番難しいゲレンデで滑っていますので、クラスDと言う一ランク上のクラスで今日は
滑ることになりました。結果から言うと、今の私は十分にクラスDの実力があるんだとか。
中級者コースの滑走許可が下りてから、さんざん滑り倒してきた成果はあるようです。
クラスDと言うのは、AからEまであるスキースクールのクラスの上から2番目。中級者の
一番上のクラスです。今の私は上級者用を除く全てのゲレンデの滑走ができますので、
このクラスってわけです。

今日習ったのは2種類のターンの仕方(カービングターンと、あともうひとつは…名前が
分かりません)と、シュテムターンとパラレルターンの違い、コブ斜面の滑り方、
従来とは膝の曲げ伸ばしが逆でターンする時に身体を伸ばすターン。そして何よりも
ストックを使った滑り方を初めて習いました。後で練習したのですが、ストックの
使い方を教えてもらったら、嘘のようにコブ斜面が滑りやすくて、と言うか不安なく
滑ることができて安心しました。

カービングターン、シュテムターン、パラレルターンについては、私は既にマスターして
いるそうです。シュテムターンとパラレルターンは習ったり習ったものにアレンジを
加えて練習しているうちに覚えたのですが、カービングターンは何をカービングターンと
言うのか知らないうちに習得していました。急斜面でいつも滑っているターンが
カービングターンだったんです。急斜面の、特にアイスバーンで安全に高速ターンするには
カービングターンでないとエッジがすっぽ抜けてしまうんですが、習ったこともないのに
自然に習得していたとは。最近、標高1600mの青葉山ゲレンデもアイスバーン化が著しくて、
ここを滑るのに必要な技術だったんですね。

ちょっとしたコツを教えてもらうだけで、今までよりももっと滑りが楽しくなりました。
レッスンが終わった後で、昨日まで苦戦していた青葉山第一ゲレンデと言う(上級者向けを
除けば)一番難しいコースで練習したら、昨日までのような恐怖が消えていてビックリ。
やっぱり時々はスキースクールで自分の滑りをチェックしてもらうことが大事ですね。

ストックを使うのは今回が初めてです。今までは逆にストックを使わないで滑る練習
ばかりしていたので、ストックの使い方は習ったことがなかったのです。初心者は
ストックを使わずに滑る練習をさせるそうなのですが、DやEクラスになると、今度は
ストックの使い方を習わせるそうです。滑り方の基本が出来ていないと、たしかに
ストックに頼った滑り方になってしまうのかもしれませんね。後で練習したら、
コブ斜面や急斜面でのスキーの操作性がストックを使うことですごく良くなりました。

そうは言っても、今までストックを使わないで滑る技術でリズムを作ってきたので、
ストックが入ると、今度はどこでストックを使うかに神経が行ってしまって、練習中に
足を雪に引っかけて何回か吹っ飛びました。昨日は雪が締まっていていい雪質だったの
ですが、今日の青葉山ゲレンデはザラメ雪。いい雪を求めてだんだん標高を上げて
いく自分が、まるで貴重な生き物を追いかける猟師のようでした。

ここ何日か、滑るたびに足腰が最後はフラフラになります。以前よりもはるかに上手に
なったはずなんですが、以前よりもはるかに難しい斜面を滑ってもいるし、きちんと
使うべき筋肉を使っているからでもあるんでしょうね。筋肉の動作を伴わなくても、
足腰の筋肉が力を入れて働いている感じがします。

毎日毎日スキーでいいご身分だなぁ…と自分で思いますが、運動して汗をとにかく
かくことが大事なので、治療の一環という側面もあります。スキーの前後に入る温泉で
さらに汗を流すことで、身体の中に溜まっている毒素を皮膚から排出すると言う役割が
あるのです。いつも温泉に入って1時間半か2時間くらいすると身体がスッキリして
調子よくなります。それでも半日もすればまた身体から毒素が出たがっているのが
分かるのですから、いったい私の身体の中にはどれくらいの量の毒素が溜まって
いたんでしょうね。
ともあれ、スキーシーズンが終わったらどうやって毎日汗を流そうかと、今から
悩んでいます。

今晩は雪です。昼間から標高1600mは雪景色でしたが。もっともっと降って欲しいです。
まだまだスキーシーズンが終わって欲しくない。雪が今晩は積もって欲しいな。
そうしたら、明日はいい雪質で滑ることができます。
| SHO | スキー | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする

この記事のトラックバックURL
http://ranjo.tblog.jp/trackback/17614
トラックバック