藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
カモシカと衝突!!
昨日の夕方、楽しかった日光ツーリングを終えて上田から草津に戻る途中、
嬬恋村内のつまごいパノラマライン北ルートでカモシカと衝突した。週末には
バイク屋から連絡が来るけれど、フロントカウルが粉ッ端微塵になった以外に
心配なのは5速から急停止したエンジン。フレームとフォークは見た目には
大丈夫っぽいけれど、どうだろう。修理可能だといいけれど。エンジンとフレーム
さえ無事であれば、復活させるつもりでいる。2ヶ月半弱で4000km弱を
走破して、せっかく手足のようになじんだバイクなのだから。

かなりの速度で衝突したので、私が無傷なのはものすごい強運というしかない。
巨大なカモシカが現れたかと思う間もなくガードレールを軽々とジャンプして、
まるでアネーロのヘッドライトに吸い寄せられるように目の前にやってきた。
瞬間に「よけられない」と直感したので、カモシカのどてっ腹にバイクをぶつける
べく、わずかに左へハンドルを切っていた。だから助かったのだ。ガードレールの
内側に着地していたら、いくらプロテクターを装着して背中にリュックと
ヒップバックをしていても無事で済んだはずはない。

衝突の瞬間から着地までほとんど記憶がないのだが、とっさにブレーキをかける
こともできずに衝突したのでフルスピードのまま前方に宙返りして、左手の土手が
切れた向うの、谷をまたぐ土手の藪にリュックとヒップバックを下に背中から着地した。
飛んだ水平距離は10m以上、道路から落ちた高低差は2〜3m。着地と同時に
体が起き上がれたので状況を確認すると、アネーロは私の隣に、上田方向を向いて
急斜面に正立状態で横倒しになっていた。エンジンは急停止していたが、電気系統が
生きていたのですぐにエンジンをオフにした。バイクは衝突地点左手の土手を
駆け上がって、勢い余って私が落ちた谷に転落したらしい。

私もアネーロも、ガードレールをよけて道路から2〜3m転落して道路脇の土手の
傾斜した深い藪の上に着地したので、私の体は奇跡的に無傷だった。一晩経って
体の節々が少し痛むけど、脊髄、肘、肩とプロテクターをつけていたので無傷だった。
右手小指が事故当時にかなり痛んだのだけれど、きちんと拳を握れるし痛みが
かなり引いてきたので大丈夫だろう。1日近く経って鞭打ちの症状もないので
本当に無傷のようだ。

いずれにしろ、今年のバイクシーズンはもう終わりだろう。

直るかどうか分からないけれど、もしアネーロが直るのであれば、廃車までずっと
手放さないでこのバイクと付き合っていく。もう「事故車」になってしまったから
売ることはできない。キズモノにした責任を取る、ってのに近いけど、誰もいない
近所のワインディングで今までとは違うギヤの使い方を試してみて、今までより
ギヤを一段落として高回転で曲がれば、同じ速度でも今までよりずっと不安なく
カーブを曲がれるのに気づいたところだったのだ。高回転域は初心者の頃は
(今も免許取って3ヶ月の初心者ですが)怖くて使えなかったのだけど、ようやく
本来の性能を引き出し始めて、これから上手くなるのが楽しみだったのに…。

万が一廃車になってしまったら違う車種に乗り換えるかもしれないけれど、
このバイクが直るのなら二度と手放さない。2人がかりで道路の2〜3m下から
レッカーできる車体重量、高速道路でも全然平気な高速性能、低い速度から
高回転で回した時のカーブでの曲がりやすさ、そして何より、斜め後ろから見た
時の波がうなるような車体のデザイン。今日の朝、会社から帰ってくる時に
寮のガレージのあるべき場所にあるべきバイクがないってことが寂しかった。
一人暮らしの私にとって、アネーロは大事な大事な家族なのだ。そのことが
今回のことでよく分かった。だから直ってくれオレのアネーロ。
| SHO | 携帯から | 14:21 | comments(3) | - |

コメント
バイクの復活も勿論ですが、西村さん自身が怪我が無くて何よりでした。衝撃、というのは後から出たりしますから、整形外科までは行かなくても、一度整体とか行った方がいいかもしれませんよ。三十路を超えると数年後とかの影響が全然違います。
私もアメリカで一度シカが目の前に飛び出して来た事がありました。あやつらは危険ですね。お大事にしてください。
| ライラ | 2006/10/12 2:27 PM |

大変な目に遭いましたね。病院には行かれたのですか?
健康な体あってのツーリングですから、お大事に。
| 2.1ch | 2006/10/12 11:37 PM |

ライラさんへ
コメントありがとうございます。今になって体中の筋肉がものすごく緊張しているのは分かるので、整体には行った方が良さそうですね。衝撃を体全体で吸収したのだと思います。
高速道路とかでよく「野生動物に注意」の看板がありますが、自分がまさか野生動物と衝突するとはねぇ…。下手に避けていたら今ごろ命がありませんでしたが、今も体が痛くて、それでも会社に行かないといけないのが社会人だなぁと感じています。
ともあれ、体を休めます。

2.1chさんへ
コメントありがとうございます。病院には行っていませんが、整体には行った方が良さそうです。体中に衝撃のダメージが残っているので。それでもまだ今回はマシですけどね。2.1chさんもバイクではくれぐれもお気をつけて。
| にしむら | 2006/10/13 1:59 AM |

コメントする