藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
VFRかトランザルプか
熟慮の末、アネーロの代車選びはホンダVFR400Rかホンダ・トランザルプ400VRの
2車種に絞られた。両方の乗りたい点を、整理のために書き出してみる。

最終的な私のライディングの方向に合致しているバイク、私に「合っているバイク」は
トランザルプで間違いない。それは私もそう思うし、私の相談する人全員の総意でも
ある。北海道でツーリングするなら、オンロード専用車であるVFRよりもオンオフ
兼用のツアラーであるトランザルプの方が長い目で見て正解だと思う。私の乗り方
にも性格にも合ったバイクだと思うし。

一方で、VFRに乗りたい理由として「あれは、若いうちじゃないと乗れないバイク
だから」というのがある。セパレートハンドルでカムギヤトレーン採用の400cc
レーサーレプリカに乗るチャンスは、トランザルプに乗れば2度とないだろう。
理由は先に述べたように「最終的に自分が向かうべき方向は、間違いなく
トランザルプだから」だ。一度トランザルプに乗れば、乗り換えるとは考えにくい。
そして、VFRは中年になってから乗る車種でもないだろう。VFR800なら違うかも
しれないけれど、VFR400Rは純粋なレーサーレプリカで、長期ツーリングには
全く向かないバイクだからだ。

でも、「セパレートハンドルとカムギヤトレーン採用のレーサーレプリカは憧れだから、
一度は乗ってみたい」のだ。合ってないかもしれないけれどゼルビスに乗りたかった
のと同じ理由で。ゼルビスやトランザルプは中年になっても乗れるけど、VFRは
今しか乗れないバイク。だから自分の目指すべき方向とは違うことを承知の上で、
今回はVFRに乗りたい気持ちが強い。

私が最初に自分で買ったバイク、2スト50ccオフロードレーサーのCRM50は、
とにかくじゃじゃ馬で乗りにくくて、私には全く合っていなかった。初めに買い
たかったDT50の方が合っていたかな、と思うことが今でも多々ある。でも、
今それを後悔する気持ちは全くない。なぜなら、もう一度乗りたいとは思わない
けれど「気が済んだ」から。なるほど、50ccオフ車ってあんな車なんだ、と
知っているのと、知らないで「一度は乗りたかったなァ」と言うのとでは大きな
違いがある。

デュアルパーパスツアラーは自分が向かうべき最終選択ではあるけれど、
そこに向かう前に乗ってみたいバイクがいろいろあるのなら、乗ってみたら?
と思うのだ。最短距離ではないし無駄な経験かもしれないけれど、乗らないで
憧れのまま中年になるよりは、若いうちしか乗れないバイクなら若いうちに
乗っておいたら?と思うのだ。その方が、デュアルパーパスツアラーしか
知らないで中年になるよりも、ずっと幅のある経験になると思うので。

月曜日に最終決断をする。なんだかんだ言いつつトランザルプに乗る可能性は
依然としてあり、本当に紙一重の決断になるのは間違いない。
| SHO | 携帯から | 13:14 | comments(0) | - |

コメント
コメントする