藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
事故の意味
事故の意味、というのをまだ考えている。とにかく、アネーロに関しては修理する
ことに執着しないことが大事だ。ローンがまだ残っている状態で廃車になるかも
しれないけれど、普通なら大怪我じゃ済まない事故を無傷で切り抜けたのだから、
それだけで十分とあきらめている。それ以上に何を望むと言うのだ。次のバイクを
どうしよう、お金が、なんて悩んでるのも、体が無事で働けるからこそなのだ。
不幸の下にある大きな幸福に気づかないといけない。全ては無事なればこそだ。

山村雅康さんに限らず、私のメンターの言うことはいつもチンプンカンプンだ。私には
さっぱり分からないことを言われるのだけど、言われたことを否定しないでとりあえず
そのまま受け止めていると、そのうち何となく、自分なりに意味が分かる日が来る。

ゼルビスは私に合ってない、ZZ-R250に乗っている姿は想像できない、と言われた
意味は、言われた当時さっぱり分からなかったけど、今アネーロの代車を探さないと
いけないかもしれない、と言う事態になって、必ずしもゼルビスやZZ-Rにこだわって
いない自分を発見する。絶対にオフロードに入れる車、と言っていたのに、実際に
オフロードにアネーロで入ったことは一度もなかった。今度はカウル付きでウインド
スクリーンの付いた車を、となるとオンロード車しかないじゃないか。

当時は、オフロードにこだわる私に対して「絶対にオンロード車がいい。走行距離
全体の数パーセントにも満たないオフロードでの性能を考慮に入れる必要はない」と
言われたのだけど、今改めて代車を考えないといけない事態になって、その言葉は
正しい、と思う。長距離走行、特に高速道路走行を考えるなら400ccが必要、
という結論には自分で達したのだけど、それは高速道路を何回も走ったから言えること。
これほど高速道路での性能が重要になるとは、4月や5月時点では全く想定して
いなかった。

それだけ行動半径が大幅に広がり、限られた休暇日数で長距離を走るためにバイクに
求める性能の質が変わってきたということなのだ。CRM50では半径100キロが
行動圏内だったのが、アネーロでは半径200キロに広がり、さらに行動半径を広げる
なら高速道路の利用が不可欠、という結論に達したわけど、極めて自然な結論で
次第に400ccへ心が傾きつつある。

| SHO | 携帯から | 09:51 | comments(0) | - |

コメント
コメントする