藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
ノンフィクションの青春
久々に短歌の話題である。今日は歌壇賞の締切日。
実は30首以上詠んでいて、もう選も終わっていたのだけれど今回は出さなかった。
どこにも発表しないのももったいないので、ブログに書いておく。

まともに作歌するのはちょうど1年ぶり。数日前に松村正直さんから第二歌集が
届いて、3日ほどで詠んだ。自分の無価値観を埋めるために作歌するのか、
自分の自画像が詠めればそれでいいのか。今までは人の評価に過剰に反応して
いて、だから自分の歌が詠めなくなっていたんだな。他人の評価は大事だけど
あくまでも他人の評価に過ぎない、最後は誰と読みが対立しても自分を信じなさい、
と私に言ったのは初期の頃に選歌して頂いた歌人、鳴海宥さんの言葉だけど、
ようやくその言葉の意味が分かるようになってきた。

結局、自分の無価値観を埋めるために作歌している間は自分の歌の評価を
他人に委ねているわけで、つまり自分の人生の舵取りを他人にされているって
ことなのだ。最後は他人に評価を委ねるわけだけど、それはそれ。自画像に
なっていない歌では意味がない。他人に評価されるための歌なのか、それとも
今の自分を確認するための歌なのか。どう評価されようと自分は自分以上の
ものではないし、自分は自分でしかないのだ。他人にどう評価されようと、
それで自分と言う人間の価値がなくなるわけじゃない。歌への評価と自分と
いう人間の評価とは別のものだ。

1年ぶりだから技術的には以前より落ちていると思う。でも、これが今の私です。

ノンフィクションの青春

ひとりきり朝(あした)の風を切ることのすがすがしくてバイクに乗りぬ

山麓をかけ上がりゆく二車線の道路は映す群青の空を

独身の一ページとして記録する愛車とわれの記念写真を

夕映えを追いかけながら夕映えの細かい色を言い表せない

夕暮れの静かな街に下りてゆく独身のまま二十代終わる

振り返れば幻のごとき遠い街に住んでいるのだ私は今も

朝霧が顔を濡らしてゆく道の忘れた頃に来る対向車

海に浮かぶ島のようだね遠くから眺める小さき街の夜景は

何者にもならない どこにも帰らない そう言いし頃の歌が流れる

頬を裂く空気の冷たさを好む 誰に甘えていきたくもない

われにまだ葡萄のような若さありその指で回す朝のスロットル

夕映えを追いかけてゆく高速道路(ハイウェイ)の輝きを増してゆく反射材

幸せになるために歌は詠まないと言う友に買う二冊の歌集

歌を詠んでも詠んでも幸せになれない 君はそれでも歌集を買いぬ

上滑り上滑りする歌たちよ「海雨」も「ひたかみ」も本棚にある

旅をした記憶のフィルム 幸せになるために歌を詠み続けた記憶のフィルム

穏やかに夜になりゆく国境のPAで見つける冬の星

旅人を続けることを選ばずに就職をすることを選んだ

後方へ飛び去って行く標識のように人とは出会い別れた

ジャケットを吹き抜く風はトンネルを出るたび冷たく冷たくなりぬ

一速(ロー)ギヤに蹴り下ろすとき遮断する配電盤のようなしずけさ

新着のメールが来ないさみしさを知りつつSAで開く携帯

なぜ旅に出るのだろうか…冷えきった頬に自分の手を当てるなり

遠き島の台風情報聞きながら百円で飲む熱きコーヒー

グローブをはめてゆく手はいつの日か誰かの髪を撫でるべき手

ヘルメット越しに関越トンネルを抜ければ急に深くなる秋

マタニティドレスのような山容の山あり山麓にリフトが伸びる

PAにカーテンを引くトラックの5年後はどこにいるか分からぬ

まだ誰のものでもなくて店頭にならぶ新車のバイクのように

いつまでが青春だろう高速を下りるときふと考えている
| SHO | 携帯から | 19:01 | comments(3) | - |

コメント
ご無沙汰しています。
昨日車を処分し、またバイクに乗ることになりそうです。

どれもいい歌ですね。わずかな言葉の中に、西村さんの生き方や価値観や心境が鮮やかに伝わってくるようです。
| 2.1ch | 2006/10/01 10:42 PM |

あ、すみません。
mixiの日記に慣れすぎていたせいで
改行を忘れていました。
| 2.1ch | 2006/10/01 10:44 PM |

2.1chさん、コメントありがとうございます。
バイク復帰おめでとうございます。来年も仙台に
いるかどうかは分からないんでしたっけ?
今もCBに乗っているのでしょうか。

歌についてのコメントもありがとうございます。
これからも、バイクはずっと乗ると思うのでバイクの
歌はこれからも詠むと思います。今の自分をうまく
表現できているといいなと思います。
| にしむら | 2006/10/02 12:33 AM |

コメントする