藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
天河神社のこと
天河神社って知っていますか?正式名称を天河大弁財天社と言うのですが、
奈良県天川村にある、古くからのお社です。

ここは「呼ばれないと行けない」場所だと言われています。そして、行く時には
何らかの意図と言うか、目的、あるいは役目と言ってもいいのですが、何か
呼ばれる理由がなければ呼ばれない。逆に呼ばれた時は、どんなに困難そうに
見えても行くことができてしまう、そんなお社です。

私も2年半ほど前に行ったことがあります。私は典型的な「呼ばれた」パターンで、
夜中に突然天河神社のことを考え始めて、インターネットのホームページを
見たら(日付が変わっていたので)明日が観月祭であることを発見しました。
「行けるかなぁ」とお金を数えて見ると、ギリギリ行けそうな感じ。ただし
旅行中の食費は一日1000円弱と言うすごいプランになりましたが。「マジ!?
本当に行くの?」と思って大学生協にその日の晩の「ムーンライトながら」の
指定席を取りに行ったら、その日の晩の指定が取れてしまいました。

その日は3連休が始まる金曜日。普通なら「ムーンライトながら」の指定が取れる
ような日じゃないはずで、乗ったら指定席はもちろん売り切れ。たぶんキャンセルが
出た瞬間に拾ったんじゃないかと思います。

そんなこんなで天河に行って、丸24時間滞在しました。宿に泊まるお金はない
ので寝袋を持っていって、その日の晩は神社の境内で寝袋を敷いて寝ました。

翌朝、屋台のおばちゃんがなぜか車を貸してくれて、車で御手洗渓谷と、清浄大橋から
女人結界門をくぐって山上ヶ岳の中腹まで行って来ました。バスの時間の関係で
中腹でその時は折り返したのですが、女人結界門をくぐった瞬間から変わる
「空気感」が、まるで楔のように心に刺さって抜けませんでした。結局、このルートは
昨年の7月に山上ヶ岳から下りてくるルートとして踏破することになります。

今思っても、なぜ呼ばれたのだろう、と不思議でなりません。「呼ばれた」としか
言いようのない感覚で、引きずられるように天河に向かったのを覚えています。

でも、その旅こそが私にとって「次の旅」の幕開けだったのです。あの時、
もし天河神社に呼ばれていなかったら、おそらく私は修験道にも興味を持って
いないし、山上ヶ岳に登拝することもなかったはずです。そして吉野山との
つながりもなかったはず。今にいたる流れの原点が、天川村と、そして天河神社に
あるのです。

あと3日で吉野に向けてスタートしますが、書いている今もすごく緊張します。
吉野大峯と天河郷は、私にとって特別な意味と重さを持つ土地。安易な気持ちと
言うか物見遊山のつもりでは行けない土地なのです。呼ばれなければ決して
行けない土地でもあります。特に天河は、別格の地です。
| SHO | 修験道 | 23:23 | comments(4) | trackbacks(0) |

コメント
こんにちは。短歌のほうでコメントさせていただいた倉敷 参田三太です。[修験道」とありましたので詠ませていただきました。実は私にとっても、「修験道」はテーマでして・・・といいますのは、私の地区は、おそくとも江戸時代からの「山上講」が残っておりまして、いまだに毎月法螺貝吹いて「南無神変大菩薩・・・南無天の河の弁財天・・・」と秘儀めいたことをやっております。私も、昨年、納得の行くまでしらべて、熊野、石鎚といってまいりました。この春は吉野金釜山、また熊野です。一方で歴史については「裏古事記」や「埋葬」「中世史」と範囲を広げすぎ、レポートが滞ってしまっている状況です。いま、岡山県立博物館にかよっているところです。ここは「吉備」を抱えているんです・・・また、「頑固親父」の「裏古事記」「寺物語」へもどうぞご来駕ください。史学と宗教学、民俗学のボーダー修験道は、まだまだ研究のメスが不十分ですね。文献も荒っぽい。
 出雲の阿国以上に民間にはいりこんだ熊野比丘尼なんかおもしろいですよ。
| 参田三太 | 2005/03/22 8:44 PM |

山上講が残っている地域の方なのですね。
熊野は、行きたいと思いつつ私は行ったことがありません。
石鎚も、いずれ行きたいのですがまだです。吉野は金峯山ですよね。
私は今月行って来たばかりです。

修験道に関しては、まだまだいろいろ見てみたいものがあります。h
| 西村一人 | 2005/03/22 9:54 PM |

始めまして、突然ですが我が部落でも山上講が年に3回行われています。今は代も変わり若い世代になるとこの講が何を祭り何処に神様が有るのかさえ分かりません。お絵さんも古くなり何が描かれてるかも分かりかね、新しくしたくとも何処にお願いして良いかも分かりません。もし詳しくご存知でしたら教えてもらえませんか?
| 上野 | 2006/03/22 3:03 PM |

上野さん、はじめまして。

山上講についてですが、私も専門家ではありませんので詳しくは
分かりません。金峯山寺にお問い合わせ頂くか、同寺の宗務総長さんの
運営しているサイトへお問い合わせ頂く事をおすすめいたします。

後者のURLを下に記しますが、このページはコメントスパム対策の
ためURLの完全表示ができない設定になっておりますので、最初に
「h」を付け加えた上でお使いくださいませ。

「役行者ファンクラブ」
ttp://homepage3.nifty.com/enno-f/
| にしむら | 2006/03/23 7:08 PM |

コメントする

この記事のトラックバックURL
http://ranjo.tblog.jp/trackback/13415
トラックバック