藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
試運転、結果良好!
ヤマハFZ400を受け取って、野沢温泉のライダーハウス「粒麗荘」まで
走ってきた。途中で70キロほど高速道路を使ったのだが、高速走行時の
車体の安定性やウインドプロテクションは、さすが400ccとうならせる
ものがある。アネーロとは比較にならないほど高速道路走行が楽なのだ。
11500回転で最大馬力のところ、5500回転から6000回転で時速90キロが
出る。フルパワーまで加速すれば時速180キロくらいは出るらしい。

今まで「直4のネイキッドなんて当たり前でイヤ」と偏見を持っていたの
だが、目から鱗が何枚も落ちた。カウルの効果も大きいのだろうけれど、
音が静かで振動もない。高速道路では、低い風切り音(風切り音が低い
のは、それだけ風防効果が高いということだ)以外にどれだけ耳を
澄ましてもエンジン音や排気音が聞こえない。どれくらい風防効果が
高いかと言うと、高速道路でシールドを少し開けても大丈夫なくらい。
アネーロでは、高速ではシールドを全閉にしないといけなかった。

減速車線に入ってスピードを落とすと、キュイィイーンという高い
排気音かエンジン音が聞こえてくる。音的にはアネーロよりもFZの方が
はるかに好き。まるでホンダ・ホーネットのような音がするのは、
シリンダの配置が同じ直列4気筒の水冷エンジンだからだろうか。

エンジン音の静けさは特筆すべきもの。エンジンらしい音とか鼓動感が
好きだという人には、この静けさや振動のなさがイヤだという人もいる
だろう(特に単気筒やアメリカンバイクが好きな人にはネ)。でも、私は
むしろ、この機械チックなキュイィイーンという高周波音が、まるで
ターボエンジンのようでカッコ良くて好きだ。アメリカンバイクのような
バシンバシンバシン!ドルルルルン!という音は、振動の大きさを音が
物語っていて好きじゃない。

ただし弱点もあって、最大の弱点はロービーム時の視界が暗いこと。
アネーロの方がロービームでははるかに明るい。ハイビームでも
FZよりはアネーロの方が明るかった。アネーロよりはFZの方がより
スピードが出るだけに、ヘッドライトの暗さは大きな弱点だ。カスタム
するとしたら、ロービームをHIDの黄色ライトに変えたいな。

車体の取り回しは重量の軽いアネーロよりもずっと楽。本当なら
車体が重い分だけ取り回しが大変なはずなのだが、たぶん重心が
低いのだ。シートの高さも低くて、装備重量199kgの車体が軽々と
動く。ただし最小旋回半径が2.9mあるので、少し早めに回さないと
うまく回らないようだ。

リアシートへの荷物の積載性は良好。フックが8ヶ所あるので好きな
ように固定することができる。シート下のトランクスペースが大きくて、
車載工具の他にバーロックとチェーンオイルやウエスなどの整備用品が
入るのは良い。書類も頑張ればなんとか入れられそうだ。

一晩ぐっすり「粒麗荘」で寝かせてもらったのだが、夜明けに雨だれの
音で目が覚めた。なんと雨!せっかく雨の降らない日を選んで試運転に
出てきたのに!昨日の夢はすごく良くて、北海道でいろんな旅人たちと
会う夢だった。その中にはGo!Go!娘。で一番楽しみに読んでいる人も
いて、夢の中の出来事とは言えびっくり。それにしても、どこのライダー
ハウスに泊まる夢だったんだろう。

野沢温泉で雨ってことは、今日は渋峠では雪の可能性が高い。無理を
しないで鳥居峠か三国峠経由で帰りなさいってことなのか。早く目が
覚めたから朝風呂って計画はあえなく頓挫した。

私がオンロードバイクに乗ると、みんな意外そうな顔をするなぁ。私は
デュアルパーパスに乗るものだとみんなてっきり思っていたらしい。
だ・か・ら、アネーロを買う時に最後の最後まで欲しくて迷ったのが
ホンダ・ゼルビスだったんだってば。私がヤマハFZ400を買ったのは
こういうスタイルのバイクが私はもともと好きってことなのだ。

FZに乗り換えて、ブレーキがガツンと効くのには驚いた。さすがフロントに
ダブルディスクを採用しているだけのことはある。それにしても、最初の
印象としてはいいバイクだと思うんだけどなぁ。実際は200kgもある車体が
すごく軽く動く感じがするし、車体の安定性もアネーロよりずっといいし、
乗ってて楽だし、どうして2年でカタログ落ちしちゃったんだろう。

最初からFZだと恵まれすぎていて分からないかもしれないけれど、きちっと
エンジンを回さないと使えないアネーロから乗り換えると、アネーロは
きちんと乗らないと乗れないバイクだからってこともあるけれど、う〜ん、
FZのことを褒めているつもりで改めて思い知るのはアネーロってバイクの
すごさだ。性能云々じゃなくて、あれはバイク乗りを育てるバイクだと
今さらながらに思い知る。きちっと乗りこなす腕がないときちんと
乗れないバイクで、あのバイクに乗ったからこそFZに乗り換えて楽だと
感じるのだ。

そういう意味では、最初からFZのようにマシン自体の性能で腕の悪さを
カバーできてしまうバイクに乗らなくて良かった。正直、そういう意味で
FZに乗るのはまだ早かったかな、と思う。

う〜ん、そういう意味ではトランザルプは次のステップとして良かったの
かもしれないなぁ。もっとも、私が調べた時点でトランザルプの在庫は
わずか2台。それも1台は37000km走って「年式、走行距離相当の
車両状態」、もう1台はヘッドライトがマルチリフレクターなのはいいけれど
リアキャリアが付いていないという状態。いくら安くても買えない。
現状ではFZがやっぱりベストだった気がする。

雨は上がったけれど渋峠は雪や道路凍結のおそれがあり、今日は渋峠を
越えるのはやめた方が良さそうだ。予報よりも1日早く天候が崩れた。
鳥居峠と三国峠と、どちらを越えて帰ろうかな。天候が急変するおそれは
ないけど標高1400mまで上がる鳥居峠と、標高は1000mだけど天候が
急変するおそれのある三国峠と。
| SHO | 携帯から | 11:54 | comments(0) | - |

コメント
コメントする